新エース”海人の真価が問われる一戦! 9.16「SHOOT BOXING 2017 act.4」開催!

9月16日(金)東京・後楽園ホールにて開催される「SHOOT BOXING 2017 act.4」

SB日本ライト級1位・海人(TEAM F.O.D)が参戦、WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者の宮越慶二郎(拳粋会)と63.5㎏契約で対戦する。海人は6月のact.3でSB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭を1Rにヒジでカットに成功し、ドクターストップによるTKO勝ちを収めたばかり。現SBエースと言われた鈴木を破ったことで誰をが納得する形で新SBエースとなった海人だが、今回、超難敵と対戦することとなった。宮越はニンジャ・フットワークといわれる独特なステップから繰り出される手数を武器に、他団体のトップファイターたちから勝利を収め、海外のリングでも活躍するライト級のトップファイター。これまでにWBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王座を獲得し、日本でも数少ないWBCムエタイ世界タイトル獲得まであと一歩と迫っている。さらに、今回の一戦はヒジありが認められたSB特別ルール。新SBエースとして真価が問われるこの一戦を海人はクリアーすることが出来るか。

SB日本ライト級1位・海人(TEAM F.O.D)


WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者の宮越慶二郎(拳粋会)

そして、SB日本スーパーバンタム級タイトルマッチで王者・内藤大樹(ストライキングジムAres)が同級1位・植山征紀(ファントム道場)を挑戦者に迎えて2度目の防衛戦に臨む。両者は昨年11月のS-cupで対戦し、植山が2度のダウンを奪ったが、3Rに内藤が左フックで逆転KO勝ちし防衛に成功した。その後、二階級同時制覇を目標に掲げた内藤は二連勝し、今年6月、植山と同門のSB日本フェザー級王者・深田一樹に挑戦したものの判定0-2の僅差の判定で敗れてしまった。一方の植山は内藤へのリベンジを狙い、強打のパンチに磨きをかけてきた。約1年ぶりの再戦で内藤が返り討ちか、それとも植山が念願の王座奪取か。

SB日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹(ストライキングジムAres)


植山征紀(ファントム道場/同級1位/挑戦者)

そして、現在空位のSB日本スーパーフェザー級王座を懸けて同級1位・村田聖明(シーザージム)と同級2位・池上孝二(フォースクワッド)が激突する。村田は知る人ぞ知るシーザー武志会長の実の息子。無尽蔵のスタミナを誇り、ひたすら手数を出し続けるファイトスタイルで現在5連勝を誇る。一方、池上は2007年デビュー、30戦近いキャリアを持つベテラン選手。2012年6月に歌川暁文を相手に同王座決定戦に挑んだが、2RKO負け。再び巡ってきたタイトル挑戦に燃えている。最後にベルトを腰に巻くのは村田か、池上か。

村田聖明(シーザージム)


池上孝二(フォースクワッド/同級2位)

シーザージムの超新星でSB日本フェザー級1位の笠原弘希(シーザージム)がPhoenixx 祥梧(Muay Thai Phoenixx)と激突する。両者は昨年10月に対戦しており、それまでプロデビューから9戦無敗の快進撃を続けていた笠原を、祥梧が強打のパンチを浴びせて3度のダウンを奪ってTKOで葬った。あの屈辱的な一戦から笠原は祥梧へのリベンジを誓い猛練習に励み、現在3連勝中。因縁の相手を撃破し年内に予定されているタイトル戦につなぎたいところだ。

笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級1位)


Phoenixx 祥梧(Muay Thai Phoenixx/ISSHIN-キック 初代フライ級王者)

そして、SB日本スーパーウェルター級4位マツシマ タヨリ(シーザージム)は若き天才柔術家と言われ、MMAファイターとしても活躍するクレベル・コイケ(ボンサイ柔術) と対戦する。マツシマはパンクラスランカー、松嶋こよみの弟であり、SB中量級期待の新鋭。レスリングをベースとし、組めばどの体勢からでも危険な投げ技を連発し相手を破壊する。対するコイケは柔術の実績は十分にありながら、さらにMMAでは24勝4敗1分と好成績を誇る。2015年4月のSB参戦時には、MuayThaiOpenウェルター級王者・喜入衆をトリッキーな足技で翻弄し、最後に投げ技で戦闘不能に追い込みTKO勝ちしている。SBvs柔術の異種格闘技戦をマツシマはクリアーなるか。

マツシマ タヨリ(シーザー/SB日本スーパーウェルター級4位)


クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)

また、元SB日本スーパーウェルター級王者・坂本優起(シーザージム)が参戦、パク・ウィング・ヒョング(香港)と対戦する。パクは中国武術をバックボーンとするムエタイの選手で、旧K-1では尾崎圭司、サトルヴァシコバといった日本人ファイターとの対戦経験を持つ。初来日時は50戦以上の戦績のうち40勝以上は勝利しているという驚異の勝率で一躍話題となった。SB中量級エース、坂本は今年2月、北斗拳太郎に敗れ王座陥落。王座奪還ロードをひた走る中、難敵が立ち塞がる恰好となった。

坂本優起(シーザージム/元SB日本スーパーウェルター級王者)


パク・ウィング・ヒョング(香港)

「SHOOT BOXING 2017 act.4」

▼57.5㎏契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級1位)
vs
Phoenixx 祥梧(Muay Thai Phoenixx/ISSHIN-キック 初代フライ級王者)

▼69.0㎏契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
マツシマ タヨリ(シーザー/SB日本スーパーウェルター級4位)
vs
クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)

▼スーパーウェルター級(70.0㎏) エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
坂本優起(シーザージム/元SB日本スーパーウェルター級王者)
vs
パク・ウィング・ヒョング(香港)

▼SB日本スーパーバンタム級タイトルマッチ エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
内藤大樹(ストライキングジムAres/王者)
vs
植山征紀(ファントム道場/同級1位/挑戦者)

▼SB日本スーパーフェザー級王座決定戦 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
村田聖明(シーザージム/同級1位)
vs
池上孝二(フォースクワッド/同級2位)

▼SB特別ルール 63.5kg契約 ※ヒジ打ちあり
海人(TEAM F.O.D/SB日本ライト級1位)
vs
宮越慶二郎(拳粋会/WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者)
2017年9月16日(土)後楽園ホール
OPEN17:15/START17:30~
主催:一般社団法人シュートボクシング協会
認定シュートボクシングコミッション
運営:(株)シーザーインターナショナル
協力病院:格闘メディカル協会/東京警察病院/森川医院
衣装協力:BEAMS
チケット料金
RRS席/15,000円(パンフレット付)
RS席/10,000円
SS席/7,000円
A席/5,000円
B席/4,000円
※当日券は各¥500UP
☆U-18チケット(当日券のみ)
18歳以下のお客様に限り、当日券立見チケットを1,000円にて販売いたします(要身分証提示)。
販売所=後楽園ホール1F当日券売り場

【チケット販売】
シュートボクシング公式ネットショップ(http://shootboxing.org/shop/
チケットぴあ(http://t.pia.jp/
TEL0570-02-9999
ローソンチケット(http://l-tike.com/
TEL0570-084-003(24時間受付)
e+(http://eplus.jp/
後楽園ホール
TEL03-5800-9999
◆お問い合わせ:シュートボクシング協会
TEL03-3843-1212

SHOOTBOXING Official Site