「押忍とは何か?」

主に武道の世界で用いられるワード「押忍」。その由来は
旧海軍で「お早うございます」が簡略化され、その結果「オ」と「ス」が残ったもの。

本武徳会が戦前に京都で運営した武道専門学校の学生の間で生まれたという。

元々は「おはようございます」だったものが「おはよーっす」→「おわーす」→「おす」と縮まり、そこに「押して忍ぶ」(自我を抑え我慢する、の意味)という言葉の漢字を当てた結果、現在の形になった。

佐賀藩で山本常朝の『葉隠』が武士道の基本とされ、藩校において厳しく躾が為されていた、若い青年武士たちは互いに励まし合う意味で、往来などで出会った際、「押忍!」と声を掛け合った。

と諸説が多い。

東京オリンピックの競技種目として採用された、日本発祥の武道・空手、とくに極真系の空手道場では返事がすべて「押忍」で統一されているといっても過言ではない。

空手界で使われる「押忍」は、いまや“OSU(OSS)”となり、世界200の国や地域で用いられている。
しかし、ほとんどの日本人は「押忍」に秘められた、その奥深い意味を知らない。

その「押忍」の源流と、世界にまで広がっていった遥かなる伝播の道のりを、多数の関係者の証言、発掘した文献によって解き明かす本書「押忍とは何か?」。
すべての格闘技関係者&格闘技ファンに、新鮮な感動と驚きをもたらす作品である。

<「押忍」をめぐるキーワード>
・拓殖大学
・木村政彦
・大山倍達
・中山正敏
・塩田剛三
・金澤弘和
・國際松濤館
・合気道養神館
・日本空手協会
・ブラジリアン柔術
・極真カラテ
・オランダキックボクシング
・UFC
・フルコンタクト空手
・K-1

著者について
大森敏範◎おおもり・としのり
1961年、東京生まれ。日本大学卒業。大学入学と同時にキックボクシング部入部。
デビュー戦での1ラウンド8秒KO勝ちは史上最短KO記録。『最強格闘技の科学』(福昌堂)にキックボクシング代表として登場した。
また、日本初の格闘技専門スポーツカフェ「Fighting Cafe コロッセオ」経営の傍ら、K‐1公認審判員、K‐1公認審議員を歴任。
現在、中高年のためのキックボクシングイベント「NICE MIDDLE」を主宰。株式会社アスリートフーズ代表取締役。

e01bac616a8a7ec78300e362cf1ca16d

単行本: 200ページ
出版社: 三五館 (2016/12/21)
言語: 日本語
ISBN-10: 4883206904
ISBN-13: 978-4883206902
発売日: 2016/12/21