写真家ロバート・フランク、その人生とは? 『Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代』

©Photo of Robert Frank by Lisa Rinzler, copyright Assemblage Films LLC

昨年、東京藝術大学大学美術館 陳列館にて「Robert Frank: Books and Films, 1947-2016」が開催され話題となった写真界の巨匠ロバート・フランク。

世界で最も有名な写真集「The Americans/アメリカンズ」で知られ、昨年11月9日に92歳を迎えたロバート・フランクの、いま初めて語られる伝説の素顔が描かれたドキュメンタリー『Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代』が4月29日(土・祝)より公開される。

1sub_DontBlink-RobertFrank_RobertFrank_byLisaRinzler
©Photo of Robert Frank by Lisa Rinzler, copyright Assemblage Films LLC

写真界の巨匠として、国際的にその名を知られているロバート・フランク。ジャック・ケルアックの序文で飾られる1958年出版の写真集「The Americans」は、60年代以降のアメリカの写真・アート界に大きな衝撃を与えた。本作はそんなロバート・フランクの人生と彼が見つめた時代を、膨大で貴重な写真や映像とともに、フランクとともに旅をするように綴ったドキュメンタリーだ。

2sub_Don't Blink_RobertFrank_RobertFrank_byEdLachman
©Photo of Robert Frank by Lisa Rinzler, copyright Assemblage Films LLC

1924年11月9日、スイスのチューリッヒに生まれ、1947年に単身渡米。自作のポートフォリオが認められて「ハーパーズ バザー」や「ヴォーグ」でファッション写真、「フォーチュン」等でフォトジャーナリズム作品を発表。1955年にグッゲンハイム財団の奨学金を受けて、アメリカ全土を旅して撮影を行う。
その集大成として1958年にフランスで出版したのが「Les Americains」であり、翌年にはアメリカでも「The Americans」として出版された。
1960年代からは映画にも活動の幅を広げ、アレン・ギンズバーグを始めとするビートニクの作家たちを映した『プル・マイ・デイジー』(1959)、ローリング・ストーンズの北米ツアーに同行した『コックサッカー・ブルース』(1972)、トム・ウェイツやジョー・ストラマーも出演した『キャンディ・マウンテン』(1987)などを監督。

3sub_DontBlink-RobertFrank_RobertFrankandJuneLeaf_byRobertFrank©Photo of Robert Frank and June Leaf by Robert Frank, copyright Robert Frank

「The Americans」が撮影された50年代のアメリカは、中流階級が急増し、「アイ・ラブ・ルーシー」等のTV番組がヒットしたアメリカ的価値観の黄金時代と言われる一方で、マッカーシズム、公民権運動、ビート世代、そして米ソの緊張関係と政治と文化が大きく揺れた時代でもあった。翻って2016年、大統領選挙で激しく揺れるアメリカの価値観が再び炙り出された。アメリカが抱える不安や怒りは一体何か? アメリカは何処へ向かうのか? そのヒントを求めて 50 年代以降のアメリカを振り返る空気がいま流れ始め、本作でもその楽曲が使用されているボブ・ディランの歌詞がノーベル文学賞を受賞し改めて注目されているのも、その一事例だと言われている。

4sub_DontBlink_RobertFrank_RobertFrank_byLisaRinzler
©Photo of Robert Frank by Lisa Rinzler, copyright Assemblage Films LLC

写真や映像だけでなく様々なヴィジュアルの表現方法に挑戦し、ローリング・ストーンズやボブ・ディラン、パティ・スミスといった錚々たるアーティスト達に影響を与え、そのチャーミングな人柄も敬愛されるロバート・フランク。彼らに共通するのは、老齢を迎えた彼のレガシー(遺産)を残そうという想い。数々の貴重な映像や各時代の空気を伝える豪華な音楽を収録した本作は、そんな彼らの協力で実現した奇跡的なレガシー・プロジェクトといえる。

5sub_DontBlink_RobertFrank_Robert Frank_byLisaRinzler
©Photo of Robert Frank by Lisa Rinzler, copyright Assemblage Films LLC

写真界で成功をおさめ巨匠となったが、これまでプライベートな部分が語られたことは少なく、本作ではロバート・フランク自身の人生や彼が辿ってきた時代を、膨大な写真や映像の数々と共に振り返っている。

表面FLYER 見本

『Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代』

(原題『DON’T BLINK – ROBERT FRANK』)
2015年/アメリカ・フランス/82分/モノクロ・カラー/DCP
監督: ローラ・イスラエル
撮影: リサ・リンズラー、 エド・ラックマン
編集:アレックス・ビンガム
音楽プロデューサー:ハル・ウィルナー
参加アーティスト:ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ローリング・ストーンズ、トム・ウェイツ、パティ・スミス、ヨ・ラ・テンゴ、ミィコンズ、ニュー・オーダー、チャールズ・ミンガス、ボブ・ディラン、ザ・キルズ、ナタリー・マクマスター、ジョセフ・アーサー、ジョニー・サンダース、ザ・ホワイト・ストライプス
協力:ジューン・リーフ、ゲルハルト・シュタイデル、トム・ジャームッシュ、シド・キャプランほか
2017年4月GWより、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開

映画『Don’t Blink ロバート・フランクの写した時代』Official Site


Bunkamuraザ・ミュージアムでは、ロバート・フランクとともにニューヨークを代表する写真家ソール・ライターの日本初となる回顧展も同時開催決定。

「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」

会期:2017年4/29(土・祝)~6/25(日)予定/会場:Bunkamura ザ・ミュージアム