気品漂う卓球台「WOOLSEY PING PONG TABLE」

カリフォルニアのオーダーメード家具職人 Sean Woolsey。日本の「Wabi-Sabi」の精神にリスペクトしているという彼が作り上げた卓球台が注目を浴びている。

WOOLSEYPONGTABLESQ6

そもそも、卓球はTABLE TENNISとも呼ばれ、19世紀のイギリスでテニス選手たちが悪天候時に室内テーブルで打ち合って練習したのが始まりといわれている。その後、中国の国技の一つに認定され、国家が選手を養成するシステムが完成すると首位を独占するようになった。テニスが起源だったためかテーブルの色は緑色が多く、ソウルオリンピックから卓球がオリンピック正式種目に決定したが、スポーツとして地味なイメージが強かった。

WOOLSEYPONGTABLESQ

そんな中、昼のバラエティ番組でタモリが放った「卓球って根暗だよね」という一言により、翌年の中学生の卓球部入部者が激減するいう事件が起きた。そこでイメージを一新すべく、卓球台と玉の色を変更する事となったという。そして、緑色だった卓球台も青色に変わり、後にこの青色の卓球台が国際基準となった。

WOOLSEYPONGTABLESQ5

自宅のリビングにビリヤード台があるとお洒落に見えるのに、卓球台があると何故か温泉旅館を思い出す人も多いはず。そこに登場したのが、この「WOOLSEY PING PONG TABLE」だ。シュガーメイプルとクルミの木材を使用し気品に満ちあふれたフォルムはもはや芸術作品。

First_Woolsey_Ping_Pong_table_just_touched_down_at_its_new_home_in_Minnesota__What_an_epic_way_to_start_the_weekend.

卓球をしない時はダイニングテーブルとして使用出来るため、インテリアとしてクールなリビングを演出するに違いない。

WOOLSEYPONGTABLESQ9 WOOLSEYPONGTABLESQ8

WOOLSEY PING PONG TABLE

$9,000.00
108″ x 60″ x 30″ tall

「WOOLSEY PING PONG TABLE」Official Site