2018年、SB新時代の幕開け「SHOOT BOXING 2018 act.1」

2018年2月10日(土)東京・後楽園ホールにて、シリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2018 act.1』が開催される!

メインイベントに出場するSB日本スーパーライト級王者・海人(TEAM F.O.D)の対戦相手が元WMC世界フェザー級王者タップロン・ハーデスワークアウト(タイ)に決定した。タップロンはこれまでに現SB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭と3度対戦(2010年9月18日、2015年6月21日、2016年2月13日)し、いずれもタップロンが強烈な左ミドル、ヒザ蹴りだけでなく、老獪なテクニックで寄せ付けず鈴木を破っている。
昨年11月に新チャンピオンに輝いたばかりの海人の初戦に難敵現る。海人は26戦目にしてムエタイと初対決を迎えることになり、鈴木が超えられなかった壁を乗り越えることができるか。

SB日本スーパーライト級王者・海人(TEAM F.O.D)

元WMC世界フェザー級王者タップロン・ハーデスワークアウト(タイ)
そして鈴木博昭が再起戦、兄のリベンジ狙う山口侑馬と激突! INNOVATIONライト級王者・山口侑馬(山口道場)の初参戦が決定、SB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭(ストライキングジムARES)と対戦する。山口は勝った17試合のうち12試合もKO勝ちしているライト級屈指のハードパンチャー。兄の裕人は昨年4月にSB初参戦し鈴木にKO負けを喫していることから、山口は鈴木へのリベンジを狙っての参戦となった。対する鈴木はSBのエースとして活躍するも、昨年6月に海人との新旧エース対決でヒジによるカットで1RTKO負け。続く10月のKNOCK OUTでは水落洋祐に5RKO負けと厳しい状況が続いていたが、今年11月に開催されるSB世界トーナメント『S-cup』参戦に向け闘志が再燃。今回の一戦はS-cup出場に向けた査定試合の1つといっても過言ではないだけに、鈴木は強豪山口撃破で存在感をアピールしたいところだろう。

SB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭(ストライキングジムARES)
INNOVATIONライト級王者・山口侑馬(山口道場)
また、ルンピニージャパンウェルター級王者・喜入衆(フォルティス渋谷)がSB2度目の参戦、6戦無敗のモンゴル戦士・チングン新小岩(シーザージム新小岩)が迎え撃つ。テコンドー仕込みの華麗な足技を得意とする“モンゴル旋風脚”チングンは、キャリア60戦を超すベテランファイターの壁をぶち壊すことができるか。

ルンピニージャパンウェルター級王者・喜入衆(フォルティス渋谷)

チングン新小岩(シーザージム新小岩)

さらに、MIO、MISAKIがタイトルマッチで遂にリマッチ!SB日本女子ミニマム級王者MIO(シーザージム)が同級1位MISAKI(GSB)を挑戦者に迎えて初防衛戦を行う。両者は2016年6月の浅草花やしき大会で対戦しMIOが判定勝利したものの、プロ3戦目のMISAKIはフルラウンド攻め続けるファイトスタイルでMIOを追い込む場面を作るなど大善戦。その後、MISAKIは憧れの存在MIOの背中を追いかけ猛練習に励み、連勝する。昨年にはJ-GIRLSミニフライ級王座決定トーナメントで一回戦で元王者・紅絹、決勝戦で寺山日葵を破り念願のタイトル獲得を果たした。一方、MIOも勢いは止まることなく、16年11月にはMISAKIの先輩にあたるUnion朱里との激闘を制し、SB日本女子ミニマム級王座を奪取。 昨年12月のSB香港大会では地元の強豪・胡凱欣とのタイトル戦を制し、Energy Fight×Shoot Boxing48kg級王座を獲得した。現在19連勝中。約1年8カ月ぶりの再戦で勝利するのは果たして!?

SB日本女子ミニマム級王者 MIO(シーザージム)


SB日本女子ミニマム級級1位 MISAKI(GSB)
そして、SB日本フェザー級1位・笠原弘希(シーザージム)が再起戦、SB初参戦のラウェイ王者・浜本“キャット”雄大(クロスポイント大泉)と対戦する。SB期待のホープ、笠原は昨年11月に現SB日本フェザー級王者・深田一樹とノンタイトル戦で対戦し、延長戦で惜しくも判定負けを喫した。リベンジ&王座獲得を目指し、再び立ち上がる。対する浜本は頭突きや投げ技、立ったままの関節技、金的攻撃も認められる過酷なルールで行われているミャンマーの伝統的な格闘技ラウェイの王者。また、昨年大みそかのRIZINで那須川天心に喧嘩を売った男として名を広めた。SBルール対応にも自信を見せており、SBトップランカー食いを狙う。

SB日本フェザー級1位・笠原弘希(シーザージム)

ラウェイ王者・浜本“キャット”雄大(クロスポイント大泉)
さらに、元SB日本スーパーバンタム級王者・伏見和之(FIGHT FARM)が新鋭・川上叶(龍生塾)と対戦する。伏見は長らくSB軽量級トップ戦線で活躍。DREAMフェザー級王者・高谷裕之率いるFIGHT FARMに移籍しての初戦を迎える。

元SB日本スーパーバンタム級王者・伏見和之(FIGHT FARM)

川上叶(龍生塾)

SHOOT BOXING 2018 act.1

▼SB日本女子ミニマム級タイトルマッチ(48.0kg) エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
MIO(シーザージム/SB日本女子ミニマム級王者、Energy Fight×Shoot Boxing2017王者)vs MISAKI(GSB/SB日本女子ミニマム級2位、J-GIRLSミニフライ級王者/挑戦者)
▼58.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級1位)vs 浜本“キャット”雄大(クロスポイント大泉/ILFJ認定スーパーバンタム級王者、WPMF日本スーパーバンタム級王者)
▼SB日本スーパーバンタム級(55.0kg契約) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
伏見和之(FIGHT FARM/元SB日本スーパーバンタム級王者、SB日本スーパーバンタム級2位)vs 川上叶(龍生塾/SB日本バンタム級)
▼64.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ※ヒジあり
鈴木博昭(ストライキングジムAres/SB世界スーパーライト級王者)vs 山口侑馬(山口道場/INNOVATIONライト級王者)
▼67.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
喜入 衆(フォルティス渋谷/ルンピニージャパンウェルター級王者)vs チングン新小岩(シーザージム新小岩/SB日本スーパーウェルター級)
▼メインイベント SB日本スーパーライト級(65.0kg) エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ※ヒジあり
海人(TEAM F.O.D/SB日本スーパーライト級王者)vs タップロン・ハーデスワークアウト(タイ/ハーデスワークアウトジム/元WMC世界フェザー級王者、SB世界スーパーライト級2位)
2018年2月10日(土)東京・後楽園ホール
OPEN17:15/START17:30~
主催:一般社団法人シュートボクシング協会
認定シュートボクシングコミッション
運営:(株)シーザーインターナショナル
協力病院:格闘メディカル協会/東京警察病院/森川医院
衣装協力:BEAMS
チケット料金
RRS席(パンフレット付)15,000円
RS席 10,000円
SS席 7,000円
A席 5,000円
B席 4,000円
※当日券は各500円UP
☆U-18チケット(当日券のみ)18歳以下のお客様に限り、当日券立見チケットを1,000円にて販売いたします(要身分証提示)
【チケット販売】
〇シュートボクシング公式ネットショップ
〇チケットぴあ
★お電話でのお申込み:0570-02-9999
<Pコード:594-600>
★インターネットでのお申込み:http://pia.jp/
(PC・携帯・スマホ共通)毎週 火曜日・水曜日
の2:30~5:30AMを除く
★店頭でのお申込み:チケットぴあ店舗<店舗により営業時間が異なります>※詳しくはHPにてご確認ください。http://pia.jp/shoplist/
セブン-イレブン<24時間 毎週火・水曜日の1:30AM~5:30AMを除く>
サークルK・サンクス<あさ5:30~深夜2:00>
〇後楽園ホール
★お問合せ:TEL03-5800-9999(会場窓口での販売のみ)

SHOOT BOXING Offcial Site

SB公式Facebook http://www.facebook.com/shootboxing