トレーニングマスクでトレーニングに革命を

プロアマ問わず、更に上のレベルを目指すスポーツ選手やアスリートのために開発された、呼吸筋を鍛える器具「トレーニングマスク」。マスクを装着していつも通りのトレーニングをするだけで、呼吸に負荷がかかり、トレーニングの質と効率が上がり、肺活量アップ、心肺機能の向上、持久力やメンタルの強化等、さまざまな効果が期待でる。

アメリカ ミネソタ州を本拠地とするTRAINING MASK LLC は、今よりもっとトレーニングの効率を上げたいというスポーツ選手やアスリートのために、トレーニングマスクを開発。長い開発期間を費やしたトレーニングマスクは、着用することで全ての呼吸は意識的になり、呼吸筋が鍛えられ、必要な酸素をより多く取り入れることができるようになる。

本国アメリカでは、NBAやNFLの選手やプロボクサーなど、多くのアスリートがトレーニングマスクを愛用し、最近では、日本でもトレーニングスクの人気が高まっており、プロサッカー選手や格闘家、芸能人がトレーニングマスクを愛用している姿をテレビやSNSで公開して話題となっている。

呼吸筋とは、呼吸運動をするときに働く筋群の総称で、平常時の呼吸は「横隔膜」が使われ、運動時の呼吸は、「胸鎖乳突筋」や「腹斜筋」「腹横筋」など、首やお腹周りの筋肉が主に使われる。

呼吸を制限することで、これらの呼吸筋に負荷がかかり、呼吸筋を鍛えることができ、呼吸筋を鍛えると、より多くの酸素を取り入れて循環器系の働きを活発にして、必要なエネルギーを生み出すことができるようになるため、特に持久力を必要とするスポーツのパフォーマンスを高める効果大。

マスク付属のバルブを交換することで、6段階の強度調整が可能です。負荷をコントロールすることで、自分のレベルや目的に合わせたトレーニングが可能。
陸上競技、サッカー、野球、アメフト、バスケットボールなど持久力を必要とするスポーツはトレーニングマスクによって横隔膜を鍛え、常の呼吸では鍛える事が難しい部分をトレーニングできる。

ランニング、ウェイトトレーニング、サイクリングなど、あらゆるシーンでご利用可能。いつものトレーニングにマスクを装着するだけという手軽さが、アメリカのアスリートに愛用される人気の秘訣となっている。

マスクを装着してトレーニングをすると、呼吸筋に負荷がかかって心拍数が上がり、消費カロリー(エネルギー代謝)が増えるため、ダイエットや減量を目的としている人にも利用されている。

トレーニングマスクのバルブは3種類あり、それぞれのバルブで排気穴の開いている数が異なる。この排気穴の数によって6段階のトレーニング強度を設定できるため、ビギナーからプロアスリートまでレベルに合ったトレーニングが可能。

また、マスク部分やスリーブ、バルブは取り外しが可能なため、トレーニング後はパーツごとに洗うことができ、手洗いなどをして、直射日光が当たらない場所で干していただくことで常に清潔な状態で利用できる。


トレーニングマスク 2.0

カラー: BLACK(ホワイトバルブ)、BLACKOUT(ブラックバルブ)
素材: ネオプレン
重量: 約137グラム
サイズ: S / M / L
価格: 税込 12,800円 (本体価格 11,852円)

「トレーニングマスク 2.0」Official Site