生きてるってこと、忘れてた。映画『ヒップスター』

地元でファンを増やしつつある、1人の若きシンガーソングライター。無気力な日々を送る彼のもとへ、ある日、父親が3人の妹を連れてやってくる――母の遺灰を撒くために。この再会をきっかけに、若者はオハイオに置き忘れてきた過去の自分を思い出し、別人のようになった今の自分と向き合っていく…。

sub1_hipster(c) 2012 Uncle Freddy Productions LLC

サンディエゴのインディミュージック/アートシーンを舞台に、悲劇に直面してもなお、クリエイティブであろうとするアーティストの姿を描いたヒューマンドラマ。「ショート・ターム」で人気を博したジョエル・P・ウェストのオリジナル曲の演奏シーンも聴きどころだ。

sub2_hipster

本作は、じんわりと心温まるストーリーが口コミとなり、日本でも異例の大ヒットとなった映画 『ショート・ターム』の生みの親、デスティン・D・クレットン監督のデビュー作品であり、ロバート・レッドフォードが主催する米最大の映画祭、サンダンス映画祭に正式出品された映画で、予告編は、アメリカ・サンディエゴの西海岸の街並みを美しく描き、主人公である人気シンガーのブルック・ハイド(ドミニク・ボガート)のノスタルジックな歌声が印象的なムービーに仕上がっている。

「なぜ歌うのか?」その答えを探し、アーティストとしての葛藤にもがくブルック。彼を誇りに思う親友や、母の遺灰を撒くために再会した家族との心の触れ合いを通じて、今の自分自身と向き合い、生きているということに気づいていく。

sub3_hipster(c) 2012 Uncle Freddy Productions LLC

sub4_hipster(c) 2012 Uncle Freddy Productions LLC

悲劇に直面してもなお、クリエイティブであろうとするアーティストの姿を描いた、人の優しさに触れるヒューマンドラマ映画『ヒップスター』は2016年7月30日(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開!

映画『ヒップスター』

監督・脚本:デスティン・ダニエル・クレットン
出演: ドミニク・ボガート、アルバロ・オーランド
配給:ピクチャーズデプト
©2012 Uncle Freddy Productions LLC.
配給協力:アークエンタテインメント 2011年/アメリカ/英語/日本語字幕/91分/DCP/カラー/ステレオ/アメリカンビスタ
2016年7月30日(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開!

『ヒップスター』公式HP・SNS
・HP: http://hipsterjp.com/
・Twitter :@hipster_JP
・Facebook: https://www.facebook.com/hipster.movie.jp
・Instagram: hipster_official_jp