トム・ヨーク、BIBIOら参加!「MARK PRITCHARD / UNDER THE SUN」

UK誌ガーディアンが選ぶ【死ぬ前に聴くべき1000枚】にも名を連ねるアンビエントテクノの名盤『76:14』を生んだGlobal Communicationの片割れであり、これまでHarmonic 33、Jedi Knights、Reload、Use of Weapons、Africa Hitechといったコラボ名義、そしてHarmonic 313、Troubleman、N.Y. Connection、Linkといった数々のソロ名義を通して、ありとあらゆるスタイルのエレクトロニック・ミュージックを生み出してきたマーク・プリチャード(Mark Pritchard)が、本名名義では初となるオリジナル・アルバム『Under The Sun』のリリースを発表した。

エイフェックス・ツイン、デペッシュ・モード、エイミー・ワインハウス、レディオヘッド、ボノボ、マッシヴ・アタックら錚々たる面々のリミックスを手がけるなど、プロデューサーとして、数多くのアーティストからリスペクトを受ける彼が満を持して送り出す本作には、トム・ヨーク(レディオヘッド)、Bibio、アンチ・ポップ・コンソーティアムのBeans、そしてダフト・パンクの映画『ダフト・パンク エレクトロマ』のサウンドトラックにも起用されたサイケデリック・フォーク歌手リンダ・パーハクスといった面々が参加している。

今回の発表に合わせ、さっそくアルバムからGlobal Communication時代を彷彿とさせるスペーシーな「Sad Alron」が、映像と共に公開されている。アーティスト河原温の「日付絵画」を思わせるようなタイトルバックで始まり、自然風景と幾何学物体、様々なカラーリングがおりなす映像が、マーク・プリチャード(Mark Pritchard)の音源により一層雄大でアンビエントなイメージを作り上げている。

マーク・プリチャードの本名名義では初となるオリジナル・アルバム『Under The Sun』は、5月13日(金)に世界同時リリース。国内盤にはボーナストラック「In Stillness / Light Bodied」が追加収録され、iTunesでアルバムを予約すると、公開された「Sad Alron」がいちはやくダウンロードできる。

MARK PRITCHARD | マーク・プリチャード
グローバル・コミュニケーション、ジェダイ・ナイツ、ハーモニック313、アフリカ・ハイテックをはじめ実に様々な名義やユニットで活躍を続ける伝説のDJ/プロデューサー。90年代初頭よりテクノ、アンビエント、IDM/エレクトロニカ、レイヴ、ハードコア・ブレイクビーツ〜ジャングル…実に多岐に渡るエレクトロニック・ミュージックの発展に関わり、そして最近ではグライム〜ジュークまでベース・ミュージックの進化へ深く貢献してきた。2016年には、その輝かしいキャリアにおいては意外にも初となる本名名義では初となるオリジナル・アルバム『UNDER THE SUN』を【Warp】よりリリースする。

WARPLP244_Packshot_HiRes

MARK PRITCHARD / UNDER THE SUN

TRACKLISTING
1. ?
2. Give It Your Choir feat Bibio
3. Infrared
4. Falling
5. Beautiful People feat Thom Yorke
6. Where Do They Go, The Butterflies
7. Sad Alron
8. You Wash My Soul feat Linda Perhacs
9. Cycles of 9
10. Hi Red
11. Ems
12. The Blinds Cage feat Beans
13. Dawn Of The North
14. Khufu
15. Rebel Angels
16. Under The Sun
17. In Stillness / Light Bodied (Bonus Track for Japan)

WARP RECORDS / BEAT RECORDS
国内盤 BRC-511 ¥2,200+tax
国内盤特典 ボーナストラック追加収録/解説書付き

2016.05.13 FRI ON SALE

beatkart
iTunes