波乱!対、世界。「DEEP CAGE IMPACT 2016 〜DEEP VS WSOF-GC〜」Pt.1

12月17日(土)東京・ディファ有明にて開催されたDEEP本年度最終大会「DEEP CAGE IMPACT 2016 〜DEEP VS WSOF-GC〜」。
アメリカの提携団体であるWSOF-GCのタイトル戦として現DEEPバンタム級王者大塚とブラジルの強豪フェルナンド・ヴィエイラが行われる予定だったが、フェルナンド・ヴィエイラが前日計量で3.3kgオーバーという失態を犯し、再計量に現れず逃亡するという波乱が起きた。しかし、中村優作とローレンス・ディグリオのタイトル戦は激闘の接戦となり、メインイベントのDEEPフェザー級王座決定戦長倉立尚対今成正和、10月の後楽園大会から開幕したウェルター級GP一回戦の残り1枠の吉田善行対片平”なぎさ”吉幸、UFC帰りの金原正徳が2年半振りにDEEPに参戦し、全18試合(17試合試合不成立によりエキシビションマッチ含む)7時間オーバーのロングラン興行となった。

この模様をMMA Journalではおなじみとなった、HIROKO (A-bonD Japan)さんのリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!

© All Photo by Xesanat Text by Hiroko(A-bonD Japan)


MMA Journal読者の皆様、こんにちは。二児のママでフルコン空手黒帯のHIROKOです。12.17(土)東京・ディファ有明で行われた「DEEP CAGE IMPACT 2016~DEEP VS WSOF-GC~」に行って参りました!

2017年最後のDEEPはディファで金網!お目当ての選手だけでなく、新旧交代マッチ、WSOF-GCと国際対抗戦、タイトルマッチ、、、まさに「格闘技のおもちゃ箱」♪♪

▼第1試合 DEEPフライ級(56.7kg以下)
○高橋 誠(パラエストラ松戸)
判定3-0
●丸岡拓也(INFIGHT JAPAN)
dcda-1

▼第2試合 DEEPフライ級(56.7kg以下)
○石神保貴(和術慧舟會東京道場)
反則勝ち 1R終了時
●鮎田直人(CAVE)
※グラウンド状態の石神の頭部を鮎田が蹴り反則裁定
dcda-2

▼第3試合 DEEPバンタム級(61.2kg以下)
○窪田泰斗(KIBAマーシャツアーツクラブ)
判定3-0
●城田和秀 (足利ファイトクラブ)
dcda-3

▼第4試合 DEEPフェザー級(65.8kg以下)
○高橋孝徳(和術慧舟會AKZA)
判定2-0
●勝木星太(蒼天塾横浜)
dcda-4

▼第5試合 DEEPバンタム級(61.2kg以下)
○小林博幸(T-BLOOD)
判定2-0
●ハシャーンフヒト(NEX)
dcda-5

▼第6試合 DEEPメガトン級
○シビサイ頌真(Honey Trap)
TKO 1R 41秒 ※パウンド連打によりレフェリーストップ
●酒井リヨウ(パラエストラ松戸)
この試合はパウンドでの秒殺劇。メガトン級(ってデカイ!!笑)は、パンチ一発で勝負が決まるのね。シビサイ選手はそれだけじゃなく、相手が効いたの見逃さず詰めて仕留めてたんで、その野生な闘いに私は興奮したわー♪
dcda-6

▼第7試合 DEEPライト級(70.3kg以下)
○LUIZ(禅道会)
判定3-0
●我妻慎太郎(スタートゲートスポーツジム)
お目当ての選手、ルイスが登場!お目当ての理由は、空手繋がりもそうなんですが、初めてのDEEP観戦でルイス選手の試合もみて、そのワイルドっぷりに虜になりました。あと、私の兄にも似てるんです。(≧∇≦) 対戦相手の我妻選手はアウトサイダーから初参戦で入場も声援もイケイケ。ケージインしてから、UFCのコナー・マクレガーの動きやってた!(≧∇≦) 試合は圧をかけてく我妻に対し、ルイスがギロチンチョークのカウンター。決まった?決まってない?って、フロントチョークはもうハラハラドキドキするー。DEEP門番のルイス勝利でワタシのテンションあがるー!!
dcda-7

▼第8試合 DEEPバンタム級(61.2kg以下)
○ソン・ジンス(KOREAN ZOMBIE MMA/本宮塾)
TKO 2R 2分40秒 ※出血によりドクターストップ
●遠藤大翼(和術慧舟會IGGY HAND’S GYM)
この試合、興味あったんです。最近、日本だけでなく、アジア各国でもMMAブーム。その中でも韓国の選手はUFCとか色んなプロモーションで活躍してるでしょ。だから、この選手もどんな戦いを見せるのかなーって。
そしたら、動きは積極的でアグレッシブ!グラウンドに入っても、パス取りに行くとか、決めに行くよりパウンド!フィニッシュはヒジで遠藤選手の額をカット!ツヨイ!技術、体力、メンタルのバランスもよいけど、やっぱり、あのアグレッシブさはメンタルから来てるなー。覚えておきたい選手、ソン・ジンス!にしても、ヒジ、やっぱりヤバイ!
dcda-8

▼第9試合 DEEPライト級(70.3kg以下)
○江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)
判定3-0
●岩瀬茂俊(T-BLOOD)
dcda-9

▼第10試合 DEEPストロー級(52.2kg以下)
○ランボー宏輔(パラエストラ松戸)
判定3-0
●石綱テツオ(ISHITSUNA MMA GYM)
ワタシ、ランボーの入場大好きなんです。ランボー劇場、今回もやってくれました。(≧∇≦) 試合はベテランの安定さを見せて、危なげない勝利。勝利コメントの「エイドリアーン!」笑えました。(≧∇≦)
dcda-10

▼第11試合 DEEPバンタム級(61.2kg以下)
○釜谷 真(Honey Trap)
一本 1R 3分32秒 ※フロントチョーク
●キム・ソンジェ(CMA KOREA/亀尾異種格闘技ジム)
スピード、アグレッシブ、決め、三拍子揃った釜谷選手。相手の韓国の選手も同じタイプだったから、試合が噛み合う! スピーディーな展開の中、釜谷選手がギロチン葬!今日はギロチン、多し!(≧∇≦)
dcda-11

▼第12試合 DEEPバンタム級(61.2kg以下)
○金原正徳(リバーサルジム 立川 ALPHA)
TKO 1R 30秒 ※ドクターストップ
●チャーリー・アランツ(Spike 22/kimekai)
元UFCファイターの金原選手が登場!突然の対戦相手の変更も、様子見することなく、いきなりの秒殺!!貫禄の一言!
試合後のマイクで、引退を考えてたって話してたけど、まだまだ見たいわー。
黄色の柔術着、気になる!(≧∇≦)
dcda-12

Pt.2へ続く

DEEP 2001 Official Site