新時代、目前!『SHOOT BOXING 2019 act.2』

新時代到来目前の2019年4月27日(土)開催された『SHOOT BOXING 2019 act.2』は満員の観客で後楽園ホールが埋め尽くされた。
その模様をHIROKOさん (A-bonD Japan)のリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!

© BLACK&FIGHT by Xesanat Text by Hiroko (A-bonD Japan)  
【お願い】本サイトの写真の無断使用・引用はお控え下さい。ご使用をご希望の際は必ず本サイトのお問い合わせよりご連絡頂きますようよろしくお願いいたします。

シュートボクシング協会 『SHOOT BOXING 2019 act.2』
2019年4月27日(土)
東京・後楽園ホール

ライターHIROKOです。今回のシュートボクシングは後楽園ホールが満員御礼。凄い盛り上がり。AbemaTVでの観戦もできるようになったし、なによりカードが充実!本当、楽しみでしょうがない!

▼第1試合 68.0㎏契約 フレッシュマンクラスルール 3分3R延長2R
○村田義光(シーザージム)
●SHINGO(LEO ジム)
KO 2R0分50秒 

▼第2試合 SB日本フェザー級(57.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○笠原友希(シーザージム)
●手塚翔太(GONG-GYM 坂戸)
KO 1R1分15秒 

▼第3試合 63.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○未奈(秀晃道場)
●イェジン・ハン(韓国/TEAM MAXFC/Masan Team Star)
判定3-0 (30-27、30-26、30-26)

▼第4試合 SB日本ライト級(62.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○村田聖明(シーザージム)
●マサ佐藤(名護ムエタイスクール)
判定3-0(29-28、29-28、30-27)

▼第5試合 68.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R 
○宍戸大樹(シーザージム)
●喜入 衆(NEXT LEVEL渋谷)
KO 1R終了 

▼第6試合 SB日本女子ミニマム級(48.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○MIO(シーザージム/SB日本女子ミニマム級王者)
●TOMOMI(グラップリングシュートボクサーズ)
判定3-0 (三者とも30-28)
ここ最近、KO勝利から離れているMIO。でも、KOしないといけないって言われるのって、本当に大変よね。相手だってKOされないように戦ってくるし。ある意味、背水の陣のMIO。相手はグラップリングシュートボクサーズのTOMOMI。やっぱりMIO対策をしっかり練ってる。なかなか、自分の動きが出来ないMIO。でも試合はMIOが優勢だった。結果は3-0の判定勝利。試合後、リングに昨年のGirls S-CUP王者のイリアーナ・バレンティーノが登場して挨拶。二人の再戦、見たい! 

▼第7試合 SHOOTBOXING vs REBELS 対抗戦 先鋒戦 67.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●奥山貴大(ネックススポーツ/グラップリングシュートボクサーズ)
○UMA(K&K BOXING CLUB)
判定0-2 (29-29、29-30、28-30)

▼第8試合 SHOOTBOXING vs REBELS 対抗戦 次鋒戦 58.0kg エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R 
○笠原弘希(シーザージム)
●小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺)
判定3-0 (三者とも30-27)
SHOOTBOXING vs REBELSの対抗戦で私が注目したのはこの試合。笠原はシーザージムの生え抜きだし、今のシュートボクシングを体現している存在だからね。対するはONEチャンピオンシップにも参戦している小笠原裕典。かなりの強敵だわ。一進一退の攻防、笠原が1Rにシュートポイント取って、2Rにはダウンを奪取!会場は大盛り上がり!笠原はこの試合でまた一皮むけたと思う。

▼第9試合 SHOOTBOXING vs REBELS 対抗戦 副将戦 55.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R 
●植山征紀(龍生塾ファントム道場)
○小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)
判定0-3 (三者とも29-30)
植山はスピードスターの小笠原瑛作と対戦。小笠原、スピードスターの異名通り、速い!植山が分かっていても、なかなか蹴り足をさばけない。でも、植山は意に介さず、ガンガン前に来る。小笠原が自分の距離を作るけど、植山はそれをつぶしにかかる。なんか、闘牛みたい。植山の気迫がハンパない。手に汗握る攻防の中、逃げ切った小笠原に軍配。植山、負けた気してない表情。分かる。二人の再戦、私もみたい!小笠原の黒のロングスパッツ姿、ちょっと新鮮だった♪

▼第10試合 SHOOTBOXING vs REBELS 対抗戦 大将戦 65.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分3R延長無制限R
○西岡蓮太(龍生塾)
●不可思(クロスポイント吉祥寺)
判定3-0 (三者とも30-29)
対抗戦の大将戦は、シュートボクシングの〝renta″西岡が、日本のトップストライカーの不可思と対戦。シュートボクシングを観たことない人は、当然、不可思が勝つと思ったマッチメイク。でも、私はrentaの勝利を予想していたわ。rentaの目の良さ、カウンターの精度はハンパないから。 この試合はrentaの強さが爆発。不可思のゴリゴリくる圧力にそれが出来るって、この子はホンモノだわ!そして、〝ゴンタ″顔もいい!カウンターがヒットし、時折見せる〝ドヤ顔″。今回はたくさん出していた。判定でrentaが勝利。この大金星でさらに上に行ってほしい!

▼第11試合 66.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R 
●海人(TEAM F.O.D)
○チャド・コリンズ(オーストラリア/SITSONGPEENONG PHUKET)
判定0-3 (48-50、48-49、48-59)
メインはSBの頼れるエース、海人が登場。対戦相手のチャド・コリンズは不可思にも勝っているし、強豪って分かってても、皆、海人の勝利を信じてた。そう思ってたんだけど、、、コリンズが強い!海人、決して調子が悪そうには見えなかったんだけど、コリンズが先を行ってた。 コリンズのジャブがクリーンヒットする場面が何度もあり、こんな海人を見るのは初めて。『海人!ここは決めのヒジ!!』って心の中で叫んでたら、3Rにコリンズのヒジが海人の側頭部を切り裂く。えー、コリンズが決めちゃうの?でも、コリンズ、強い! 4Rと5Rの海人の巻き返しに期待したけど、むしろ、コリンズの圧力がさらに強まる。本当に強いよ、コリンズ!結果は判定で海人が負け。でも、この敗戦はきっと海人を強くしてくれるハズ。SBの歴代エースはここからの成長が凄かった。海人、SB魂を次戦で見せて~♪

SHOOT BOXIG Official Site