Welcome to FIGHT ROCK FESTIVAL!「RIZIN 2017 in YOKOHAMA – SAKURA –」

4月16日(日)横浜アリーナにて開催された、「RIZIN 2017 in YOKOHAMA – SAKURA –」は、12,729人の観客を集め、第一試合から注目のカードが組まれた。

激闘の模様をHIROKO (A-bonD Japan)さんのリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!

© All Photo by Xesanat Text by Hiroko (A-bonD Japan)

HIROKOです。初RIZINです。初横浜アリーナです。(笑) 会場について、まず大きいなーって。いつもの後楽園とは違う。(笑)お客さんの雰囲気もお祭りな感じ。大会の象徴的存在の高田延彦さんがMCを入れると1万人以上の観客を集めた会場がドドっと沸く。演出や見せ方を凝らしたTV放送での観戦も悪くないけど、会場で「生」で観るのはやっぱりイイ♪

第1試合
RIZIN MMAルール
58.0kg契約 1R10分/2R5分
○伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム) ●才賀紀左衛門(MeWe) 判定3-0
こんな大きな会場だから、第1試合は大切。お客さんの熱はすぐには温まらないから、爆発力のあるカードじゃないとね。そういう意味で、この日の試合はナイスなマッチメイク。TVや一般の認知が高く華のある才賀紀左衛門と、大みそか格闘技で人気者になった所英男の愛弟子、伊藤盛一郎の対戦。伊藤は所英男を思い出させる展開の速い動きで才賀をコントロール。一方の才賀は伊藤のテクニックにパワーで反撃。しかし、頭一つでてるはZSTフライ級王者の伊藤が圧勝し、直後パンクラス初代ストロー級王者の砂辺光久がリング上でRIZIN参戦をアピールした。

第2試合 RIZIN 女子MMAルール 48.0kg契約 5分3R
○浅倉カンナ(パラエストラ松戸)
●アレクサンドラ・トンシェバ(ブルガリア)
判定3-0

第3試合 RIZIN 女子MMAルール 48.0kg契約 5分3R
○石岡沙織(禅道会)
●ベスターレ・キシャー(スイス)
一本 1R 2分11秒
スイスから来たベスターレ・キシャー。顔がコワイ。パンフの写真と顔が違う…やっぱりスイッチが入る全くの別人になるのかもねー。一方の石岡沙織はいつもCAPTAIN FUNKのHome Sweet Homeでテンションあげあげで入場!(≧∇≦)
空手対決とキャッチコピーがついた試合は序盤から殴り合い!その勢いのまま、キシャーがテイクダウンを捕るが、ベテランの石岡は冷静に対処しバックからのチョークで一本勝ち!!試合後のRENAへの宣戦布告、どうなるんだろ?楽しみー♪

第4試合 RIZIN MMAルール 70.3kg契約 1R10分/2R5分
○矢地祐介(KRAZY BEE)
●ダロン・クルックシャンク(アメリカ)
KO 1R 5分12秒
一見、寡黙そうだけど、口を開くとビックマウスな矢地祐介。ライジン2戦目で元UFCファイターのダロン・クルックシャンクと対戦って、ちょっと大丈夫?と思ったワタシ。だって、あの佐々木やアンディに勝って、敗れた北岡戦でも一本取られるまで押してたダロンよ。試合は序盤からバチバチの打撃戦。徐々にダロンのタイミングに合ってきてるのが分かる。最後は、ドンピシャリの右!強烈なKO劇に会場は大爆発!
やっちくん、アナタが言う通り、有名人になっちゃうかもねー(≧∇≦)

第5試合 RIZIN 女子MMAルール 90.0kg契約 5分3R
○KINGレイナ(リバーサルジム 立川 ALPHA)
●ジャジー・ガーベルト(ドイツ)
一本 2R 4分54秒

第6試合 RIZIN MMAルール 120.0kg契約 1R10分/2R5分
○石井 慧(ブラック・ハウス/レインMMA)
●ヒース・ヒーリング(アメリカ)
判定3-0

RIZIN参戦が決まったお笑い芸人・野沢直子の娘、真珠・オークライヤー(23)がリングに上がり、日本語と英語で意気込みを語った。

第7試合 RIZIN MMA特別ルール 56.7kg契約 3分3R
○那須川天心(チーム天心)
●フランチェスコ・ギリオッティ(イタリア)
TKO 1R 1分07秒
大会休憩明けから、天心!いつもの永ちゃんの曲がかかると、会場は大爆発!歓声と写メのフラッシュの嵐。ワタシも取材を忘れて、写メ。(≧∇≦)
試合は天心の秒殺TKO!対戦相手、天心のパンチや蹴りのスピードが速すぎて、全く見えてなかったんじゃないかしら。
神童がライジンでメイン務めるのはいつかしら。楽しみ!

第8試合 RIZIN女子MMAルール 49.0kg契約 5分3R
○RENA(シーザージム)
●ドーラ・ペリエシュ(ハンガリー)
KO 1R 2分49秒 ※左ボディブロー
大会前、RENAちゃん、サスガに今回はヤバイかなーと、思った対戦相手。デビューから7試合連続で一本勝ちしてきたドーラ・ペリエシュですよ。グラウンドに持ち込まれたら、なんてこと考えてたら、試合開始。ドーラがいきなり組み付き、寝技ワールドへ。腕を取られた時は万事休すかと思ったけど、サスガはライジンのクイーン!エスケープ後は、RENA劇場!代名詞的な三日月蹴り、前蹴りでスタンド完全支配から、〆はレバーショット!女王の貫禄すら、見てしまったかも。RENA中心に日本の格闘技が回る日があるのかも!?

第9試合 RIZIN MMAルール 58.0kg契約 1R10分/2R5分
○堀口恭司(アメリカン・トップチーム)
●元谷友貴(CB IMPACT)
判定3-0
いやー、堀口さん、強い!強すぎる!もうびっくり。後楽園のDEEPで元谷さんの絶対的な強さを見ていただけに、初めて生で見た堀口の強さは驚愕!あの元谷が完全にコントロールされている姿は、、、みたことない。技術もフィジカルも世界レベルを魅せられたって感じ。元谷のこれから先の進む道に興味あるし、堀口の日本での活躍に期待せずにいられない!
セミファイナル・第10試合 RIZIN MMAルール 無差別級 1R10分/2R5分
○アミール・アリアックバリ(イラン)
●ジェロニモ・ドス・サントス(ブラジル)

メインイベント・第11試合 RIZIN MMAルール 65.8kg契約 1R10分/2R5分
○川尻達也(T-BLOOD)
●アンソニー・バーチャック(アメリカ)
判定3-0

RIZIN Official Site