ヒジあり、頭突きあり、グローブなし、タイムあり。 それがミャンマーの国技「ラウェイ」

2016年10月27日、東京・後楽園ホールで開催された、ミャンマー国技・ラウェイ。日本ではビルマ拳法、バンドー空手、ムエ・カチューア、などの名前で知られる立ち技格闘技であり、ムエタイとの大きな違いは、拳にはグローブを着用せずバンテージのみで、頭突き、金的が認められている、地上最も過激な格闘技と言われている。メインイベントでは”ミャンマーの英雄”80㎏級王者トゥン・トゥン・ミンが、オセアニアの強豪、アデム・フェニックスジムを5R・TKOにて撃破。ラウェイの牙城が守られ、会場は大歓声に包まれ、出場選手が対戦相手を敬う姿勢やミャンマー直輸入の演出など、国技としての崇高な精神性や歴史を存分に感じさせる大会となった。

2017年2月16日(木)にミャンマー・ラウェイの第2回大会、『バガン遺跡群復興支援 ラウェイ in Japan 2~LEGACY~』が第1回と同様、東京・後楽園ホールで開催され、全6試合中5試合がミャンマーVS日本の対抗戦となり、結果こそミャンマー側の3勝2分けとなったが、結果だけにとどまらない感動の瞬間を1800人超満員札止めの観衆が体験した。

2017年4月18日には『バガン遺跡群復興支援チャリティー Lethwei (ラウェイ) in Japan 3 ~GRIT~』が開催され、2017年6月16日に、TDC(東京ドームシティ)ホールでの開催が決定した!


ニルムコーン・スッサコーンジム(タイ国)
「デーブレダックの対戦相手を募集していると聞いて、僕の出番かなと思い対戦を希望しました。ライェイルールは初めてですが、判定なし、頭突きありなど含め特に気になるところはありません。日本で勝てば僕も今よりは有名になれると思うのでKO勝利だけ狙います。よろしくお願いします。」

 

 バガン遺跡群復興支援チャリティー
LETHWEI IN JAPAN IV – FRONTIER –
ラウェイ・イン・ジャパン 4 ~フロンティア~

第1試合 (60kg契約)3分4ラウンド 判定なし
BAKI(SHIROI DREAM BOX:バックボーン非公開) VS チャー・バー・ヘイン(ミャンマー)

第2試合 女子ラウェイ (61kg契約) 3分3ラウンド 判定なし
ユリア・ストリアレンコ(SEI☆ZA:リトアニア) VS ス・ライ・ウー (ミャンマー)

第3試合 女子ラウェイ (64kg契約) 3分3ラウンド 判定なし
高橋奈七永(シードリング) VS ブロニカ (ミャンマー)

第4試合 (70kg契約)3分5ラウンド 判定なし
渡慶次 幸平(クロスポイント吉祥寺) VS ピャン・トゥエ(ミャンマー)

第5試合 (57kg契約)3分5ラウンド 判定なし
浜本”キャット”雄大(クロスポイント大泉) VS ヤー・ザー(ミャンマー)

第6試合 (65kg契約)3分5ラウンド 判定なし
蓮實 光(パラエストラ栃木) VS ター・テ・タプイン(ミャンマー)

第7試合 (80kg契約)3分5ラウンド 判定なし
デーブ・レダック(カナダ) VS ニルムコーン・スッサコーンジム(タイ国)
※ニルムコーン・スッサコーンジム(23才:タイ国)戦績  85戦62勝20敗3引き分け

2017年6月16日(金)
東京・TOKYO DOME CITY HALL
住所 : 東京都文京区後楽1-3-61 TDC(東京ドームシティ)ホール
開場 : 試合開始18時30分(17時30分開場)
主催 : 一般財団法人 ILFJ
運営 : ㈱FOS / MMG
提供 : MTBF