2.11海人参戦のシリーズ開幕戦「SHOOT BOXING 2019 act.1」

2月11日(月・祝)東京・後楽園ホールにて開催されるSHOOT BOXINGのシリーズ開幕戦「SHOOT BOXING 2019 act.1」。

SB日本女子ミニマム級1位MISAKIが参戦、NJKFミネルヴァ ピン級王者MARI(ナックルズGYM)と対戦。
MISAKIは昨年7月に開催されたGirls S-cup 48kg世界トーナメント一回戦でイシス・バービックに判定勝ち。準決勝でイタリアの強豪イリアーナ・バレンティーノに判定で敗れ、世界トーナメント初出場ながらベスト4入り。9月には地元・愛知でタイ強豪ラットチャプロンから完封勝利したが、11月には、保持していたJ-GIRLSミニフライ級タイトル初防衛戦で寺山日葵に接戦で敗れ、王座陥落。今回が再起
戦となる。
対するMARIは右ストレートを得意とし当時キャリアが浅いながらも2015年に開催されたGirls S-cup 48kg日本トーナメントの出場メンバーに大抜擢。一回戦でベテランの紅絹に敗れたが、追い込む見せ場も作った。
MISAKIは他団体王者を撃破し、再びMIOの持つタイトル挑戦をアピールするのか、それともMARIが番狂わせの勝利を起こすか。

前SB日本スーパーフェザー級王者・村田聖明の弟、村田義光(シーザージム)が昨年12月に初KO負けを喫してからの再起戦、石本裕一(GONG-GYM坂戸)と対戦する。

兄の前SB日本スーパーフェザー級王者・村田聖明(シーザージム)の対戦相手は、MAX MUAYTHAI -61kg級王者ヒンチャイ・オー.センスックジム(タイ)に決定。
ヒンチャイは、激しい試合をするとボーナスが出ることからアグレッシブな試合をする選手が多いことで有名なタイで人気のビッグマッチ『MAX MUAYTHAI(マックス・ムエタイ)』を主戦場にしている18歳。村田とは昨年6月に対戦し、1Rに首投げでシュートポイント奪われるだけでなく、パンチ・ヒジの連打で追い込まれながらも、3Rにヒジによるカットで逆転TKO勝ちを収めた。当時は61kg級6位にランキングしていたが、現在は同階級でチャンピオンとなり、再び村田の前に立ちはだかる。
対する村田は昨年11月には、日本ライト級トップ戦線で活躍する元J-NETWORKライト級王者・前口太尊との打ち合いを制し、勢いに乗る。宿敵ヒンチャイにリベンジなるか。

SB日本スーパーバンタム級王者・植山征紀(龍生塾ファントム道場)はINNOVATIONスーパーバンタム級王者・安本晴翔(橋本道場)との対戦が決定した。
SB日本スーパーバンタム級王者・植山征紀(龍生塾ファントム道場)


INNOVATIONスーパーバンタム級王者・安本晴翔(橋本道場)

 

そして昨年AbemaTVのレギュラー番組「格闘代理戦争」でMMAにチャレンジし3試合を経験したSB日本女子ミニマム級王者MIO(シーザージム)はJ-GIRLSミニフライ級王者・寺山日葵(TEAM TEPPEN)と対戦。MMAにチャレンジし3試合を経験した。MMAの練習で培ったフィジカルでさらに進化した姿を見せるか。

そしてメインを飾るのは、SBの若き皇帝、S-cup65kg2018世界王者・海人(TEAM F.O.D)!昨年に敗れたチャムアトーンと並ぶ超強豪で元ルンピニースタジアム認定ウェルター級王者ポンシリー・ポーシリポン(タイ)と対戦することになった海人だが、「さらに強くなった姿を見せたい」と自信を見せる。
――2019年初戦が決まりました。
「今のところ何も問題なく順調に調整が出来ています」

――昨年は10戦して9勝(8KO)1敗とハードな1年でしたが、ご自身にとってどのような1年でした?
「ある程度は順調に進んでましたが、1戦チャムアトーン戦で落としてしまったのでそれがずっと心に残ってます。S-cupでは世界チャンピオンになれましたが、リベンジしたかったザカリア(・ゾウガリー)、チャムアトーンが参加していないS-cupだったので自分では納得出来ていません。負けた時の悔しさを忘れずに今年につなげていきたいと思います」

――今大会では、チャムアトーンとの対戦を希望していましたが、チャムアトーンとの試合スケジュールが合わず、再戦は組まれませんでしたが、モチベーションは大丈夫でした?
「チャムアトーンへのリベンジを強く希望していたのでそれがなくなってある程度ショックはあったのですが、強い相手を用意していただいたので今はモチベーションが上がってますし気持ちも集中してます」

――今回の相手ポンシリーの試合映像は見られました?
「近距離でのヒジ、蹴りは上手くて強いのを打ってくる印象を受けました。自分としてはパンチだけでなく、ヒジも組み込んで相手の土俵でも勝負しようと思います。ここで相手に何もさせずに圧倒しないと、チャムアトーンにリベンジなんて言えなくなります」

――ヒジや首相撲の練習は変わらずお父さんの克人さんとマンツーマンでやっているのでしょうか?
「そうですね。父とマンツーマンでヒジなどの技術を反復練習しています。特に新しいヒジの技術を取り入れたりはしていないのですが、ヒジの角度、自分の立ち位置など細かい調整をしています」

――ムエタイの最高峰チャムアトーンと一度手を合わせたことで得るものは大きかったですか?
「近距離でのヒジの使い方や蹴るタイミングなど素晴らしい技術を、直接身体で受けさせてもらったことで徹底して自分の頭にインプットして練習しています」

――ボクシングジムにも出稽古に行かれているんですよね?
「堺東ミツキボクシングジムに行かせてもらっていてこれまではスパーリング中心でしたが、最近はボクシングの細かいテクニックも指導いただいてパンチの技術も上がってきています。スピード、インパクトも増してきたと感じていますし自信も凄くあります」

――ボクシングジムの会長やトレーナーからは海人選手のパンチテクニックをどのように評価していますか?
「会長から上手だとは言われますが、まだまだボクサーとやると技術面で追いつけてない部分があるので改善点を指導してもらっています」

――SBの戦い方にボクシングの技術を取り入れていくことに難しさはないですか?
「ボクシングスタイルでの姿勢や立ち位置だと蹴りありのSBでは危ないとは思いますが、瞬間瞬間でボクシングの技術を上手く活かせば相手を倒すことも翻弄することも出来ると思っています」

――今回世界チャンピオンとして臨むわけですが、ご自身の意識は変わりました?
「SBを改めて背負って戦うことになるので、これからもタイ人に限らず世界の強い選手と闘ってSBの強さを見せていかなければいけないという気持ちがさらに強くなりました。一般的にムエタイは世界最強の立ち技格闘技と言われているので、僕がヒジ、ヒザなどどの技でもムエタイ選手を上回って勝つことでSBが最強というこを証明していきます」

――今年は具体的どういう1年にしたいですか?
「まずは今回の相手をしっかり圧倒して勝つこと。そしてザカリアとチャムアトーンの2人へのリベンジにつなげたいと思います」

――昨年12月にはKNOCK OUTには初参戦し、SBキラーの異名を持つ水落洋祐選手に圧勝しました(3RTKO勝ち)。
「KNOCK OUTのファンにもSBのことを覚えてもらえたと思いますし、また出て欲しいという声もいただきました。KNOCK OUTに限らず強い選手とやるチャンスをいただいてシーザー会長からGOサインが出たらどこにでも出て行ってSBの強さを見せるだけです。今回のポンシリー戦で去年よりもっと強くなった姿をお見せするのでぜひ期待してて下さい」

そして、この開幕戦から「AbemaTV」で生中継がスタート!
■AbemaTV 『SHOOT BOXING 2019 act.1』 概要
放送日:2月11日(祝月) 午後5時30分~夜9時30分
放送チャンネル:「格闘チャンネル」
視聴URL: https://abema.tv/channels/fighting-sports/slots/BznqoPAEUE5TdZ

<決定対戦カード>

▼メインイベント 65.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R無制限延長R ※ヒジ打ちあり
海人(TEAM F.O.D/S-cup65kg世界王者)
vs
ポンシリー・ポーシリポン(タイ/WPMF世界ウェルター級王者、元ルンピニースタジアムウェルター級王者、ラジャダムナンスタジアム認定ジュニアミドル級2位)

▼68.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
宍戸大樹(シーザージム/元SB東洋太平洋ウェルター級王者)
vs
笹谷 淳(team COMRADE/元J-NETWORKウェルター級&スーパーウェルター級2階級王者)

▼62.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
村田聖明(シーザージム/前SB日本スーパーフェザー級王者、SB日本ライト級1位)
vs
ヒンチャイ・オー.センスックジム(タイ/センスックジム/MAX MUAYTHAI -61kg級王者)

▼SB日本フェザー級(57.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
元貴(DAB/SB日本フェザー級2位)
vs
手塚翔太(GONG-GYM坂戸/SB日本フェザー級4位)

▼SB日本スーパーバンタム級(55.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
植山征紀(龍生塾ファントム道場/SB日本スーパーバンタム級王者

vs
安本晴翔(橋本道場/INNOVATIONスーパーバンタム級王者、元REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者)

▼SB日本女子ミニマム級(48.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
MIO(シーザージム/SB日本女子ミニマム級王者)
vs
寺山日葵(TEAM TEPPEN/J-GIRLSミニフライ級王者)

▼SB日本スーパーウェルター級(70.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
坂本優起(シーザージム/SB日本スーパーウェルター級3位)
vs
奥山貴大(ネックススポーツ/グラップリングシュートボクサーズ/SB日本ウェルター級1位)

▼SB日本女子ミニマム級(48.0kg契約) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
MISAKI(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本女子ミニマム級1位)
vs
MARI(ナックルズGYM/NJKFミネルヴァピン級王者)

▼SB日本ヘビー級 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
斐也(チームドラゴン)
vs
マウンテンRYUGO(Ten Clover Gym)

▼67.0kg契約 フレッシュマンクラスルール 3分3R延長2R
村田義光(シーザージム/SB日本ウェルター級)※義光から表記変更
vs
石本裕一(GONG-GYM坂戸/SB日本スーパーライト級)

【大会概要】

「SHOOT BOXING 2019 act.1」
2019年2月11日(月・祝) 後楽園ホール
開場/17:15 開始/17:30

主催/一般社団法人シュートボクシング協会
認定/シュートボクシングコミッション
運営/株式会社シーザー・インターナショナル
協力病院/格闘メディカル協会・東京警察病院
衣装協力/BEAMS

チケット料金/
RRS席15,000円(パンフレット付)
RS席10,000円
SS席7,000円
A席5,000円
B席4,000円
立ち見席 3,000円
※当日券は各¥500UP
※U-18チケット(当日券のみ)18歳以下のお客様に限り、当日券立ち見チケットを1,000円にて販売いたします。(要身分証提示)

[チケット販売]
■チケットぴあ TEL0570-02-9999<Pコード:594-600>
http://pia.jp/ (PC・携帯・スマホ共通) 毎週 火曜日・水曜日の2:30~5:30AMを除く
チケットぴあ店舗 <店舗により営業時間が異なります>※詳しくはHPにてご確認ください。 http://pia.jp/shoplist/
セブン-イレブン<24時間 毎週火・水曜日の1:30AM~5:30AMを除く>
サークルK・サンクス<あさ5:30~深夜2:00>
■イープラス http://eplus.jp/ (PC・携帯・スマホ共通) ファミリーマート店内Famiポート
■後楽園ホール TEL 03-5800-9999 (会場窓口での販売のみ)
■シュートボクシング公式ネットショップ https://www.funity.jp/tickets/shootbox/showlist

SHOOT BOXING Official Site