「この種を、絶やしてはいけない。」日清食品 東京2020オリンピック競技『近代五種』応援宣言!

日清食品株式会社(以下、日清食品)は、「HUNGRY TO WIN(世界に、食ってかかれ。)」のスローガンのもと、スポーツを通じて世界のチャレンジ精神を沸騰させるスポーツマーケティングを展開している。そんな日清食品が、東京2020オリンピック競技である『近代五種』をサポートすることとなり、3月1日(木)東京・恵比寿ガーデンルームにて応援宣言イベントが開催され、『近代五種』の化身 「ぺんたうるすくん」がお披露目された。

『近代五種』は、東京2020オリンピックの正式種目であり、 1人でフェンシング・水泳・馬術・射撃・ランニングの5競技を行うことから、「キング・オブ・スポーツ」とも呼ばれている。

日本近代五種協会専務理事・野上等氏が『近代五種』は「ナポレオンの時代に遡ります。当時のフランスの軍人が敵の陣地を偵察して、泳ぎ、馬に乗り、走り、途中で剣・銃で敵と闘いながらその情報を持ち帰る、という故事を元に近代オリンピックの父と言われるクーベルタン男爵が競技化したものです」と説明した。

日本近代五種協会には自衛隊・警察・日本体育大学など多くの優秀な選手を抱えている。その中から、ロンドン五輪日本代表・黒須成美選手、才藤歩夢選手が登壇し、近代五種にかける想いを語った。

ロンドン五輪日本代表・黒須成美選手
「一日で五種目を行うその過酷さから「キング・オブ・スポーツ」と呼ばれているが、最後まで勝負の行方が分からないところが魅力ですが、日本での競技人口も少なく知名度も低く、まだまだマイナーな競技です。」

才藤歩夢選手
「大学の同級生から〝どんな競技?〟と聞かれます。一日で五種目を競うのは大変ですし、集中力を切らさないようにすることも重要です。最後まで勝負の行方が分からないので、諦めないででやり抜くことで結果がついてくるのもこの競技の魅力だと思います。」

由緒ある競技であるものの知名度や競技人口から「『近代五種』は「キング・オブ・スポーツ」であるとともに、日本では「キング・オブ・マイナー・スポーツ」です」と野上等氏が語った。

そんな『近代五種』を2020年のオリンピックに向け日清食品がサポートし、壇上で応援キャラクター「ぺんたうるすくん」を披露した!

そして、スペシャルゲストとしてゴスペラーズが登場。

“近代五種ペラーズ”として、あの名曲「ひとり」を替え歌にしたことから、メンバーそれぞれが「ぺんたうるすくん」の魅力を語った。


さらに、ゴスペラーズ史上初の試みとなる替え歌応援ソング「ひとり、で五つ」を熱唱した。

「キング・オブ・マイナー・スポーツ」の『近代五種』が「キング・オブ・スポーツ」となるには「HUNGRY TO WIN(世界に、食ってかかれ。)」の精神で選手が練習を積み重ね、東京2020オリンピック競技大会オフィシャル麺パートナーの日清食品が、オリンピック日本代表選手団の活躍をサポートするとともに『近代五種』の知名度アップを支援し、東京2020オリンピック競技大会の成功に貢献していく!

この種を、絶やしてはいけない。

日本近代五種協会 Official Site

近代五種応援サイト|日清食品グループ