「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展が東京都写真美術館にて開催

東京都写真美術館がリニューアル・オープン/総合開館20周年記念として「杉本博司ロスト・ヒューマン」展を開催する。
杉本博司は1970年代からニューヨークを拠点とし、〈ジオラマ〉〈劇場〉〈海景〉などの大型カメラを用いた精緻な写真表現で国際的に高い評価を得ているアーティスト。近年は歴史をテーマにした論考に基づく展覧会や、国内外の建築作品を手がけるなど、現代美術や建築、デザイン界等にも多大な影響を与えている。

本展覧会では人類と文明の終焉という壮大なテーマを掲げ、世界初発表となる新シリーズ<廃墟劇場>に加え、本邦初公開<今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない>、新インスタレーション<仏の海>の3シリーズを2フロアに渡って展示し、作家の世界観、歴史観に迫る。

展覧会は文明が終わる33のシナリオから始まる「今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない」という杉本自身のテキストを携え、≪理想主義者≫≪比較宗教学者≫≪宇宙物理学者≫などの遺物と化した歴史や文明についてのインスタレーションを巡り歩く。これは2014年パレ・ド・トーキョー (パリ)で発表し、好評を博した展覧会を東京ヴァージョンとして新たに制作したもので、自身の作品や蒐集した古美術、化石、書籍、歴史的資料等から構成されます。物語は空想めいていて、時に滑稽ですらあるが、展示物の背負った歴史や背景に気づいた時、私たちがつくりあげてきた文明や認識、現代社会を再考せざるを得なくなるだろう。

そして、本展覧会で世界初公開となる写真作品<廃墟劇場>を発表。これは1970年代から制作している<劇場>が発展した新シリーズで、経済のダメージ、映画鑑賞環境の激変などから廃墟と化したアメリカ各地の劇場で、作家自らスクリーンを張り直して映画を投影し、上映一本分の光量で長時間露光した作品。8×10大型カメラと精度の高いプリント技術によって、朽ち果てていく華やかな室内装飾の隅々までが目前に迫り、この空間が経てきた歴史が密度の高い静謐な時となって甦る。鮮烈なまでに白く輝くスクリーンは、実は無数の物語の集積であり、写真は時間と光による記録物であるということを改めて気づかせてくれるこれらの作品によって、私たちの意識は文明や歴史の枠組みを超え、時間という概念そのものへと導かれます。その考察は、シリーズ<仏の海>でさらなる深みへ、浄土の世界へと到達する。<仏の海>は10年以上にわたり作家が取り組んできた、京都 蓮華王院本堂 (通称、三十三間堂)の千手観音を撮影した作品です。平安末期、末法と呼ばれた時代に建立された仏の姿が、時を超えていま、新インスタレーションとなって甦る。

人類と文明が遺物となってしまわないために、その行方について、杉本博司の最新作と共に再考する貴重な機会だ。

【リニューアル情報】
東京都写真美術館
愛称:トップミュージアム(TOP MUSEUM)
住所:東京都目黒区三田1-13-3

リニューアル・オープン 総合開館20周年記念
「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展

会期:2016年9月3日(土)~11月13日(日)
会場:東京都写真美術館2階・3階展示室
開館時間:10:00~18:00(木・金は20:00まで) 入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)
観覧料:一般1000(800)円、学生800(640)円、中高生・65歳以上700(560)円
※()内は団体料金。

東京都写真美術館 Official SIte