ファッション・ブランド<マリメッコ>の創業者を描いた映画『ファブリックの女王』

日本でも人気の北欧を代表するファッション・ブランド<マリメッコ>の創業者アルミ・ラティアのパワフルな人生を彩り鮮やかに描いた『ファブリックの女王』。

© Bufo Ltd 2015

監督はベルイマン監督作『ファニーとアレクサンドル』のプロデューサーとして、フィンランド人で唯一のオスカー受賞者ヨールン・ドンネル。© Bufo Ltd 2015

初期<マリメッコ>の役員の一人でもあった彼は、アルミを知る生き証人として自らメガホンを取り、構想50年の熱い想いを込めた意欲作だ。© Bufo Ltd 2015

また今年は創業65年を迎え、初期のデザイナーにオマージュを捧げた春夏コレクションの発表、全国巡回中の国内初の大規模展覧会「マリメッコ展—デザイン、ファブリック、ライフスタイル」(※)の開催など、<マリメッコ>の原点を振り返るのにふさわしい1年だ。
「マリメッコ展」3/27まで 高知県立美術館にて開催中、その後の巡回情報


映画『ファブリックの女王』

監督:ヨールン・ドンネル 出演:ミンナ・ハープキュラ
2015年/フィンランド/フィンランド語/カラー/85分 原題:Armi elää! /英題:Armi alive!
協賛:Marimekko 後援:フィンランド大使館 提供・配給:パンドラ + kinologue
2016年5月14日(土)より ヒューマントラストシネマ有楽町・渋谷ほか全国順次公開!

『ファブリックの女王』Official HP