タフネスライカ誕生「ライカX-U」

ライカ初となる、防水・耐衝撃性能のアウトドアモデル「ライカX-U」が誕生した。水深15m以内での撮影を可能で、1.22mからの落下試験もクリアしている。1型より大きなイメージセンサーを持つ防水・耐衝撃カメラは他社を含めても初で、カメラ部分の仕様は同じTyp113を冠する「ライカX」をベースとしているとのこと。

leica-x-u9

有効1,620万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーで、35mm相当の「ライカ ズミルックスf1.7/23mm ASPH.」レンズを装備。距離指標付きのマニュアルフォーカスリング、3型液晶モニター、SDカードスロットなどを搭載する。もちろんフルHD動画記録にも対応。

leica-x-u10

上面の電源レバーやダイヤル類もライカXの操作系を継承し、背面も右手側のダイヤルが「+/-」ボタンになった以外は同様のボタン配置で、「UW」(Under Water Mode)がプラスされている。

leica-x-u5

上下カバーはアルミ製で、外装は弾性がありグリップ性に優れるというTPE素材を用いた。バッテリー/記録メディア室はダブルロック式。
水中モードでは画面上にシュノーケリングのアイコンが表示され、水中用のホワイトバランスと歪み補正機能を備えている。

leica-x-u7

leica-x-u8

内蔵ストロボはポップアップ式のライカXに対し、レンズ鏡筒先端への固定式となった。水深5m以上の場所では、ワイヤレスで発光する水中対応の外部ストロボを推奨し、バッテリーはBP-DC8。撮影可能枚数は約450枚。外形寸法は約140×79×88mm。重量はバッテリー込みで635g、本体のみで約600g。2月13日発売予定で、価格は432,000円(税込)。

leica-x-u6

出典 防水・耐衝撃のAPS-Cコンパクト「ライカX-U」 – デジカメ Watch

Leica X-U

X-U_Top_2400x1350_teaser-1200x675

Back_2400x1350_teaser-1200x675

Back_2400x1350_teaser-1200x675

Back_2400x1350_teaser-1200x675