キアヌ・リーブス&ウィノナ・ライダーの4度目の共演!「おとなの恋は、まわり道」

キアヌ・リーブス&ウィノナ・ライダーの4度目の共演!
過去共演は『ドラキュラ』(92)、『スキャナー・ダークリー』(06)、『50歳の恋愛白書』(10)最近、ウィノナ・ライダーが、ルーマニアで撮影した『ドラキュラ』(92)では、本物の司祭を呼んで、正式な儀式にのっとって結婚シーンを撮影したため、二人の結婚は成立していたとかいないとか。
本作での共演は、脚本を気に入ったウィノナ・ライダーが、キアヌ・リーブスに脚本を送った事で実現。物語の軸になる二人について、監督のヴィクター・レヴィンは「二人の友情は、今回の撮影においては大きな財産だった」と語る。共演を重ねてきた二人だから実現できた掛け合いの数々にご期待下さい。

本作でキアヌ・リーブスが演じるのは、ヘンクツで憂鬱な男・フランク。「(フランクは)ものすごく不安定で人間嫌いだけど、僕は彼のウィットが好きだし、苦しみも理解できる。愛は多くの人にとっては良いものかもしれないが、彼には大きな不幸をもたらして終わるだけのもの。だったら最初から痛みを感じずに済むように関わらなければいいと思っている。だけど彼はリンジーと出会って、彼女に惹かれていく自分に気づき、自分の過去を乗り越えようとするのです。」(キアヌ談)

婚約者に結婚式を目前にして棄てられた過去を持ち、運命の恋を信じられなくなった“ドクゼツ女”リンジーを演じるのは、ウィノナ・ライダー。彼女の演技について、ヴィクター・レヴィン監督は、「彼女のようには誰も演じられない。この自然なウィノナらしさは誰にも真似できないんだ。彼女はキャラクターを本能で理解している。だから簡単に自分を開放して、自然に演じられるんだ」と語る。

リゾート地での結婚式に向かうための空港で偶然出会い、口論を繰り返していた二人は、やがてお互いが同じ結婚式に向かっていることに気づきウンザリする。現地でホテル、食事のテーブルなどで隣にされていた二人はゲンナリながらも口論や会話を重ねるうちに、徐々にお互いの共通点に気づき始めていく。そんな時、二人の眼の前にあるものが現れる。

独身生活が長くて、お互いにもういい歳をした大人。仕事もしていて収入もある。今のままでも幸せだから、無理して自分を変えたいとは思わない。だけど素敵な恋はしたい!そんな全ての人に贈る“まわり道”ラブストーリー

おとなの恋は、まわり道

原題・英題:Destination Wedding
監督・脚本/ヴィクター・レヴィン 出演/


アメリカ/87分/英語/カラー/スコープ/Destination Wedding/R-15
配給:ショウゲート 日本語字幕:稲田嵯裕里
12月7日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

「おとなの恋は、まわり道」Official Site