それは何を意味するのかー。「ノクターナル・アニマルズ」

スーザン(エイミー・アダムス)は夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワード(ジェイク・ギレンホール)から、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。

彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。

彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか——。

トム・フォード7年ぶりの監督最新作「ノクターナル・アニマルズ」は2017年11月3日TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

ノクターナル・アニマルズ

原題・英題/Nocturnal Animals
監督・脚本:トム・フォード
出演:エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン、アイラ・フィッシャー、アーミー・ハマー/ローラ・リニー、アンドレア・ライズブロー、マイケル・シーン
原作:「ノクターナル・アニマルズ」(オースティン・ライト著/ハヤカワ文庫)
2016年/アメリカ/116分/PG-12
ユニバーサル作品
配給:ビターズ・エンド、パルコ
©Universal Pictures

2017年11月3日 TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

「ノクターナル・アニマルズ」Official Site