SXSW TOKYO SCREENING WEEKの映画部門日本上陸

アメリカ最大規模の巨大フェス SXSW (サウス・バイ・サウスウエスト)の映画部門(SXSW FILM)が、7月16日(土)から22日(金)までの一週間限定で「SXSW TOKYO SCREENING WEEK」として日本に上陸を果す!

今回、新宿シネマカリテで開催される「SXSW TOKYO SCREENING WEEK」では、SXSW公式出品作品の中からジャパンプレミアを含む、厳選された作品を一気に上映。記念すべきオープニング作品は、伝説のカリスマ音楽プロデューサー、シェップ・ゴードンの伝記ドキュメンタリー映画『スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-』(Supermensch: The Legend of Shep Gordon(原題)。シェップ・ゴードンはアリス・クーパー、ブロンディ、ピンク・フロイドなどのミュージシャンを世界的ヒットへと導いた豪腕プロデューサーとして知られている。

今回のプレミア上映は、マイケル・ダグラスやダライ・ラマ、アーノルド・シュワルツェネッガー、シルベスター・スタローン、シャロン・ストーン、ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリクスといった豪華セレブリティが語り継ぐシェップ・ゴードンの生き方を映し出した本作を一足早く日本で見ることができるチャンスだ。また本作は、カナダ出身の俳優・コメディアンであり、ウェインズワールドやオースティンパワーズで自らのロックマニアぶりをいかんなく発揮したマイク・マイヤーズの初監督作品として、日本公開前から注目を集めている。

「SXSW TOKYO SCREENING WEEK」ではさらに、SXSW FILMのフェスティバル・ディレクター、ジャネット・ピアソンも緊急来日し、特別セミナーも同時開催。SXSW本場のフェスティバル・ディレクターが考える映画の魅力やヒットの秘密を知ることができる、唯一の機会だ。

—————————————————————————————————————-
「SXSW TOKYO SCREENING WEEK」
■公式HP:http://tokyoscreeningweek.jp/SXSW/
■公式SNS:@sxswfilmtokyo
■予告編動画:https://youtu.be/Fb_hcktJn8I
■座席指定券: 6月25日(土)0:00より発売開始!
新宿シネマカリテ窓口または、シネマカリテ劇場HP・オンライン予約サービスにて発売
(公式予約サービスURL http://qualite.musashino-k.jp/
2,000円(7/16(土)、7/17(日)、7/18(月)、7/22(金)) 1,500円(7/19(火)、7/20(水)、7/21(木))
■主催:ピクチャーズデプト
—————————————————————————————————————-

■SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)とは?
1987年、米テキサス州オースティン在住の3人のインディーズアーティストのマネージャーが、
自分たちのアーティストをどうやって売っていこうか意見交換しようと呼びかけたのが始まり。
その後 SXSW Music Festivalとして急速に拡大し、Twitterを一躍有名にしたインタラクティブ部門の飛躍を経て、
今日ではオバマ大統領やビル・ゲイツの基調講演や、レディ・ガガのガラコンサート、
トム・クルーズが新作をお披露目する場にするなど、アメリカ最大規模の巨大フェスに成長しました。
毎年3月に行われるフェスティバルは9日間で、映画部門<SXSW FILM>では、
期間中400回以上もの上映が組まれている、世界最大のエンタメの祭典です。

■SXSW TOKYO SCREENING WEEK スケジュール
7月16日(土)
18:30~ 特別セミナー vol.1(フェスティバル・ディレクター/ジャネット・ピアソン)
19:15~ 「スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!」(原題「Supermensch: The Legend of Shep Gordon」 )ジャパン・プレミア
227488
『スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!』 ©2013 NoMoneyFun Films Inc. and A&E Television Networks LLC. All Rights Reserved.
監督:マイク・マイヤーズ
出演:マイケル・ダグラス、ダライ・ラマ、アーノルド・シュワルツェネッガー、
シルベスター・スタローン、シャロン・ストーン、アリス・クーパー、ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリクスほか
豪華セレブリティ勢揃い。
2014年SXSW Film <24 Beats Per Second部門正式出品>
伝説の音楽プロデューサー、シェップ・ゴードンの「超いい人」な人生を振り返る
マイク・マイヤーズ初監督のミュージック・ドキュメンタリー。

7月17日(日)
16:00~ 映画プロデュース特別講座(アメリカン・インディペンデント・シネマの父/ジョン・ピアソン)

「6歳のボクが大人になるまで」のリチャード・リンクレイター監督や
スパイク・リー、ドキュメンタリーの名手マイケル・ムーア、ケヴィン・スミスなど錚々たる監督たちの
プロデューサーレップとして、アメリカン・インディペンデント・シネマを牽引してきたジョン・ピアソンも特別来日。
タフなインディ映画の世界を生き抜くHOWTOと、世界のトレンドをばっちり伝授。
絶対に聞き逃せない特別映画セミナー開催。クリエイターはもちろんのこと、
映画ファンなら知って損はない映画製作のほんとうのすべて。

18:30~ 特別セミナー vol.2(フェスティバル・ディレクター/ジャネット・ピアソン)
19:15~ 「ALL THINGS MUST PASS」<原題>/ジャパン・プレミア
227489
『ALL THINGS MUST PASS』(原題) ©2016 Universal Studios. All Rights Reserved.
監督:コリン・ハンクス
出演:ラス・ソロモン、ブルース・スプリングスティーン
2015年SXSW Film <24 Beats Per Second部門正式出品>
世界中の音楽ビジネスを牽引してきたタワー・レコードは、実はいまはもう日本にしか店舗を持たない。
音楽・映像・書籍の大型店として一世を風靡したタワレコの盛衰を、創業者ラス・ソロモンの視点で描く
音楽ドキュメンタリー。トム・ハンクスの息子、コリン・ハンクスの監督デビュー作。

7月18日(月)
18:30~ 特別セミナー vol.3(フェスティバル・ディレクター/ジャネット・ピアソン)
19:15~ 「ショート・ターム」
227481
『ショート・ターム』©2013 Short Term Holdings, LLC. All rights reserved.
監督:デスティン・ダニエル・クレットン
出演:ブリー・ラーソン、ジョン・ギャラガー.Jr.、キース・スタンフィールドほか
2013年SXSW Filmで、観客賞、審査員賞を総なめにした、大ヒット作が再登場。
アカデミー女優へと進化する前の初々しいブリー・ラーソンをもう一度、スクリーンでチェック!

7月19日(火)
18:30~ トークイベント:サケボムプロデューサーが語るSXSW体験談
19:15~ 「サケボム」
227482
『サケボム』©2013 pictures dept./Sake Bomb Films,LLC
監督:サキノジュンヤ
出演:濱田岳、ユージン・キムほか2013年SXSW Film 正式出品作品。
auのCMの金ちゃんや、釣りバカで国民的人気俳優となった濱田岳が、
全編英語でチャレンジしたアメリカン・コメディ。
濱田岳は、SXSW現地に参加したことがある数少ない日本人俳優。

7月20日(水)
19:00~ 「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」
227483
『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』 © FINDLAY PRODUCTIONS LIMITED 2012
監督:スチュアート・マードック
出演:エミリー・ブラウニング、オリー・アレクサンデルほか
2014年SXSW FILM 正式出品。
“ベル・アンド・セバスチャン“のスチュアート・マードック監督・脚本のビター&スゥイートなポップ・ミュージカル。

7月21日(木)
19:00~ 「FRANK -フランク-」
Frank

『FRANK -フランク-』 ©2013 EP Frank Limited, Channel Four Television Corporation and the British Film Institute
監督:レニー・アブラハムソン
出演:マイケル・ファスベンダー、ドーナル・グリークソン、マギー・ギレンホールほか
2014年SXSW FILM 正式出品。村上春樹が2014年のベスト映画のひとつに挙げた作品。
「世界で最もハンサムな顔100人」ランキングで第1位に選ばれるなど、
実力も色気も兼ね備えたマイケル・ファスベンダーが、
奇妙な被り物でその顔を隠し、型破りな天才ミュージシャンを演じている。

7月22日(金)
18:30~ トークイベント(詳細後日発表)
19:15~ 「ロアー」(ROAR<原題>)/ジャパン・プレミア
227487

監督:ノエル・マーシャル
出演:ティッピ・ヘドレン、メラニー・グリフィス、ジョン・マーシャルほか
2015 SXSW FILM特別上映作品。1981年公開。ヒッチコックの「鳥」の主演女優、ティッピ・ヘドレンと、
まだティーンエイジャーのメラニー・グリフィスが、CG全盛の時代に、
撮影監督が200針も縫った現場での撮影は圧巻以外のなにものでもなく、
おバカ映画かとおもいきや、ラストは超社会派。日本公開未定につき、絶対に見逃せない1本。