【Lomography 25 周年記念】 ~ 2017の年末はロモグラフィックに過ごそう~

ロモグラフィー25周年を記念して、 歴代の限定 LC-A+や巨大ロモウォ―ルの展示、さらにはワークショップなど2017年の年末を彩るイベントを企画中!
第一弾として、2017年12月14日(木)まで『Lomography博物館』を代官山 北村写真機店にて開催。
ロモグラフィーが始まったきっかけとも言える、35mmコンパクトカメラLC-A+の歴代限定版を展示。
国がテーマになったものから、想いを形にしたものまで、貴重な LC-A+が並ぶのは今だけ!
期間中、店内は Lomography一色に!壁や床、窓などいたるところに《ロモグラフィック》な仕掛けが満載。このチャンスをお見逃しなく。

* イベント詳細:https://www.lomography.jp/magazine/334433-lomography-25anniv-tsitekitamura-lomowall-museum-2017

さらに、第二弾としてロモグラフィー発祥の地ウィーンと東京をテーマに【Tokyo meets Vienna フィルムスワップワークショップ】を12月2日(土)に開催決定!
フィルムスワップとは友達やまったく知らない人とフィルムを交換し、それぞれの街や人を撮影することで驚きの多重露光写真が出来上がるテクニック。
東京のワークショップでは、あらかじめウィーンで撮影されたフィルムを使用し、描写を重ねていく。

さらにさらに、第三弾としてフィルムスワップで撮影した写真のエキシビションを開催予定。
その他にも8mmフィルムで撮影されたウィーンと東京の特別ムービーも12月に上映予定。詳細は近日中にウェブサイトにて発表される。

What’s LomoWall(ロモウォールとは)?
ロモウォールは、世界中のロモグラファーにより撮影されたアナログスナップ写真を何千、何万枚と並べて壁のように見立てるロモグラフィーのオリジナルな展示方法。
今までロモウォールはフォトキナ(ドイツ)、トラファルガー広場(イギリス)、北京、MoMA(ニューヨーク)等にて大々的に展示されてきた。
今回代官山北村写真機店での展示では、このロモウォールが店内を覆う!

Tokyo meets Vienna フィルムスワップワークショップ
日時:2017年12月2日(土)10:45 – 14:30
※雨天の場合は延期・別日開催。
場所:東京の名所を撮影して回ります!
詳細: https://goo.gl/NhF7Qr

Lomography 博物館
日時:2017年12月14日(木)まで
場所:代官山 北村写真機店
詳細: http://goo.gl/STnjjN
住所:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15
DAIKANYAMA T-SITE GARDEN4号棟
TEL:03-5728-3958
営業時間:10:00~22:00

Who the Hell is Lomography?
ロモグラフィーはオーストリア、ウィーンからスタートした実験的でクリエイティブな写真に情熱を捧ぐカメラブランドです。その常識にとらわれない活動はアナログカメラ、フィルム、レンズなど商品の販売にとどまらず、様々な人の生活、人生に寄り添い、自由に写真を楽しむことを大切にしてきました。25周年を迎える ロモグラフィーはただ写真を撮るということだけではなく、アナログなプロセスを介して写真を楽しむことに意味を見出しています。それは、写真を撮る人・撮られる人の間にコミュニケーションを生み、自分の身の回りで起きている出来事を捉え、そして何より自己表現ができるツール・考え方としてロモグラフィーが存在しているからです。人種、国境、国、目や肌の色に関わらず、世界中のロモグラファーの視点を集め、一枚の巨大な《ロモグラフィック》な写真を描くことで、カルチャーとしてこの写真表現の連鎖は次世代に繋がると信じています。

Web Site: https://www.lomography.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/Lomography/
Instagram: https://www.instagram.com/lomographyplus_tokyo/
Twitter: https://twitter.com/lomographyjapan