ヨルゴス・ランティモス監督×超豪華俳優陣、集結!映画『ロブスター』

第68回カンヌ国際映画祭審査員賞を見事受賞した注目作『ロブスター』が3月5日(土)より公開される。
監督・脚本は、第62回カンヌ国際映画祭<ある視点>部門グランプリ受賞、第83回米アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作である『籠の中の乙女』のギリシャの奇才ヨルゴス・ランティモス。共同脚本は、『籠の中の乙女』を共同執筆したエフティミス・フィリップ。『ロブスター』は、彼の初の英語作品である。

犬L_YL_07037

出演はコリン・ファレル、レイチェル・ワイズ、ジョン・C・ライリー、レア・セドゥ、ベン・ウィショーとアカデミー受賞者から、主演作が続々公開される人気俳優まで豪華な顔ぶれが揃い、ランティモス監督は「この映画のアイデアはある議論から生まれた。常に人間関係の中にいなければならないとしたら、人はどう感じるか。人間関係を作れない人を他の人はどんなふうに見るか。誰かと一緒にいることができなければ落第者と見なされるのか。誰かと一緒にいるために費やされる期間。恐れ。パートナーになろうとするとついてくる、そのようなありとあらゆることについて話し合った」と語っている。

主演を務めたコリン・ファレルは「この映画に無関心なままでいられる人はいないと思う」とコメント。レア・セドゥも「観客が考えさせられているのが想像できるわ。それは映画において大事なことでもある。ほとんど新しい言語と新しい物事の見方を提示するような映画よ。映画を見たあと、観客は自分自身に問いかけることになるわ」と監督の生み出す世界観の虜になっている。

その物語は“独身者”デヴィッド(コリン・ファレル)が身柄を確保されホテルに送られるところから始まる。そこで45日以内にパートナーを見つけなければ、自ら選んだ動物に変えられ、森に放たれるという。独り身になったデヴィッドもホテルに送られ、パートナーを探すことになる。しかしそこには狂気の日常が潜んでいた。しばらくするとデヴィッドは“独身者”が暮らす森へと逃げ出す。そこで彼は恋に落ちるが、それは“独身者”たちのルールに反することだった―。

この作品は、設定や展開はSF(サイエンス・フィクション)のカテゴリーに属されるものの、人間の本質的な部分に問いかける独創的なラブストーリーで、ユーモアと悲哀、暴力の要素を含んだヒューマンドラマだ。



映画『ロブスター』

CAST
コリン・ファレル『トータル・リコール』/レイチェル・ワイズ『ナイロビの蜂』
ジェシカ・バーデン『記憶探偵と鍵のかかった少女』/オリビア・コールマン『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
アシュレー・ジェンセン「アグリー・ベティ」/アリアーヌ・ラベド『ビフォア・ミッドナイト』
アンゲリキ・パプーリァ『籠の中の乙女』/ジョン・C・ライリー『少年は残酷な弓を射る』/レア・セドゥ『美女と野獣』
マイケル・スマイリー『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』/ベン・ウィショー『007スペクター』
監督:ヨルゴス・ランティモス『籠の中の乙女』
脚本:ヨルゴス・ランティモス、エフティミス・フィリップ
2015/アイルランド・イギリス他/カラー/英語・フランス語/118分 原題:THE LOBSTER
後援:アイルランド大使館、ブリティッシュ・カウンシル
配給ファインフィルムズ R-15+
2016年3月5日(土)より日本公開!
©2015 Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film, The British Film Institute, Channel Four Television Corporation.

映画『ロブスター』Official Site