全力の死闘。7.23 プロフェッショナル修斗公式戦

7月23日(日)東京・後楽園ホールにて開催された「プロフェッショナル修斗公式戦」。オープニングファイト2試合、ジュニア修斗の試合を含む激戦をHIROKOさん (A-bonD Japan)のリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!

© All Photo by Xesanat Text by Hiroko (A-bonD Japan)

▼オープニングファイト第1試合 2017年新人王トーナメント フェザー級 5分2R
○佐藤裕二(毛利道場)
判定3-0 ※20-18、20-18、20-17
●藤木龍一郎(和術慧舟會AKZA)

▼オープニングファイト第2試合 2017年新人王トーナメント ライト級 5分2R
○Ju-sei Aquila(パラエストラ小岩)
一本 1R 2分53秒 ※腕ひしぎ十字固め
●宍戸航太(K’zFACTORY)

▼第1試合 バンタム級 5分2R
○論田愛空隆(心技館)
KO 1R 10秒 ※右フック
●榎本 明(リバーサルジム東京スタンドアウト)
今回の修斗は会場に沢山の観客がいていつも以上に賑やか。期待感一杯で私もワクワク。第一試合の論田愛空隆、名前のインパクトに驚いてたら、試合も僅か10秒の秒殺劇!会場大爆発!強烈な右フックで、榎本の顎じゃなく、観客のハートも打ち抜いた!私も撃ち抜かれたー(≧∇≦)

▼第2試合 73kg契約 5分2R
○福本よう一(頂柔術・NATURAL9)
判定3-0 ※三者とも20-18
●鈴木淑徳(和術慧舟會HEARTS)

▼第3試合 バンタム級  5分3R
○岡田 遼(パラエストラ千葉)
KO 1R 4分50秒 ※右フック
●金物屋の秀(K’zFACTORY)
毎度楽しみな金物屋の秀の入場。今回はお祭りを意識してか、セコンドと共に甚平姿(≧∇≦)。対照的に岡田はシリアスな表情で入場。1R終盤、胴クラッチからバックを取った岡田が後ろから金物屋の秀の顔面にハイキック。その流れからのパウンドアウト。あんな技があるなんて、ビックリ!!MMAは奥が深い!!

▼第4試合 ライト級 5分3R
○長田拓也(BLOWS)
一本 1R 1分14秒 ※スリーパーホールド
●児山佳宏(パラエストラ松戸)

▼ジュニア修斗公式戦 52kg契約 3分1R
○青井心二(心技館)
判定2-0 ※10-9、10-9
●伊集龍皇(パラエストラ小岩)

10月15日(日)千葉・舞浜アンフィシアターで開催される、プロフェッショナル修斗公式戦に参戦予定の選手がリングインし、以下の対戦カードが発表された。

[決定対戦カード]
◎世界フライ級チャンピオンシップ5分5R
扇久保 博正(王者・初防衛戦/パラエストラ松戸)
vs
オニボウズ(挑戦者・同級1位/総合格闘技ゴンズジム)

◎世界ストロー級チャンピオン決定戦5分5R
澤田 龍人(同級世界1位/AACC)
vs
猿田 洋祐(同級世界3位/和術慧舟會HEARTS)

◎ライト級5分3R
川名 雄生(同級環太平洋王者/Y&K MMA ACADEMY)
vs
小谷 直之(同級世界4位/ロデオスタイル)

◎ライト級5分3R
岡野 裕城(同級世界8位/マッハ道場)
vs
鈴木 槙吾(アライアンス)

▼第5試合 フェザー級 5分3R
○摩嶋一整(毛利道場)
KO 2R 12秒 ※右ストレート
●星野勇二(和術慧舟會GODS・NATURAL9)
MMAビギナーの私は、4年ぶりに復帰したベテラン人気選手の星野選手を知らなかった。ゴメンナサイ。でも、入場コールだけで会場は大声援。おどろいたー。一方の摩嶋は公式戦無敗の若手。 修斗ならではの、新旧対決!!会場からは「ホシノー」コールが!!でも、試合は無敗のニューカマーが圧倒し、2RでのKO勝利。山口出身の摩嶋、これから地方から強い選手がドンドン出てくるのに期待しちゃう♪

▼セミファイナル 第6試合 バンタム級 5分3R
○佐藤将光(坂口道場)
KO 1R 4分58秒 ※右フック
●ルーベン・デュラン(アメリカ)
ここ最近、劇的に進化した佐藤将光。前回のタイトル戦もベルトは逃したものの、私的には、この人が一番ベルトが似合う男。強いし、なにより、カッコイイ!!対するディランもカッコイイ。流石、アメリカトップクラスのファイター、マスクもワールドクラスだ(笑) 。そんなイケメン同士がバチバチの殴り合い。1R終了間際に佐藤が激闘を制した!!

▼メインイベント 第7試合 環太平洋ライト級チャンピオン決定戦 5分3R
○川名雄生(Y&K MMA ACADEMY)
KO 2R 2分11秒 ※右アッパー
●AB(和術慧舟會駿河道場)
入場で気付いたのは、川名の眼光。ガチ鋭すぎ。気合い入ってるときはやっぱり怖い。開始早々、川名は豪腕のパンチ振るうけど、そこに合わせてABの低空タックル。あのタックルは鋭すぎ。お互い、休む事なく動く!動く!! 試合は、豪腕の川名が打撃でフィニッシュ。あのパンチ、とにかくヤバかったー。試合後、早くも小谷選手に挑戦状。これにもわくわく!!にしても、川名選手、戦ってない時は目が優しくて、癒されるー(笑)。

SHOOTO Official Site