2015年、開幕!「DEEP 71 IMPACT」

昨年の大晦日さいたまスーパアリーナで開催された「DEEPDREAM IMPACT 2014~大晦日Special」からおよそ2ヶ月、本年度のDEEPがホームグランドである後楽園ホールで開幕した。メインでは現DEEPメガトン級王者の長谷川賢が階級を下げ、元ミドル級王者の桜井隆多と激突した。

セミファイナルでは中村K太郎と片平なぎさのウェルター級、女子フライ級のしなしさとこ対Emi、激戦のライト級5試合など魅力あるカードが並んだ全14試合(オープニングファイト含む)の模様をフォトダイジェストでお送りします!

©All Photo by Xesanat

▼オープニングファイト フェザー級 5分2R
○上迫博仁(チーム クラウド)
判定3-0
●ソン・ジンス(韓国/KOREAN ZOMBIE MMA/本宮塾)
DEEP71OP

▼第1試合 ウェルター級 5分2R
△米田奈央(D+)
ドロー 判定1-1
△ルクク・ダリ(コンゴ/Honey Trap)
コンゴ出身で柔道ベースのダリ。一方の米田はDEEPフィューチャーキングトーナメント2013ミドル級覇者。開始早々から豪腕を振り抜くダリに、米田は組み付く。強引に返えすダリのパワーに圧倒される場面もあった米田だが、テイクダウンを奪いダリをコントロールする。判定で勝負がつかずドローとなった。
DEEP71-1

▼第2試合 フライ級 5分2R
○中山ハルキ(GRABAKA)
判定3-0
●ホン・スンヒョク(韓国/KOREAN ZOMBIE MMA/本宮塾)
互いに打撃で前に出続けるが、試合をコントロールした中山が3-0の判定で勝利した。
DEEP71-2

▼第3試合 バンタム級 5分2R
○高野優樹(和術慧舟會HEARTS)
判定3-0
●巽 大祐(NEX)
高野が巽をテイクダウンすると巽が下から仕掛ける。しかしこれを高野が冷静に対処しトップから肘を落とす。2Rに入っても高野が巽をコントロールする。バックを取られた巽が高野に肘を打つが高野のコントロール力は落ちず3-0の判定で高野が勝利した。
DEEP71-3

▼第4試合 ライト級 5分2R
○大山釼呑助(INFIGHT JAPAN)
一本 2R 27秒 ※アキレス腱固め
●チャンタモ(ハニートラップ)
分厚い上半身から打撃を振り抜くチャンタモ。タックル狙いの大山が被弾しチャンタモが追撃するが大山は下から関節技を仕掛ける。上になった大山は肘を落としチャンタモのバックをキープしチョークを仕掛けるがチャンタモは回避。チャンタモの蹴り足を取り足関を狙う大山。2R、チャンタモをテイクダウンした大山は再度チャンタモの足をキャッチするとガッチリとアキレス腱を極め勝利した。
DEEP71-4

▼第5試合 バンタム級 5分2R
○安部路人(漢塾)
一本 2R 3分37秒 ※リアネイキッドチョーク
●宮川博孝(ALLIANCE/TEAMゆでたまご)
安部が宮川を打撃で追い込む。トップから打撃を当てる安部の体を返す宮川。安部はラバーガードから打撃をコツコツと当てる。上下が入れ替わる中、安部が宮川のバックを奪うとリアネイキッドチョークを極め勝利した。
DEEP71-5

▼第6試合 ライト級 5分2R
○大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)
TKO 2R 1分40秒 ※セコンドからのタオル投入
●藤澤優作(禅道会)
大原をテイクダウンしトップを取る藤澤。これを返した大原がトップから打撃を乱打する。バックを奪われた藤澤に大原のパンチが連打されるとセコンドがタオルを投入。大原がTKO勝ちをおさめた。
DEEP71-6

▼第7試合 ライト級 5分2R
△LUIZ(禅道会)
ドロー 判定1-0
△濱村 健(ハニートラップ)
開始前から互いに闘争心をむき出しにしてにらみ合う。互いの打撃が上下に交差するとLUIZが左頬をカット。しかし臆することなく前に出続けるLUIZを真っ向から応戦するが、両者に決定的な差がつかずドローとなった。
DEEP71-7

▼第8試合 ライト級 5分2R
○岡野裕城(マッハ道場)
TKO 1R 2分31秒
●江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)
両者打撃で牽制し合う。岡野が江藤の蹴り足を取りパンチを打ち抜く。倒れた江藤に追撃に行く岡野をレフリーが制し、岡野がTKO勝ちをおさめた。
DEEP71-8

▼第9試合 フライ級 5分2R
△越智晴雄(パラエストラ愛媛)
ドロー 判定0-0
△石橋幸太(総合格闘技DOBUITA)
越智の放った蹴りが石橋の金的を直撃しインターバルがとられる。試合が再開され越智はパンチで前に出ると石橋はタックル。2R、タックル狙いの石橋に膝蹴りを合わせる越智。しかしそのままテイクダウンを奪われるがフロントチョークをしかける越智。両者とも決定的な差がつかずドロー裁定が下った。
DEEP71-9

▼第10試合 女子フライ級 5分2R
○しなしさとこ(フリー)
一本 1R 1分36秒 ※腕ひしぎ十字固め
●Emi(毛利道場)
復活した女王しなし。対するEmiは1年半のキャリアながら韓国ROAD FCに参戦するなど今後に期待がもたれる新星だ。組み付いたしなしがEmiを首投げでテイクダウンするとトップからパンチを落とす。嫌がるEmiのバックからチョークを狙う。立ち上がろうとするEmiを押さえ込むしなし。下になったしなしがEmiの腕をキャッチすると腕十字をガッチリと極め勝利した。
DEEP71-10

▼第11試合 ライト級 5分3R
○宮崎直人(総合格闘技津田沼道場)
判定2-0
●岩瀬茂俊(T-BLOOD)
王者北岡を中心に熾烈な争いが繰り広げられるライト級戦線。大晦日北岡に判定負けした吉田善行に破れるも、大原・田村ヒビキから2連勝している”鉄人”岩瀬。対する宮崎はDEEPライトGP2013を制し北岡のベルトに挑戦するも判定で破れている。パンチで前に出る岩瀬を蹴りで牽制する宮崎。宮崎は岩瀬をテイクダウンするがバックを奪われチョークを狙われるが回避。2R、宮崎は岩瀬からテイクダウンを奪い足を畳み岩瀬をコントロールする。テイクダウンとトップコントロールで岩瀬に差を付け宮崎が勝利した。
DEEP71-11

▼第12試合 セミファイナル ウェルター級 5分3R
○中村K太郎(K太郎道場)
一本 1R 3分37秒 ※リアネイキッドチョーク
●片平なぎさ(CB IMPACT)
打撃で圧力をかけ前に出る片平を投げでテイクダウンするK太郎。トップからパンチを打ちパスガードしてマウントポジションへ移行すると、これを嫌がった片平が亀になる。K太郎はバックを奪い、そのままリアネイキッドチョークでタップを奪い勝利した。
DEEP71-12

▼第13試合 メインイベント ミドル級 5分3R
○長谷川賢(フリー/DEEPメガトン級王者)
一本 1R 4分12秒 ※アームロック
●桜井隆多(R-BLOOD/元DEEPミドル級王者)
無敗のメガトン級王者長谷川が2階級下げ、元ミドル級王者桜井と激突!階級を落としてもその圧力は変らず、桜井をテイクダウンすると押さえ込んでコントロールする。逃げる桜井を袈裟固めで押さえ込むと左腕をロックオン。そのままアームロックの体制に入り桜井の腕を極めるが、桜井はタップしない。長谷川がレフリーにアピールするとレフリーが試合を止めた。桜井の左腕を壊してしまった長谷川は辛そうな顔を見せるも、桜井が笑顔で長谷川を讃えた。
DEEP71-13
DEEP2001 Official Site