De La Soul’s NEW ALBUM by De La Soul

俳優としても活躍する人気ラッパーYasiin BeyことMos Defが引退を表明し年内にラスト・アルバムをリリースするという。Mos Defのキャリアは1989年にヒップホップ界にニュースクール時代の新風を巻き起こした「Native Tongues(ネイティブ・タン)」からスタートした。
Native Tongues1

「Native Tongues」とは、1980年代に主流だったヒップホップの「イカツイ」スタイルではなく、中流階級で育ち、会話形式のRapであまりスラングを使用しないスマートなヒップホップのグループ同士が集まった派閥だった。この「Native Tongues」は、Jungle Brothers、A Tribe Called Quest、De La SOULの三つのグループが中心となっていて、De La Soulのファーストアルバム「3 Feet High And Rising」からオールドスクールとニュースクールの線引きがされていった。
3_Feet_High_and_Rising

ヒップホップの歴史上重要なアルバムとなったDe La Soulのファーストアルバム「3 Feet High And Rising」はPrince Paulのプロデュースで制作され、ファンク、ソウル、エレクトロニカ、ジャズの要素を取り入れサンプリングに革命を起こし、ヒップホップファン以外の人々からも支持を得た。1991年にはセカンドアルバム「De La Soul Is Dead」をリリースし、2004年までに7枚のアルバムを制作している。2014年にはファーストアルバム「3 Feet High And Rising」の発売から25周年を記念してこれまでの全タイトルが公式サイトから25時間限定で無料ダンロード出来ると話題になっていた。その後もJ Dilla追悼の意を込めて彼のトラックにラップを乗せた「Vocabulary Spills」を公開し、ピートロックとDJプレミアとのコラボ作やニューアルバムのリリースの予定もあったが未だ発表されてはいない。

そんなDe La Soulは自らの手でアルバムをリリースすべく昨年クラウドファンディングサービス「Kickstarter」を使って制作資金を集めていた。先日もTLCが「Kickstarter」で支援金を募りアルバム制作に入ったことをお伝えしたが(『TLC』is Back!)De La Soulは目標金額11万ドルをわずか24時間でクリアし、最終的に60万ドル以上の支援を得た。ゲスト・アーティストにはラッパーのトゥー・チェインズ、ブラ―/ゴリラズのデーモン・アルバーン、エレクトロ・ポップ・バンドのリトル・ドラゴン、さらにトーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンを迎える予定だという。

Kickstarter」はプロジェクトを支援する場であり商品を注文する場ではないというスタンスで、クリエイターと資金提供者が共にモノ作りを行う場所であるため、多くのファン(=資金提供者)の支持があるアーティストにとって「制作」する上で新たな役割を果たすステージといえよう。

De La Soul’s NEW ALBUM
De La Soul Official Site