“ポストモダン・ブルース”を提唱する L.A.サラーミ、2ndアルバム「THE CITY OF BOOTMAKERS」リリース決定!

ジャンルの垣根を越えた自由で詩的な音楽スタイル=“ポストモダン・ブルース”を提唱する英国人シンガーソングライター、L.A.サラーミが、2016年のデビュー・アルバム『Dancing With Bad Grammar』に続く、2ndアルバム『The City Of Bookmakers』を来年4月13日にリリースする。今回の発表に合わせて、新曲「Generation L(ost)」が公開された。

ナイジェリアにルーツを持ち、リアン・ラ・ハヴァスのオープニング・アクトに抜擢されるなどし注目を集めると、2014年にはジェイク・バグやジェイムス・ベイもフィーチャーされたUKの登竜門的ショーケース「バーバリー・アコースティック」に選出。

2016年には、待望のデビュー・アルバム『Dancing With Bad Grammar』を、キティー・デイジー&ルイスを発掘し、デヴィッド・リンチの音楽作品をリリースするなど、ユニークな作品群で知られるレーベル〈Sunday Best〉からリリース。今年4月には、ビルボードライブ東京にて初の来日を果たしている。

City Of Bookmakers / L.A. Salami

TRACKLISTING
01. Sunrise (intro)
02. Generation L(ost)
03. Who’s Cursing Us Now?
04. Terrorism! (The Isis Crisis)
05. Brick Lane
06. I’ll Tell You Why
07. England Is Unwell
08. A Man; A Man Without Warning (certified)
09. You’re Better Off Alone
10. I Need Answers
11. Science + Buddhism = A Reality You Can Know
12. The Talisman On The Age Of Glass
13. What Is This?
14. Bonus Track – Jean Is Gone

label: SUNDAY BEST RECORDINGS
iTunes Store: http://apple.co/2BUTiCW
release date: 2018.04.13 FRI ON SALE