全米を旅する音楽ドキュメンタリー映画 「アメリカン・ミュージック・ジャーニー」

一人のミュージシャンがアメリカ音楽のルーツを探り、新たな歌が出来るまでの軌跡を描いた、全米を旅する音楽ドキュメンタリー映画『アメリカン・ミュー ジック・ジャーニー』が、本日11 月16 日(金)よりイオンシネマ、新宿武蔵野館にて公開。


© VisitTheUSA.com

本作は、シンガーソングライターのアロー・ブラックが、歴 史のある多様な音楽スタイルを学ぶためにロサンゼルスを出発、ニューヨーク、シカゴ、ニューオーリンズ、マイアミなどアメリカ音楽が生まれた全米各地の街 を巡り、新たな歌を完成させていくストーリー。アローは、アメリカ音楽における最重要人物ともいえる二人のレジェンド、ルイ・アームストロング、エルヴィス・ プレスリーの足跡をたどり、「ジ・イン・クラウド」が全米で大ヒットを記録したジャズピアニストのラムゼイ・ルイス、全世界で1 億枚セールスを記録、7 度の グラミー賞受賞を誇るラテン・ポップの女王グロリア・エステファンなど名だたるミュージシとコラボレーションして作詞・ボーカルで参加した「Wake Me Up」 (2013)が100 ヶ国以上でヒットチャートの上位にランキングされミレニアル世代を中心に幅広い観客に支持される注目のアーティスト。


© VisitTheUSA.com

監督は、ドキ ュメンタリー映画の分野で名を馳せ、『THE LIVING SEA』(1995・原題)、『DOLPHINS』(2000・原題)と2 度のアカデミー賞短編ドキュメンタリー 賞にノミネートされた経歴を持つグレッグ・マクギリブレイ監督が務める。

アカデミー賞ノミネート経験のあるマクギリブレイ監督は「この映画を撮っているときに決断に迫られた。“一体何を見せたいの?” そこで、アメリカ文化の本質を探るためにリサーチプロジェクトを立ち上げたのです」と語る。リサーチを続けると、アメリカに世界各地から人々が集まり、多様な言葉と歌が行き交い、文化がぶつかり合うことでブルース、ジャズ、ロックンロールなどの、革新的な音楽が次々と生まれた事実に気づく。本作では念入りに調査したからこそ捉える事が出来た、アメリカ各地に溢れる“音楽”を楽しむ人々の様子が垣間見る事が出来る。本作をきっかけに様々な都市へと向かった、シンガーソングライターのアロー・ブラックは「これほどさまざまな文化、スタイルがこの豊かな土壌でひとつになっているのは驚きです」と、各地に広がる音楽のパワーに圧倒されたと言いう。

アローが巡った都市は“ジャズ”を世界に知らしめた男・ルイ・アームストロングが生まれた街・ニューオーリンズを皮切りに、”ロック”が生まれ、エルヴィス・プレスリーが住んでいた街・メンフィス、フロリダ半島の美しいビーチを持つマイアミには、サルサで全世界を熱狂させた“マイアミの女神”、グロリア・エステファンに会いに訪れる。シカゴでは、グラミー賞を3 回受賞した80 歳代のジャズ作曲家でありピアニストでもあるラムゼイ・ルイスとも対面。さらにフラッシュモブを楽しむ人々や、ビルの外壁を使いながら空中を飛び回るバンダループダンサーズ等、多様な音楽に触れる人々との出会いにより、新曲制作へのイマジネーションとして繋げていく。

アメリカン・ミュージック・ジャーニー

監督:グレッグ・マクギリブレイ/脚本:スティーヴン・ジャドソン/音楽: スティーブ・ウッド
【声の出演】高橋広樹(アロー・ブラック)、坂口芳貞(ナレーション)ほか
2018年/アメリカ映画/日本語吹替/40分/原題:America’s Musical Journey
【製作】マクギリヴレイ・フリーマン・フィルムズ
【提供】エクスペディア、ブランドUSA、エア・カナダ
【配給】さらい
11月16日(金)イオンシネマ、新宿武蔵野館ほか2週間限定公開

■公式サイト:http://americanmusicjourney.jp
■公式ツイッター:@AMJ_JP

※場面写真クレジット表記 = © VisitTheUSA.com