世界は、拳ひとつで変えられる。「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 12.31 FINAL ROUND」

12月29日に開催された「RIZIN FIGHTING WORLS GP 2017 12.29 2ND ROUND」。31日に同じくさいたまスーパーアリーナで開催された「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 12.31 FINAL ROUND」はではRIZINバンタム級トーナメント準決勝・決勝、IZINキックボクシング・ワンナイトトーナメント、RIZIN女子スーパーアトム級準決勝・決勝や、激闘必至のワンマッチで会場は大炎上!

この模様をHIROKOさん (A-bonD Japan)のリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!

© BLACK&FIGHT by Xesanat Text by Hiroko (A-bonD Japan)

RIZIN FF事務局
「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 Final ROUND」 
2017年12月31日(日)さいたまスーパーアリーナ

ライターHIROKOです!格闘技ファンにとっては年末の風物詩となったRIZIN大晦日。今回はトーナメントが3つもあって一足早いお年玉袋貰うみたい。オープニング前からさいたまスーパーアリーナは、観客でいっぱい。皆、ビール買ったり、フランクフルト買ったり、早くもお祭り気分。見てるこちらもワクワクする~♪
ふんどし姿の高田さんの“漢”な太鼓演舞。序盤からバンダム級トーナメント準決勝からのスタート。日本でこんな贅沢なオープニングが出来るのは、やはり、RIZINくらいだわ~♪

▼第1試合 RIZINトーナメントルール RIZINバンタム級トーナメント準決勝第1試合 61.0kg契約 5分3R
〇堀口恭司 (アメリカン・トップチーム/元第9代修斗世界フェザー級王者)
●マネル・ケイプ (アンゴラ/VS TEAM)
一本 3R 4分27秒

▼第2試合 RIZINトーナメントルール RIZINバンタム級トーナメント準決勝第2試合 61.0kg契約 5分3R
〇石渡伸太郎(CAVE/パンクラス・バンタム級王者)
●大塚隆史(T-grip Tokyo/DEEPバンタム級王者)
判定3-0

▼第3試合 RIZINキックボクシング・トーナメントルール RIZIN KICKワンナイトトーナメント1回戦 57.0kg契約 3分3R延長1R
〇那須川天心(TARGET/ISKAオリエンタルルール世界バンタム級&RISE同級王者)
●浜本“キャット”雄大(クロスポイント大泉/REBELS/ILFJ認定ラウェイ王者)
KO 2R 1分58秒

▼第4試合 RIZINキックボクシング・トーナメントルール RIZIN KICKワンナイトトーナメント1回戦 57.0kg契約 3分3R延長1R
〇藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We)
●砂辺光久(reversal Gym OKINAWA CROSS×LINE)
KO 3R 50秒

▼第5試合 RIZIN女子MMAトーナメントルール 女子スーパーアトム級(49.0kg以下)トーナメント準決勝 5分3R
〇RENA(シーザージム/シュートボクシング世界女子フライ級王者)
●アイリーン・リベラ(スペイン/CERDANYOLA FIGHT CLUB)
TKO 1R 4分39秒

▼第6試合 RIZIN女子MMAトーナメントルール 女子スーパーアトム級(49.0kg以下)トーナメント準決勝 5分3R
〇浅倉カンナ(パラエストラ松戸)
●マリア・オリベイラ(ブラジル/PARANA VALE TUDO)
一本 2R 3分40秒

■第7試合 RIZIN MMA特別ルール 72.0㎏契約 5分3R
〇矢地祐介(KRAZY BEE)
●五味隆典(東林間ラスカルジム)
一本 1R 2分36秒 五味vs矢地のスペシャルファイトは、PRIDE時代を知らないワタシはビックリ。五味が入場して、上からパウンドを落とした時の大歓声は物凄かった。格闘技がとてもとても盛り上がってたアノ時代を体感できた~♪

■第8試合 RIZIN女子MMAルール 57.0kg契約 5分3R ※ヒジあり
〇真珠・野沢オークライヤー(アメリカ/EI Nino Training Center)
●チェルシー・ラグラース(アメリカ/Lancaster Academy of Mixed Martial Arts)
一本 1R 4分47秒

▼第9試合 ヘビー級(120.0kg以下) RIZIN公式ルール 1R10分/2R5分
〇ミルコ・クロコップ(クロアチア/クロコップトップチーム)
●高阪 剛(ALLIANCE)
TKO 1R 1分02秒

▼第10試合 RIZINキックボクシング・トーナメントルール RIZIN KICKワンナイトトーナメント決勝戦 57.0kg契約 3分3R延長1R
〇那須川天心(TARGET/ISKAオリエンタルルール世界バンタム級&RISE同級王者)
●藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We)
KO 1R 1分27秒
4人制キックトーナメントは“那須川天心”劇場。鮮烈の跳びヒザを披露し、優勝後、K-1の武尊への挑戦状を匂わせるマイクアピールで、会場は大爆発!恐るべし、18歳!

▼第11試合 RIZIN女子MMAトーナメントルール 女子スーパーアトム級(49.0kg以下)トーナメント決勝戦 5分3R
〇浅倉カンナ(パラエストラ松戸)
●RENA(シーザージム/シュートボクシング世界女子フライ級王者)
一本 1R 4分34秒
女子アトム級決勝は、RENAちゃんがまさかの失神負け。タップしないあの“絶対負けない”キモチ、2018年の巻き返しが楽しみ!

▼第12試合 RIZINトーナメントルール RIZINバンタム級トーナメント決勝戦 61.0kg契約 5分3R
〇堀口恭司 (アメリカン・トップチーム/元第9代修斗世界フェザー級王者)
●石渡伸太郎 (CAVE/パンクラス・バンタム級王者)
KO 2R 14秒
堀口vs石渡のバンタム級決勝は、もう入場だけでお金が取れる!堀口が圧倒的に優勢の声の中、石渡の殴られても、蹴られても、前に前に出る、“漢気”な姿勢に会場も大歓声のエール。堀口の圧倒的な強さもシビれた!堀口、強かった。ホント、強かった!!2018年もRIZIN、楽しみ!

RIZIN Official Site