杉本一文『装』画集~横溝正史ほか、装画作品のすべて (TH ART SERIES)

横溝正史といえば、杉本一文。
数多く手がけてきた装画作品の中から、横溝作品を中心に約160点を精選して収録した待望の画集!
原画のほぼ原寸サイズで堪能できるA4判。

 

杉本一文のもうひとつの顔、銅版画を集めた「杉本一文銅版画集」と同時発売!

杉本一文のイラストには、見る者の心をざわつかせる不穏な雰囲気が存在する。
細部は実写と見まごうほど精密に描かれていながら、
全体図を見ると決して現実にはあり得ない、悪夢のような世界が広がっている。
私たちはそのイラストの持つ魔力に引き寄せられ、時がたつのも忘れて見入ってしまう。
――西口明弘(木魚庵/金田一耕助勉強家)

杉本が数多く手掛け人々を魅了してきた、横溝表紙画を始めとする装画の世界。
これを敢えて言葉で表すとすれば、「イメージのオブジェ化」と、「スペタクル(見世物)化」、
そして具象を二重、三重と掛け合わせる事で生まれる、「異常な緊張感」である。――元木友平(解説より)

著者について
杉本一文(すぎもと いちぶん)
1947年 福井県に生まれる。
1971年 横溝正史著「八つ墓村」(角川書店)などのカバー装画を担当。この後、横溝正史を始め、半村良、土屋隆夫、石ノ森章太郎、楳図かずお、西村賢太、狩久、小池一夫・小島剛夕 他、多数の装画を手がける。
1997年 50歳を機に銅版画制作を始める。
以降 グループ展、イラスト展 多数。

 

杉本一文『装』画集~横溝正史ほか、装画作品のすべて (TH ART SERIES) 
http://amzn.to/2iDgnmi

杉本一文『装』画集~横溝正史ほか、装画作品のすべて (TH ART SERIES)

大型本: 128ページ
出版社: 書苑新社 (2017/11/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4883752879
ISBN-13: 978-4883752874
発売日: 2017/11/22
商品パッケージの寸法: 29.7 x 21 x 2 cm