歌だけがわたしを輝かせる 「ダリダ〜あまい囁き〜」

その美貌と歌声に、すべてのフランス女性が憧れ、すべてのフランス男性が恋をした—
60年代フランス。ミス・エジプトに輝いた美貌とそのエキゾチックな歌声で、フランス全土に社会現象を起こし、一躍スターとなったダリダ。

ゴールドディスクを受賞し、歌手としての成功を掴んだが、私生活では数々の恋愛に悩み、愛する人との幸せな家庭に憧れ続けていた—。出会いと別れに傷つきながらも、その経験を歌にして、ステージの上で輝き続けるダリダ。愛に向かって生きた激しく、哀しく、美しい54年の生涯に、誰もが魅了される!

「あまい囁き」、「18歳の彼」など日本でもカバーされたヒット曲に秘められた切ない物語。
“パローレ パローレ”のフレーズで日本でも大ヒットしたアラン・ドロンとのデュエット「あまい囁き」や、年下の恋人との恋愛を綴った「18歳の彼」、「べサメ・ムーチョ」など、自由奔放な恋愛が赤裸々に歌われている。

一方で、「わたしは病んでいるの」と、苦しい胸の内を歌った曲もある。ダリダの歌には喜びも悲しみもすべてがあり、人生とは何かをわたしたちに教えてくれる。時代を超えてもなお、観る人の心に響くその強く美しい生き様を、モデル出身で映画初主演のイタリア人女優スヴェヴァ・アルヴィティが見事に演じきっている。60年代〜70年代の洗練されたファッションと、華やかなステージも必見!!

ダリダ〜あまい囁き〜

原題・英題;DALIDA
出演:スヴェヴァ・アルヴィティ、リッカルド・スカマルチョ、ジャン=ポール・ルーヴ、ニコラ・デュヴォシェル、アレッサンドロ・ボルギ、ヴァンサン・ペレーズ、パトリック・ティムシット
監督、脚本:リサ・アズエロス
音楽:ジャンヌ・トレリュ、ヤコ・ズィジストラ
衣装デザイン:エマニュエル・ユチノフスキー
製作指揮:フィリップ・グエス
プロデューサー:ジュリアン・マドン、リサ・アズエロス、ジェローム・セドゥ
2017年/フランス/127分/原題『DALIDA』/字幕翻訳:星加久実
©2017 BETHSABEE MUCHO- PATHE PRODUCTION-TF1 FILMS PRODUCTION-JOUROR CINEMA
5月19日(土) 角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー