真っ向勝負の判定決着。「修斗」3.24後楽園ホール大会

3月24日(日)東京・後楽園ホールにて開催された「プロフェッショナル修斗公式戦」の大会の模様を、取材カメラマン不在となったため、HIROKO (A-bonD Japan)さんの臨場感伝わる渾身のリポートでお送りします!

Report by HIROKO (A-bonD Japan)


本日は修斗。恒例の選手入場は、選手の緊迫感など感じられてスキ? 対戦相手をチラッとみたり、軽くアップして集中したり、リラックスしたり、気合い入れたり。闘いの空気が一気に膨れ上がる。

この日のオープニングの3試合はニューカマーの対戦。どの試合も20代対30代などの年の差マッチメイク。お互い譲れない戦い。アマ修から1つ1つ築き上げてのプロのリング、、、考えたら余計に胸熱にさせられた。


第1試合 フェザー級 5分2R ○内藤太尊(roots)
●三上譲治(修斗GYM東京) KO 1R 57秒
前回、流れてしまった試合の仕切り直し。が、開始早々、内藤の右がヒットし、まさかの秒殺KO。会場も驚きと反射で、「オオオオ!」とどよめきに近い歓声。一発で倒せるパンチ。怖いわー。


第2試合 フライ級 5分3R
○井上 学(UWFスネークピットジャパン) ●梶川 卓(スカーフィスト) 判定3-0 
38歳の井上は3年のブランクあり復帰戦から2戦目。リングインは、超ピリッとした姿勢(無駄のない歩き方、目ヂカラ強い)が伝わり、怖さを感じた。一方の梶川は井上と真逆。入場時うおぉーっと気合い入れ気持ち駆り立てて、まるで炎のファイター!試合は井上が完全コントロール。グラウンドへ執拗に持ち込む姿勢はスゴイの一言。その上、勝った後は、すっごく柔らかく可愛い笑顔♪一方の梶川選手は、まだやれるって表情。梶川の次戦に期待!


第3試合 フライ級 5分3R
○清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A.)●大里洋志(スカーフィスト) KO 1R 3分44秒 ※右フック
スランプ脱出の光が見えたパンクラス元王者の清水と、一度は引退表明し復帰決意した大里の対戦。ファイターとしての決意が試させる一戦、結末はいかに?とワクワク。 序盤から両選手は距離を詰めながらの打撃戦。闘いがヒートアップするごとに、両陣営の応援団の声援もヒートアップ!最後は清水の右がヒットしKO勝利。快勝を喜ぶ清水の笑顔は素敵だったけど、TRIBE TOKYO M.M.A.の長南代表の満足げな笑顔にもワタシの目は釘付けに。(笑)


第4試合 バンタム級 5分3R
○魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS) ●小蒼卓也(スカーフィスト) KO
1R 18秒 共に一発がある小蒼卓也と魚井フルスイング。開始早々、先に仕掛けた小蒼の攻撃に合わせての魚井の左のフルスイングが炸裂!!まさかのワンパンKO劇に会場も大爆発!!魚井フルスイング、大注目です!!


▼セミファイナル(第5試合)フライ級 5分3R
△覇彌斗(総合格闘技道場BURST) △田丸 匠(NASCER DO SOL) ドロー
ケージ内で対峙する21歳の2人。無敗の2人、大物との激戦を勝ち抜いてる2人、修斗新鋭の2人、お互いがライバルと認める2人、このフェイスオフ、闘う前からもう胸熱スギル!! 修斗の理念「打投極」を体現するオールラウンダー同士、どちらが勝ってもおかしくない。 試合は序盤から一進一退の攻防。フィジカル、コンディショニング、テクニック、ストラテジー、全てがバランスよく安定した強さを持つ覇彌斗に対し、「天才」という表現を使いたくなる程のクリエイティブな動きとフィニッシュ力が魅力の田丸。やられてはやりかえし、やられてはやりかえしの繰り返し。試合の結末は判定0-0(29-29、29-29、28-28)のドロー。会場からは大きな拍手が沸き、自分も取材者であることを忘れて、手が痛くなるほど拍手!!目頭が熱くなる素晴らしい試合だった。


▼メインイベント(第6試合)環太平洋バンタム級チャンピオンシップ 5分3R
△石橋佳大(Duroジム) △佐藤将光(坂口道場一族) ドロー
メインは環太平洋バンタム級チャンピオンシップ。初防衛戦に挑む激熱な王者の石橋と、無冠の鉄人、佐藤の一戦。2人がケージインするだけで、両陣営の応援合戦が始まり、会場の熱は試合前からピークに。序盤からアグレッシブに攻める両者。佐藤のヒジを起点にした闘いに対し、石橋は倒して殴る!両者、気迫が凄まじい。判定は0-1のドローだたっため、石橋が王座を防衛。完全決着の早い再戦が見たい!


本大会で、4月23日(日)千葉・舞浜アンフィシアター大会、5月12日(金)東京・後楽園ホールにて開催される「プロフェッショナル修斗公式戦」の詳細が発表された。

4.23プロ修斗舞浜大会
春のビッグマッチにアメリカ帰りの扇久保が一年振りの国内復帰戦、岡田の出場も決定!

修斗春の2連戦、第1戦となる4.23舞浜アンフィシアター大会に新たに出場が決定した選手を発表。まずはUFCとの契約を目指すリアリティー番組「TUF」に出演し、蒼々たるメンバーが揃う中、決勝まで勝ち上がってみせた世界フライ級王者・扇久保博正(パラエストラ松戸)の一年振りとなる国内復帰戦が決定。今回は外国人選手を相手に国際戦を行う。
そして同じパラエストラ千葉ネットワーク所属の岡田遼(世界バンタム級7位/パラエストラ千葉)の出場も決定。岡田は昨年11月石橋佳大との環太平洋王座決定戦以来の戦線復帰。タイトル獲得へ向けた過酷な道のりが再び始まる。なお岡田の対戦相手も外国人選手になる予定。
その他MOBSTYLESプレゼンツインフィニティリーグ2017フェザー級公式戦、初戦を大逆転一本勝利で飾った仲山貴志(勝ち点3)vs
昨年度新人王で今回初戦を迎える山本健斗デリカット(総合格闘技道場コブラ会)の一戦も正式に決定。
現在までに8カードが揃った今大会、近日中に全対戦カードが発表となる。

750-1600_10.16バナー1
□4.23 プロフェッショナル修斗公式戦 千葉・舞浜アンフィシアター大会
#shooto0423

◎MOBSTYLESプレゼンツ インフィニティリーグ2017フェザー級5分2R
仲山貴志(総合格闘技津田沼道場)
vs
山本健斗デリカット(総合格闘技道場コブラ会)

◎2017年度新人王決定トーナメント1回戦ライト級5分2R
モリシマン(STYLE PLUS GYM)
vs
宍戸 航太(SHOOTO GYM K’zFACTORY)

◎世界フェザー級チャンピオンシップ5分5R
斎藤 裕(王者・初防衛戦/パラエストラ小岩)
vs
宇野 薫(挑戦者・同級1位/UNO DOJO)

◎ストロー級5分3R
猿田洋祐(同級世界4位/和術慧舟會HEARTS)
vs
箕輪ひろば(同級世界10位/総合格闘技道場STF)※2016年新人王MVP

◎ストロー級5分3R
澤田龍人(同級世界2位/AACC)
vs
木内崇雅(同級世界5位/和術慧舟會GODS)

◎ライト級5分3R
福本よう一(同級世界7位/頂道場・NATURAL9)
vs
小谷直之(ロデオスタイル)

◎バンタム級5分3R
金物屋の秀(SHOOTO GYM K’zFACTORY)
vs
一條貴洋(ブレイブハート)2016年同級新人王&技能賞

◎バンタム級5分2R
海下“DRAGON”竜太(パラエストラTB)
vs
榎本 明(リバーサルジム東京スタンドアウト)

[出場予定選手]
扇久保 博正(世界フライ級王者/パラエストラ松戸)
岡田遼(パラエストラ千葉)


5.12プロ修斗後楽園ホール大会
プロ修斗春の2連戦、5.12後楽園も超強力ラインナップ

4.23舞浜のビッグマッチから2週間後にはホームである後楽園ホール大会が控えるが、今大会は舞浜大会にも引けをとらない超強力ラインナップが揃う事となった。
まずは昨年最も大きなインパクトを残したと言える環太平洋フェザー級王者・高橋諒伍(KRAZY BEE)の今年度初戦が決定。今大会では外国人選手との対戦を予定。相手の足を得意のローキックで破壊宣言も飛び出したチャンピオン初の国際戦に期待が高まる。
そして他団体からタイトル獲得者が続々参戦を表明。第8代ウェルター級キングオブパンクラシストで国内重量級を代表する選手と数々の激闘を繰り広げてきた鈴木慎吾(アライアンス)の参戦が決定。修斗参戦を機に階級をライト級(70.3kg)に変更する。その対戦相手が修斗ライト級を代表する川名雄生(SHNWA MMA ACADEMY)に決定。昨年4月の世界タイトル挑戦で喫した初黒星からの復帰戦で強敵を迎える事となった。打投極どの局面でもフィニッシュできる両者なだけに激しい試合展開が予想される。
修斗の中心選手として活躍する土屋大喜(roots)、今年初戦にして久々の国際戦が決定。対戦相手はUFC在籍経験を持ち、その際には水垣偉弥にも勝利している強豪“ハリケーン”ルーベン・デュラン(アメリカ)と対戦。常に動き続ける両選手の激突、面白くならない訳が無い。
その他にも約2年振りの復帰戦となる元環太平洋ライト級王者・大尊伸光(総合格闘技津田沼道場)が2月渋谷大会メインで見事なKO勝利を修めた木村孔明(パラエストラTB)と対戦する。
4.23舞浜に続き、5.12後楽園も超強力ラインナップが揃う修斗春の2連戦、どうぞご期待下さい。
[決定対戦カード]
◎ライト級5分3R
川名雄生(SHINWA MMA ACADEMY)
vs
鈴木槙吾(アライアンス)元ウェルター級キングオブパンクラシスト

◎バンタム級5分3R
土屋大喜(roots)
vs
ルーベン・デュラン(米国)

◎ライト級5分3R
大尊伸光(総合格闘技津田沼道場)
vs
木村孔明(パラエストラTB)

◎MOBSTYLESプレゼンツ インフィニティリーグ2017フェザー級5分2R
内藤太尊(勝ち点4/roots)
vs
TOMA(勝ち点0/直心会TK68)
[出場決定選手]
高橋遼伍(環太平洋フェザー級王者/KRAZY BEE)
加藤惇(ZSTフェザー級王者/キングダムエルガイツ)他
□大会概要
[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦
[日時]2017年5月12日(金)
[開場]17:30
[開始]18:30 ※17:45~オープニングファイトを実施
[会場]東京/後楽園ホール
[特別協賛]株式会社ドン・キホーテ
[認定]ISC
[協力]一般社団法人 日本修斗協会
[主催]株式会社サステイン
[チケット料金]VIP 15,000円/RS 10,000円/SS 8,000円/S 6,000円/A 5,000円/小中学生立見 2,000円(当日のみ)
※全席指定、全て税込み価格。
※当日は500円増し。
※小学生以上はチケットが必要。
[チケット販売]4月上旬を予定
[チケット取扱所]
DMM.E http://event.dmm.com/
フィットネスショップ水道橋 03-3265-4646
後楽園ホール 03-5800-9999
チケット&トラベルT-1 03-3788-3042 http://www.t-1.jp/tk/
修斗GYM東京 03-3788-3042
[お問い合せ]株式会社 サステイン 03-3788-3042

「修斗」Official Site