「ディオール オブリーク」をキム・ジョーンズが再解釈

メンズ アーティスティック ディレクターのキム・ジョーンズはサマー 2019 メンズ コレクションに際し1967年に発表された「ディオール オブリーク」キャンバスを再解釈。
オブリーク柄のアクセサリーは「サドル」バッグ、バックパック、バッグ in バッグとしても使えるポーチ、手持ち用としても、小物用のベルト バッグとしても使えるサドルポーチなどを展開する。

@Morgan O’Donovan

ディオールからは「ローラー」バッグも復活。アイコニックなキャンバス地をシースルー メッシュで重ねたポーチはクリスチャン・ディオールの名が刻まれた調整可能な着脱式ストラップを使えば、クロス ボディ バッグとしても使うことができる。

 

「ディオール オブリーク」のキャンバス地は、スニーカーのディテールにも。ハイカットとローカットのスニーカーは、半透明のマイクロ ファイバーがディオールの象徴的なモチーフにマッチしディオールが持つクチュールのディテールとサヴォワールフェール(職人技)が込められている。


@Morgan O’Donovan

@Jackie Nickerson

 

クリスチャン ディオール