残酷な真実、衝撃の史実。映画「ヒトラーの忘れもの」

ナチス・ドイツが白い浜辺に遺したのは地雷だけだったのかー?
デンマークの美しい砂の下に封印されていた残酷な真実を、衝撃の史実に基づき映画化!

top2

1945年5月、デンマーク。ナチス・ドイツ降伏のあと、ドイツ軍が海岸線に埋めた地雷撤去のため、捕虜のドイツ兵たちが駆り出されたが、その多くが10代の少年兵たちだった。彼らは爆弾処理の最低限の訓練しか受けないまま、 200万個の地雷処理のためにデンマーク西海岸へと送られる。

lom-main

lom-sub1

lom-sub2

そこで彼らを迎えたデンマーク軍軍曹ラスムスンは、5年間に及ぶ残忍な侵略を受け、ドイツ人たちを憎悪し、罰してやろうと、少年兵たちに食べ物も与えず、地雷を探させるため毎日浜辺に向かわせていた。しかし、一人、また一人と撤去失敗や誤爆によって目の前で死んでいく年若い少年兵たちを見るうちに、ラスムスンは葛藤を感じるようになる…。

lom-sub3

歴史上の事実でありながら、デンマーク国内でもほとんど知られていなかった悲劇を題材にした本作は、デンマークのアカデミー賞にあたるロバート賞で作品賞や監督賞を含む最多6部門を受賞。さらに第28回東京国際映画祭で最優秀男優賞<ローラン・ムラ/ルイス・ホフマン>を受賞するなど、世界各国で絶賛を博したヒューマン・ドラマである。

lom-sub6

lom-sub7

舞台となる海岸は実際に地雷が埋められていた場所で撮影され、映像の美しさと、スリリングな物語というコントラストで観客を惹きつける。また、ほとんど演技経験のない新人俳優たちのみずみずしい存在感が本作に眩しいほどのバイタリティーを吹き込んでいる。

lom-sub9

ガホンを取ったのは長編映画3作目となるマーチン・サントフリート監督。次回作にジャレット・レト、浅野忠信を迎え、第二次大戦後の日本のヤクザ社会に身を投じるアメリカ人兵士の運命を描く『The Outsider(原題)』が控える注目の新鋭である。

lom_posterf

<第28回東京国際映画祭最優秀男優賞受賞>(ローラン・ムラ/ルイス・ホフマン)

映画「ヒトラーの忘れもの」

■脚本・監督:マーチン・サントフリート
■出演:ローラン・ムラ、ミゲル・ボー・フルスゴー、ルイス・ホフマン
原題:LAND OF MINE/2015年/デンマーク・ドイツ/101分/5.1ch/シネマスコープ/ドイツ語・デンマーク語・英語/字幕翻訳:吉川美奈子
© 2013 Free Range Films Limited/ The British Film Institute / Curzon Film Rights 2 and Channel Four Television Corporation.

12月、シネスイッチ銀座他全国順次ロードショー

映画「ヒトラーの忘れもの」Official Site