ストリートアートの絶対王者BANKSYのNY滞在記「BANKSY IN NEW YORK」

英ブリストルが生んだストリートアートの絶対王者BANKSY。そのBANKSYのニューヨークでの活動に完全密着した「BANKSY IN NEW YORK」。2014年にニューヨークのグラフィティライターのレイ・モックが出版した本書が日本語版として登場した。

BANKSYの1ヶ月間(2013年)のNYでの活動を追った記録であり、すでに撤去された作品も全て確認することが出来る。BANKSYは「Better Out Than In」というプロジェクトで、毎日NYのいたるところに出没し1日1作品作り続けた。

その作品の場所が特定されると、人々が写真を撮りまくり一気に拡散された。即座に買い手が現れて作品が持ち去られただけでなく、BANKSYに嫉妬(?)したストリートアーティスト達がBANKSYの作品の上にかタギングしたり、露店で本物の作品を破格値で販売するなどして話題となった。

banksyNY2banksyNY3

この露店での販売の一件は、BANKSY自身がWeb上でビデオを公開しており、セントラルパークの露店で作品は1点およそ60ドルで販売された。人々はまさか本物が売られているとは気づかず、そのまま通り過ぎていった。4時間後にようやく、1人の客が2点を60ドルに値切って購入し、その後ニュージーランド人の女性が2点を購入していった。
Banksy sells original work

オークションではいつも数十万ドルの値が付くBANKSYの作品だが、本人はどこ吹く風とばかりに、パレスチナのガザ地区にいくつかの作品を残したり

夢の国をディスった〈陰気なテーマパーク〉『Dismaland(ディズマランド)』を開園したり

昨年末にはフランスの都市カレーにある難民キャンプにスティーブ・ジョブズを難民風に描いた作品を描いて話題となった。
BANKSY5

BANKSY IN NEW YORK
¥ 2,376

banksyinNY

出版社: パルコ (2016/1/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 4865061606
ISBN-13: 978-4865061604
発売日: 2016/1/30

BANKSY IN NEW YORK バンクシー・イン・ニューヨーク