自衛隊テントの加工技術を応用したバッグ「タイガー帆布」

ナイロン素材が主流のバッグ市場で、綿ならではの風合いを持ったバッグへのニーズは多くあった。市場に多く見られない理由は、綿の一番のデメリットでもある”濡れやすさ”。そこで、株式会社タケヤリは特殊なパラフィン加工により強力撥水加工を施した、”タイガー帆布”シリーズを開発!

 

1. 自衛隊のテントやトラックの幌に使われる強力撥水加工を応用
綿帆布にパラフィン(ろう)をたっぷり染み込ませる方法を、タケヤリが織る超高密度帆布に施し、過酷なアウトドアでも使われている加工となっている。

2. シンプルな構造の中に嬉しいディテール
バックパックの背面にはクッションが入ったPCポケット、反対面にはペン差し、スマホやパスケースなどを入れるオーガナイザーポケットを配置。

3. 綿帆布に似合うメタルジッパー(YKK製)
クラシックな雰囲気にぴったりのメタルジッパーは、全て品質が安定したYKK製を採用しています。

TAKEYARI