巌流島 世界武術王決定戦 2019 in MAIHAMA – 序幕 –

令和はオリンピックとニッポンの武道を世界に発信する時代だ!

元K-1プロデューサーの⾕川貞治がファンとSNS上で議論して作ったのが「巌流島」。そのコンセプトは「平成時代にブームを巻き起こしたK-1やPRIDEの復興は難しい。もう⼀度、⽇本の格闘技が世界に⼤きな影響を与えるには新しいコンセプトが必要! 」。それが、⽇本が世界に誇れる「武道」の精神と「武術」を哲学することだった。

そこで2015年からスタートした「巌流島」は、まずセネガル相撲や喧嘩フットボール、カポエイラ、モンゴル相撲、クラブマガと⾔った世界のまだ⾒ぬ未知の格闘技を集めて、全試合異種格闘技戦を打ち出して実験的に試合を⾏いながらルールを確⽴。そこには⽥村潔司や渡辺⼀久、マイティ・モーといった平成時代のブームを作ったスターたちも参戦した。
巌流島の第2ステージは、菊野克紀や⼩⾒川道⼤といった本格的な武道家の参戦である。沖縄拳法空⼿を学ぶ菊野や、巴投げの⼩⾒川の活躍によって、武術の奥深さをますます⽬の当たりにするようになった。この⼆⼈によって、巌流島の闘い⽅も⾒えてくるようになった。
そして、時代は平成から令和へ。令和の最初のお祭りは、⾔うまでもな「2020年東京オリンピック」。世界がニッポンに注⽬する中で、アピールしたいのは武道精神ではないだろうか。プロレス→UWF→K-1・PRIDEの次に来るものとして、巌流島では「武術」「武道」をキーワードに、ニッポンの素晴らしさを世界にアピールするのが使命。そのため、「巌流島」では今後、2020年のオリンピックイヤーに向けて、「世界武術王決定戦」と銘打ち、世界中の未知の格闘技・武術を集めて、武術・武道のオリンピックを開催し、新しい形の武術世界王者を決めていこうと考えています。5・11巌流島はさすがに時間がないが、「序幕」として巌流島の第3ステージに突⼊していく。
今回はお祭り的に7試合前後を⾏い、さらにオリンピックともコラボしたエキシビジョンも⾏う予定。

シビサイ頌真(倉本流武術)vs 鈴川真一(大相撲)

巌流島無敗対決! 伝説の武術家に学ぶ超新星vs猪木イズムを継承する闘魂力士

西浦ウィッキー聡生(修斗) vs 原翔大(実戦空手)

クレイジー・モンキーが本格参戦! 陰キャラ王子と激突!

冨岡雅人(ボディガード) vs 小龍DATE(インド王族武術)

現役ボディガード初登場! インド王族武術のドラゴンと対決!

巌流島 世界武術王決定戦 2019 inMAIHAMA – 序幕 –

日時:2019年5月11日(土) 開場14:00 開始15:00
会場:舞浜アンフィシアター
出場選手:シビサイ頌真、鈴川真一、西浦ウィッキー聡生、原翔大、冨岡雅人、小龍DATE、ほか

巌流島Official Site