喫茶の名店で贅沢なひとり時間を「東京喫茶帖」

サードウェーブがブームで終わるのか?と思いきや、この波は収まらず増々世界中にコーヒー愛好家が急増している。

この「東京喫茶帖」では、サードウェーブではなく、喫茶の名店で贅沢なひとり時間を過ごせる今日行きたくなる珠玉の54軒を紹介している。

51OVSCtS2rL
ひとり時間を贅沢に楽しめるレトロな喫茶店、
雨の日に行きたくなる見晴らしカフェ、
都内で旅気分を味わえるヨーロッパ風カフェなど、
54軒のお店を雰囲気やシチュエーション別にイラストで紹介。

51S2hXw24sL

41mMCp28+yL

掲載されている飲み物、食べ物はすべてイラストで描き、
喫茶店を楽しむための要素をまるごと詰め込みました。
本書を読めば、今のあなたの気分にピッタリなお店が見つけられる。

513k5U4EdNL

41WMsetzz0L

http://amzn.to/2kVpC3e

【目次】
第1章/人間交差点を楽しめる街中喫茶店
第2章/レトロ空間で贅沢なひとり時間を
第3章/雨の日に似合う 見晴らしカフェ
第4章/静寂はごちそう 瞑想空間カフェ
第5章/乙女の気分を高める! かわいいカフェ
第6章/そこはまるでヨーロッパのカフェ 「珈琲屋」の系譜
第7章/カフェでだってお腹を満たせるのだ 喫茶ごはんを食べよう
第8章/ときめくルックス! デザートを楽しむなら
第9章/紅茶専門店で 午前も午後もティーブレイク
第10章/カルチャー発信地にしてサロン 次世代ハイブリッドカフェ

【Feature】ハンドドリップくん。/「オレグラッセ」をめぐって。/ノマドするひと しないひと。/カプチーノ君の一日。/チェーン喫茶だって、好き。/吉祥寺は紅茶タウン。

【Column】それは喫茶店名物のひとつ。/喫茶店的時空。/そっと通う、ファン心理。/喫茶店=「アジール」説。/喫茶は「異空間」なのだ。/なぜ「描く」のか。/「喫茶店」なのか、「カフェ」なのか。/チェーン喫茶のいま。/わたしの喫茶店体験。/「コーヒータウン」現象。

出版社からのコメント
喫茶店は、その日の気分や用途に合わせて通いたい場所。本書は、あなたの今の気分にピッタリ合ったお店が見つかる一冊です。どうぞ喫茶店でゆっくりとくつろいでいるような気分でお楽しみください。

51MgWhd937L

東京喫茶帖

単行本(ソフトカバー): 144ページ
出版社: カンゼン (2016/12/27)
言語: 日本語
ISBN-10: 4862553745
ISBN-13: 978-4862553744
発売日: 2016/12/27
商品パッケージの寸法: 21.1 x 14.8 x 1.4 cm