新世代ネオ・ソウルの注目バンド「MOONCHILD」

スティーヴィー・ワンダー、ロバート・グラスパーらを魅了する新世代ネオ・ソウルの注目バンド「MOONCHILD/ムーンチャイルド」が待望の最新アルバム『Voyager』のリリースを発表し、新曲「Cure」を公開した。

 

全員がマルチ・プレイヤーのアンバー・ナヴラン、マックス・ブリック、アンドリス・マットソンによって南カリフォルニア大学のジャズ・スクールで結成され、ジャズ・ファンからR&Bリスナーまで魅了する新世代ネオ・ソウル・バンドとして注目を集めるムーンチャイルドが、待望の3rdアルバム『Voyager』のリリースを発表!リード・シングル「Cure」を公開した。70年代のスティーヴィー・ワンダーにインスパイアされたソフトなシンセサイザーとキーボード、甘く爪弾かれるギターの上で、透明感溢れるアンバー・ナヴランの歌声が、別れた恋人を忘れようとしている相手に抱く恋心を歌い上げている。

2012年に1stアルバム『Be Free』を自主リリースし、2014年に〈Tru Thoughts〉からリリースされた2ndアルバム『Please Rewind』が世界的評価を獲得し、新世代の登場で活況を迎えているジャズや、ネオ・ソウル、エレクトロニックのマナーを取り入れた巧みなアレンジメントとキャッチーなリフで一気に注目の的となったムーンチャイルド。これまでにスティーヴィー・ワンダー、ジ・インターネット、ジ・インターネット、ジル・スコットらと共演し、ロバート・グラスパーやホセ・ジェイムズ、ローラ・マヴーラ、ジェイムズ・ポイザー、ジャジー・ジェフ、ナインス・ワンダー、タイラー・ザ・クリエイターまでもが彼らを賞賛。

今作『Voyager』においては、ディアンジェロやハイエイタス・カイヨーテ、またジェシー・ボイキンス三世を手がけるジェレミー・モストの存在が、バンドの音楽的な視野を広げることに重要な役割を果たしたという。レコーディングは、カリフォルニアのレイク・アローヘッドの山荘で行われ、都市から離れたことで、木々に覆われた山脈や、激しく流れ落ちる滝や鳥の歌声に触れ、大自然から受けた影響が作品に染みこんでいる。また現在、リアーナやレディ・ガガ、コートニー・ラヴ、ファレル・ウィリアムズなどを撮影してきた写真家、ミーノ・ペルースが「Cure」のミュージック・ビデオを制作中。

活気に満ちたLAシーンに登場した新世代ネオ・ソウル・バンド、ムーンチャイルド最新アルバム『Voyager』は、6月2日 (金) にボーナストラック2曲追加でリリース!iTunesでアルバムを予約すると、公開された「Cure」がいちはやくダウンロードできる。

MOONCHILD / Voyager

Tracklisting
01. Voyager (Intro)
02. Cure
03. 6am
04. Every Part (for Linda)
05. Hideaway
06. The List
07. Doors Closing
08. Run Away
09. Think Back
10. Now and Then
11. Change Your Mind
12. Show The Way
13. Let You Go
14. Cure (instrumental) *Bonus Track for Japan
15. The List (instrumental) *Bonus Track for Japan

label: Tru Thoughts/ Beat Records
release date: 2017/06/02 FRI ON SALE
日本盤CD BRC-549 : ¥2,200+tax
日本盤特典: ボーナストラック追加収録/解説書・歌詞対訳封入