キュビスムの巨匠、晩年の境地。「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容—メタモルフォーシス」

キュビスムの創始者ジョルジュ・ブラック(1882-1963)は、20世紀初頭、ピカソとともに、対象物の立体的な全容を平面上に表現するために分割と再構成という手法で絵画に革新をもたらした重要な画家だ。本展は、そのブラックが最晩年に取り組んだ「メタモルフォーシス」シリーズを日本で初めて本格的に紹介するもので、画家の最終的な目的であったすべての造形物の美化への挑戦、つまり絵画や彫刻から始まり、ジュエリー、陶磁器、ステンド・グラスなどの装飾芸術に至る様々な形態の作品が出品される。殊に、1963年、時のフランス文化大臣のアンドレ・マルローが「ブラック芸術の最高峰」と絶賛したジュエリーの数々においては、崇高なる彫刻ともいえるほどに、貴石や金属の美しさに魅了された画家の美への飽くなき追求が結実している。


ジョルジュ・ブラック ≪トリプトレモス≫ ブローチ 金、ルビー
サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

展覧会には、ブラックの最初期の風景画、キュビスム絵画、装飾的な静物画への過渡期の絵画など、画業の変遷をたどる少数の重要な絵画も加わり、ブラックが目指した造形の変容の過程を観覧でき、作品の多くはフランスのサン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館より出品される。


ジョルジュ・ブラック ≪青い鳥、ピカソへのオマージュ≫ 1963年 グワッシュ、紙
サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

【展覧会のみどころ】
1.ジョルジュ・ブラック晩年の境地「メタモルフォーシスI シリーズを日本で初めて本格的に展示
これまで、日本ではほとんど紹介されてとなかった、ブトラックが晩年に取り組んだ一連の作品群がまとまった形で、来日する。絵画作品を含めておよそ90点が一堂に会す。

ジョルジュ・ブラック ≪ペルセポネ≫ 陶器
サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

2 ブラックの立体への挑戦を、煌びやかなジュエリーや美麗なガラス彫刻などを通して紹介
ブラックが自然の美しさに惹かれ、素材としての貴石や貴金属に魅了されたために制作された、とも言われるジュエリー作品に加え、ガラス彫刻、陶磁器、タピスリー、ステンド・グラス他、様々な形態に変化した作品に出合える。


ジョルジュ・ブラック ≪ペルセポネ≫ 陶器
サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël

3 キュビスム時代の油彩を含む絵画、グワッシュ、版画など平面作品も出品
貴重なブラックのキュビスム絵画《静物》が出品されるほか、初期のグワッシュ画《モンソ一公園》、そして絶筆といわれる《青い鳥、ピカソへのオマージュ》も登場する。

ジョルジュ・ブラック ≪ムニコス≫ 指輪 金、紅玉髄のカメオ
サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Israël


≪サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック-メタモルフォーシス美術館外観≫

ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容—メタモルフォーシス

会期:2018年4月28日(土)〜6月24日(日)
会場:パナソニック 汐留ミュージアム(東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F)
http://panasonic.co.jp/es/museum/
主催:パナソニック 汐留ミュージアム、朝日新聞社
一般問合せ:03-5777-8600(NTTハローダイヤル)