きっと、誰かの勇気になれる—。「ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜」

2013年4月15日に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。3人が死亡、282人が負傷(The Boston Globe調べ)した凄惨な事件の被害者で、犯人の目撃者となり、テロリストに屈しない“ボストン ストロング”精神を象徴する存在として賞賛されるようになったひとりの男がいた。

元彼女の愛情を取り戻すために駆けつけた会場で爆発に遭い、両脚を切断する悲劇に見舞われた27歳のジェフ・ボーマンだ。ただしこの男、仕事もろくにできず約束も守れないちょっとダメな男。人々からヒーローとして讃えられながらも、肉体を失った悲しみや未熟な自分とのギャップにもがき、人知れず苦悩していた。

そんな彼を支えたのは、愛する家族や恋人、友人や命の恩人たちの存在。絶望の淵にいた男がいかにして自分の足で立ち上がり、本当の意味での強さを手に入れていったのか。これは、実在のジェフ・ボーマンが自ら綴った回顧録を基に、皮肉やユーモアを交えて描いた真実の物語。

人間くさい“フツウの男”の愛と再生のドラマは、誰もが共感せずにいられないはずだ。過剰にドラマチックに描くことを避けたリアルな世界観も必見。ボストンは市を挙げて撮影に協力し、レッドソックスの本拠地、フェンウェイパークでの撮影も実現。エキストラの80%は地元の人々を採用し、ジェフの担当だった医師や看護師、義足技師も出演するなど、物語にボストンへの愛と圧倒的なリアリティを与えている。

ジェフ・ボーマンを演じるのは、メジャー大作からインディペンデント映画まで縦横無尽に活躍する実力派俳優のジェイク・ギレンホール。『サウスポー』で演じた筋骨隆々なボクサーや『ナイトクローラー』で怪演したモラルが崩壊していくパパラッチ、地球外生命体と対峙する『ライフ』の宇宙飛行士など、近年の作品を並べるだけでも個性的な役が続くが、本作は、身体と心に大きな傷を負ったフツウの男を熱演。義足を装着し信じられない演技で、ジェイク史上最もチョイダメな平凡な男が最大の試練に立ちあがる姿が描かれる。

彼は実際のジェフと時間をかけて交流し、決してモノマネではなく、根底にある人間性や弱さまでも繊細にすくいあげた。物語に心底惚れ込んだジェイクは、本作を新しく立ち上げた製作会社ナイン・ストーリーズの第1作目に選び、プロデューサーとしても深く作品に関わっている。ボストンマラソンに出場していたジェフの元彼女で、後に結婚することになるエリン・ハーリーを演じたのは、カナダ人女優のタチアナ・マスラニー。テレビシリーズ「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」で様々なクローンを演じわけ、2016年のエミー賞ドラマ部門主演女優賞を受賞。本作でもただ美しいだけではなく、ジェフを力強く導いていく、勇敢なヒロインを魅力的に演じている。ジェフの母親パティを演じたのは、イギリス人女優のミランダ・リチャードソン。ジェイクたっての願いでキャスティングされ、息子への激しい愛情にあふれ、一筋縄ではいかない矛盾する女性になりきった。他にもジェフの父親であり、パティの元夫であるビッグ・ジェフに『ハイランダー/悪魔の戦士』や『ショーシャンクの空に』などに出演するベテラン俳優のクランシー・ブラウンが扮するなど、力のある俳優陣が脇を固めている。

メガホンを取ったのは『スモーキング・ハイ』や『セルフィッシュ・サマー ホントの自分に向き合う旅』のデヴィッド・ゴードン・グリーン。そしてジェフの回顧録を迫力のある脚本に仕上げたのは「グレイズ・アナトミー」や「THIS IS US 36歳、これから」などのテレビシリーズに俳優としても出演するジョン・ポローノ。主人公と同じニューイングランド出身のため、生き方を肉体的にも文化的にも心理的にも熟知。決してテロ映画としてではなく、自分の人生を取り戻すために戦ったひとりの男のドラマとして、皮肉とユーモアを込めて作り上げた。撮影監督は『それでも夜は明ける』、『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』のショーン・ボビット、美術監督は『スポットライト 世紀のスクープ』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のステファン・H・カーターが担当。『ナイトクローラー』、『ノクターナル・アニマルズ』でもジェイク・ギレンホールと仕事をしているドナルド・モワットが、義足をつけているように見える特殊メイクを担当した。

ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜

原題・英題:STRONGER

出演:ジェイク・ギレンホール、タチアナ・マスラニー、ミランダ・リチャードソン、クランシー・ブラウンほか
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ジョン・ポローノ
原作:ジェフ・ボーマン、ブレット・ウィッター著「STRONGER」

©2017 Stronger Film Holdings,LLC. All Rights Reserved.
Motion Picture Artwork © 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

5月11日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

映画「ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜」Official Site