ソ連が生んだ希少な「LOMO SMENA 35」

カメラ好きの人ならば、ソ連のカメラというと「LC-A」や「SMENA 8M」を思い浮かべる人も多いだろう。そんなカメラ愛好家にもカメラ初心者にもおすすめのカメラがこの「SMENA 35」通称”スメサンゴ”だ。

この大人可愛いクラシックな外見に惑わされてはいけない。ロシアの光学機器メーカー、レニングラード光学器械合同、略して「LOMO」で1952年から「SMENA」シリーズは生産が始まりました。当時、映画は重要な宣伝手段であり武器に等しいと考えられていたためレーニンの指示で映画用のカメラを製造し、その後第二次世界大戦が始まるまで大衆向けカメラと報道用カメラを製造した。そして低価格でポータブルで、誰にでも扱える”若者”という意味の「SMENA」のカメラは大人気に。残念ながら現在は生産が終了しており、なかなか手に入らない希少なカメラであるがゆえ、数に限りがごあるので、この機会をお見逃しなく!

「SMENA 35」は伝統をすべて引き継いだ、最後のカメラといえるだろう。ファンの多い「SMENA 8M」と同じ超高性能T-43レンズを搭載し、お天気アイコンを使った絞りガイド、マニュアルの絞りとシャッタースピード付きの完全なフル・マニュアル。
加えて、伝統的に引継がれて採用されてきた “B” モード 設定で無制限の長時間の露光コントロールも可能。多重露光撮影を楽しみたい方にはぴったりのカメラだ。

使うフイルムの感度に応じて、最初だけレンズ前のISO感度を設定、お天気を合わせ、被写体との距離を目算してピントリングを調整、シャッターレバーをチャージしてシャッターを切るだけ。フル・マニュアルと聞くと躊躇してしまう初心者の方も簡単に始めやすく、マニュアルに慣れている人であれば、感覚でその場の露出に合わせて設定出来る。

プラスティックのボディはとても軽く、コンパクト。気軽にバッグに入れて持ち運べ、初心者のでも何となく素敵に撮れてしまう。

ヨーロッパのアーティストを中心に熱狂的なファンが広がったトイカメラブームは、日本ではおしゃれカメラ女子を中心に一躍ブームを生んだ。品質の不安定な生産ラインから生み出される一台一台微妙に異なる描写は、なつかしさとノスタルジックな思いもかけない写真になるでだろう。とくに超高性能T-43レンズが生み出す”スメナブルー”といわれる何とも言えない独特な雰囲気の青は必見!

LOMO SMENA 35「ロモ スメナ 35」

価格 7,980円(税抜)⇒セール価格 5,000円(税抜)37.34%OFF

使用フィルム:35 mmフィルム
画面サイズ:24 X 36 mm
レンズ:T-43(ハードコーティング3群構成色消しレンズ)
シャッター:セットレバー式
シャッタースピード:B,1/15,1/30,1/60,1/125,1/250
絞り:F4,5.6,8,11,16
ISO/ASA:25,50,100,200,400
サイズ:112 x 73 x 56 mm
重量:190g
電源:不要
セット内容:本体・当時の取扱説明書・箱・レンズカバー・日本語説明書

*デッドストック品のため、経年劣化による若干のレンズおよびファインダー内のほこりや箱の汚れ等がある場合がございます。予め御了承ください。

コスモナート