勇気の拳「LETHWEI in Japan~YUKI~」2.21 in 後楽園ホール

地上最も、過激な格闘技とされるラウェイの2018年開幕戦が、2月21日(水)「LETHWEI in Japan~YUKI~」と題され東京・後楽園ホールで開催された。

日本対ミャンマー3対3の3試合を含む全6試合の模様を、MMA Journal特派員のリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!

© All Photo by Xesanat Text by MMA Journal

LETHWEI in Japan~YUKI~
2月21日(水)東京・後楽園ホール

▼第1試合 66kg契約 3分4R 判定なし
○ジェイ・ジン・ピョー(ミャンマー)
TKO 4R 2分19秒
蓮實光(パラエストラ栃木)
善戦を繰り返すもこれまで勝ち星に恵まれない蓮實は、この試合で過去と決別し覚悟を持って挑んだが、”ラウェイの鷹”のパンチを被弾し鼻から出血する。それでも前に出続けるが左ハイでダウンを奪われる。バンテージが緩むほどの拳で反撃を試み、距離を詰めてピョーをテイクダウン気味になぎ倒すが、倒した蓮實が立ち上がるまでに時間がかかり、レフリーがこれをダウンとみなしTKO負けを喫した。

▼第2試合 63kg契約 3分4R 判定なし
○ファン・チャンファン(韓国/ROAD FC/チームフィニッシュ)
TKO 2R 1分1秒 ※セコンドによるタオル投入
福田泰暉(TEAM-STAKE)
地下格闘技のKOキング対ROAD FC第2の刺客。両者共に象徴的な刺青が入り、序盤からフルスウィングで打ち合う。勢いよく前に出る福田がペースを握っていたが、2Rに入るとファンが頭突きやパンチ、蹴り、さらに膝蹴りでラッシュ! カウンター気味のワン・ツーが福田に直撃し崩れ落ちるとセコンドがタオルを投入した。

▼第3試合 100kg契約 3分4R 判定なし
クリス・ヴァイス(オーストラリア・プロレス)
TKO 3R 56秒 ※レフェリーストップ
●YABU(心武館)
昨年9月のラウェイに本大会でプロレスの兄弟子ハートリー・ジャクソンが空手家YABUに負けたことで仇を取るべくラウェイ初参戦を果したクリス・ヴァイス。100kg超えのド迫力の両者の打ち合いに会場内がヒートアップする。ヴァイスの打撃にガードを固めつつローを放つYABU。セコンドのジャクソンの指示でガードを固めた上からでもお構いなしとばかりにパンチを打ち込むヴァイス。ラウンドが進むにつれガードをかいくぐりヴァイスのパンチがヒットしYABUの顔面から出血し変形していく。血まみれとなったYABUが後退し始め、連打でラッシュするヴァイス。スタンドで防戦一方となったYABUを見てレフリーが試合を止め、勝利したヴァイスにMr.マリック氏が勝者の旗を手渡した。

▼第4試合 70kg契約 3分5R 判定なし
○ソー・リン・ウー(ミャンマー)
TKO 2R 32秒 ※セコンドタオル投入
●晴矢(キックボクシング G-STORY)
晴矢は2度目のラウェイ参戦。対するウーは72戦41勝1敗30分のラウェイトップファイターだ。そんな猛者に対して冷静にパンチ・キックを放つ晴矢。しかし距離が詰まるとウーが至近距離で頭突きを放ち、クリンチ際でも頭突きを喰らわすと晴矢が出血。2Rに入るとウーがラッシュをかけ、頭突きと打撃で晴矢を追い込み、ストレート打つ。晴矢がダウンしセコンドがタイムを要求するが、起き上がれない晴矢を見てセコンドがタオルを投げ入れた。死闘を繰り広げた両者に俳優の千葉真一氏がメダルを授与した。

▼第5試合 73kg契約 3分5R 判定なし
渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺)
TKO 2R 2分47秒 ※足の負傷による戦意喪失
●ミン・テット・アウン(ミャンマー)
昨年12月にラウェイの本場ミャンマーでの試合を経験した渡慶次は1Rにダウンを奪われたがセコンドからのタイムで復活すると、2Rにバックハンドブローでダウンを奪い返し「時間切れドロー」に持ちこんだ。アウンは19歳の”若き狼”。ローで動きを止めようとする渡慶次に、伸びと高さのある蹴りで応戦するアウン。しかい打撃の重さでは渡慶次に軍配が上がる。2R、アウンのハイが渡慶次を直撃するが、ここでもローでアウンの動きを止め、左ハイをヒットさせパンチで追い込むと、アウンがダウン。アウンは起き上がれず、足を負傷し戦意喪失し渡慶次がTKO勝ちをおさめた。

▼第6試合 63kg契約 3分5R 判定なし
清水俊一(33=総合格闘技宇留野道場)
ドロー ※時間切れ
△トゥン・ルイン・モー(19=ミャンマー)
19歳”無敗のプリンス・オブ・ラウェイ”モーの相手となったのは、UFC®にも参戦歴があり、これまでラウェイ日本大会に参戦してきた日本人選手の中で最も実績のある清水俊一33歳。躍動するモーの動きに、熟練した技術で対抗する清水。重いローとMMAの技術を駆使した清水に対し、モーは頭突きとヒジ、蹴りとパンチを織り交ぜたコンビネーションで翻弄する。スクランブルになり、距離を取った清水がラウェイのポーズをとる。シンパシーを感じたのかモーも同じポーズで応えると会場が沸き上がる。決定打に欠けるもお互いに死力を尽くし時間切れドローとなったが、試合後は笑顔でお互いを讃え合った。

ILFJapan Official Site