アイアン・メイデンのヴォーカリスト、ブルース・ディッキンソンのドキュメンタリー映画公開!

世界的評価を受けた最新アルバム『The Book Of Souls(魂の書~ブック・オブ・ソウル)』を引っ提げてのワールドツアーが大成功を収め、またこの夏『The Legacy Of The Beast』と銘打った大規模な欧州ツアー中のHeavy Metalの権化、アイアン・メイデン。そのアイアン・メイデンで約30年(1982-1993/1999-現在)に渡り、ヴォーカリストを務めるブルース・ディッキンソンのドキュメンタリー・フィルム『ブルース・ディッキンソン(アイアン・メイデン) サラエボの叫び』が、ここ日本でも6月9日(土)~東京:シネマート新宿、6月15日(金)~大阪:シネマート心斎橋にて、1週間限定で特別上映されることが決定!

ドキュメンタリーは、今から遡ること24年前にブルースが、アイアン・メイデンを脱退した後の1994年。当時戦時下だったボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の首都サラエボにて、自らのバンド:スカンクワークスを引き連れてライヴを敢行。その模様を撮影した。ブルースのインタビューは勿論のこと、当時激化する内戦のサラエボで、ライヴを行うために奔走したスタッフの証言や当時の映像を交えて、なぜそんな情勢の中、ブルースはなぜサラエボに向かったのか?サラエボの情勢はどうだったか?当時のブルースの動向を振り返る。

本ドキュメンタリーは、サラエボ映画祭で観客賞、人権賞 特別審査員賞(ドキュメンタリー)を受賞するなど数々の映画祭にて、高い評価を得た。現在アイアン・メイデンのフロントマンであるブルース・ディッキンソンが、四半世紀前、ミュージシャンである前に一人の人間として降り立ったサラエボで見た真実を語る時が来た。

「我々の安全は、保障されることなく、無謀だった。勿論、弾丸は本物だったが、とにかく俺たちはサラエボに向かった。」    _ブルース・ディッキンソン(自叙伝『What Does This Button Do』より)

「ギグは、集まってくれた観衆の為、そして、我々自分たちの為におこなった世界最大のショーだった。世界がその事実を知らなかったことは問題ではなかった。
それは、自分の人生や死、自分以外の人たちに対する見え方が一変した瞬間だった」_ブルース・ディッキンソン
============================================
受賞歴:
サラエボ映画祭:観客賞 人権賞 特別審査員賞(ドキュメンタリー)、シカゴ国際映画祭(アメリカ):最優秀ドキュメンタリードキュメンタリー、DokuArt Bjelovar(クロアチア):Audience Award、若手審査員賞
dokuMfest(ボスニア・ヘルツェゴビナ):ベストドキュメンタリー、ツズラ映画祭(ボスニア・ヘルツェゴビナ):ベストドキュメンタリー 等受賞

IRON MAIDEN(アイアン・メイデン)プロフィール
ブルース・ディッキンソン ─ ヴォーカル/イヴ・マーレイ ─ ギター/エイドリアン・スミス ─ ギター/ヤニック・ガーズ ─ ギター/スティーヴ・ハリス ─ ベース/ニコ・マクブレイン ─ ドラム

1975年にロンドンで結成、80年代初頭に起こったニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル・ムーヴメント(NWOBHM)を牽引し、80年代後半から90年代のメタル・ブームの立役者としてシーンに多大なる影響を与え、新世紀に入ってからもヘヴィ・メタル最大のアイコンとしてシーンに君臨し続ける、最も成功したメタル・バンドがこのアイアン・メイデンだ。1980年に発表したデビュー作『鋼鉄の処女』を発表して以降、15枚のスタジオ作品と11枚のライヴ作品、その他ベスト・アルバムやボックス・セットなどを発表し、累計アルバム・セールスは8500万枚を超え、ケラング!アワーズやメタル・ハマー・アワーズといったメタル系の賞はもちろんのこと、グラミー賞やブリット・アワードといったジェネラルな音楽賞も合わせおびただしい数の賞を受賞している。オリジナル・ヴォーカリストであったポール・ディアノが『鋼鉄の処女』(80年)『キラーズ』(81年)の2枚のアルバムを発表した後に脱退、その後ブルース・ディッキンソンをヴォーカルに迎え、82年に3rd『魔力の刻印』を発表、この作品は全英1位に輝き、その後の快進撃に続いていく。83年には『頭脳改革』、84年に『パワースレイヴ』、86年に『サムホエア・イン・タイム』、88年に『第七の予言』とコンスタントに作品を発表、名実ともに「ヘヴィ・メタル」の最強バンドとしての地位を築き上げる。その後も90年に『ノー・プレイヤー・フォー・ザ・ダイイング』、92年に『フィア・オブ・ザ・ダーク』を発表、その人気と実力を揺るぎないものとするが、ここでブルース・ディッキンソンがバンドを脱退、シーンに大きな衝撃を与えた。その後バンドはブレイズ・ベイリーを新たなヴォーカリストに迎え、95年に『Xファクター』を、98年には『ヴァーチャルXI』を発表するが、ブルース在籍時の勢いはなく、しばしの低迷期を迎える。

新世紀を迎える頃、ブルース・ディッキンソンとギタリストのエイドリアン・スミスが復帰し、トリプル・ギター編成となったバンドは、2000年に『ブレイヴ・ニュー・ワールド』、03年には『死の舞踏』、06年に『ア・マター・オブ・ライフ・アンド・デス~戦記』とコンスタントに作品を発表し、新旧メタル・ファンを熱狂させ、ファンの世代交流を現実のものにする存在へと登り詰めていく。15年に最新アルバム『The Book Of Souls / 魂の書~ザ・ブック・オブ・ソウルズ~』を発表。アルバムには全11曲が収録されるのだが、全部で92分にも渡る大作となったため、アイアン・メイデン史上初の2枚組のスタジオ・アルバムという形でリリースされる。『魂の書~ザ・ブック・オブ・ソウルズ~』は、全英チャート4位を記録した1980年の金字塔的デビュー・アルバム『鋼鉄の処女(原題: IRON MAIDEN)』から数えて通算16作目となるスタジオ作品だ。バンドの活動を通して発表してきた全作品の累計アルバム・セールスは9,000万枚を記録し、前作となる2010年の『ザ・ファイナル・フロンティア』では28ヶ国で1位を記録、全米アルバム・チャートでも4位という自身の最高位を記録している。16年に13回目の来日公演を行い凄まじい人気を見せつけてくれている。

ブルース・ディッキンソン(アイアン・メイデン) サラエボの叫び

【一般発売(先着)】
シネマート新宿での上映分の前売|6月8日(金)12:00まで好評発売中
シネマート心斎橋での上映分の前売|6月14日(木)12:00まで好評発売中

◎イープラス:http://eplus.jp/bdicknson/(PC、モバイル共通)
または、全国のファミリーマート店内のFamiポートにて
※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。
◎チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/bruce-dickinson/ Pコード:558-496(PC、モバイル共通)
または全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗にて販売。

《主催・企画》 ワードレコーズ
《配給》 ソニー・ミュージックダイレクト http://www.110107.com/110107eiga
映画公式サイト(ワードレコーズURL)|http://wardrecords.com
ⒸPrime Time Productions

「ブルース・ディッキンソン(アイアン・メイデン) サラエボの叫び」Official Site