メタルロック対ハードロック! 女子格ロック魂「DEEP JEWELS 12」

6月5日(日)東京・新宿FACEで開催された「DEEP JEWELS 12」はV.V Meiが返上したDEEP JEWELSアトム級のタイトルを賭けて富松恵美とスギロックが女子格の”ロック魂”を魅せつけ、”美しすぎる女子格闘家”長野美香がグラップリングルールで復帰し向奈都美と対戦、さらにTeam DATE軍団が再襲来し、華 DATEが石岡沙織と対戦した。この模様を前回の「DEEP JEWELS 11」のリポート『女子格、白熱。「DEEP JEWELS 11」』に引き続き、HIROKO (A-bonD Japan)さんのリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!


MMA Journal読者の皆様、こんにちは。二児のママでフルコン空手黒帯のHIROKOです。
6月5日、新宿FACEで行われた「DEEP JEWELS 12」に行ってきました。
まだまだJEWELSビギナーのワタシですが、今大会を表現すると、ばーん!!「女性の底ヂカラ」(ん?決まった、かな?笑)ワタシ自身も格闘技をやっててたまに思うのですが、最後の踏ん張りが強いのは、もしかして、男性より女性なのかもって。

DEEP JEWELSアトム級 3分2R パウンド無し
×三阪あゆみ(BRAVE)
○華連DATE(Team DATE)
2R 2’56” TKO
JEWELS12-1

DEEP JEWELSアトム級 5分2R
○桐生祐子(BRAVE)
×真理 DATE(Team DATE)
判定3-0
JEWELS12-2

DEEP JEWELSストロー級 5分2R
○前澤智(リバーサルジム 立川 ALPHA)
×華麗 DATE(Team DATE)
1R 2’3″ TKO
JEWELS12-3

DEEP JEWELSアトム級  5分2R
○黒部三奈(マスタージャパン)
×蓮珠 DATE(Team DATE)
1R 1’29” TKO
JEWELS12-4

DEEP JEWELSストロー級 グラップリングルール4分2R
×長野美香(CORE王子豊島)
○向奈都美(マスタージャパン)
判定1-2
JEWELS12-5

DEEP JEWELS 54kg以下 5分2R
×アミバ(AACC)
○法 DATE(Team DATE)
判定0-3
JEWELS12-6

DEEP JEWELSアトム級5分3R(肘有り)
○石岡沙織(禅道会)
×華 DATE(Team DATE)
1R 4’39” 腕十字
JEWELS12-7

今大会のメインカードは、第4代DEEP JEWELSアトム級王者決定戦。前回大会で石岡沙織を破った団体エースの富松恵美の2階級制覇に、ワタシは注目してたんですが、結果は、試合をコントロールしたスギロックが勝利。ベルトを手にしました。
前回の石岡戦で団体エースの戦いぶりが素晴らしかっただけに、富松選手の勝利は揺るがないと勝手に思っていたワタシですが、スギロック選手、ツヨイ!!本当ビギナーで恐縮なんですが、スギロック選手、プロデビューから8連勝してJEWELSフェザー級王者に。でも、そこから負けが続いて、ケガにも泣かされて。で、長期休養した後、昨年末に復帰してたんですね。

こうやって戦歴や流れをみると、もしかして勝手な想像ですが、後がないと感じながら闘ったのはスギロック選手の方なのかもしれません。「底ヂカラ」をより引き出した方が、今回の勝利者になったのかなっと思いました。
となると、次戦からの富松選手の巻き返しに大注目です!!富松選手の「底ヂカラ」みたい!!「光」も「闇」も全てをチカラに変えてそうで、本当にヤバそう。(笑) 今度、その辺りを本人に直接お聞きしたいなぁ~♪

DEEP JEWELSアトム級王者決定戦 5分3R
×富松恵美(パラエストラ松戸)
○スギロック(和術慧舟會AKZA)
判定0-3
JEWELS12-8

JEWELSの「底ヂカラ」と言うと、石岡選手は華DATEに1本勝ち。復帰後初勝利で歓喜の涙を見せてくれました。そして、業界で話題となっている謎の多い「チームDATE」。今回は、12歳(!?)の華蓮 DATEがデビュー戦でTKO勝利。白星は飾れませんでしたが、グラップリングルールで出産後初のリングに上がった長野美香。実際間近で見て、やはり、美しスギル!!
今大会も、各選手が本当にキラキラと輝いてました。2016年、女子格、JEWELS、目が離せない!!

DEEP JEWELS Official Site