Welcome to FIGHT ROCK FESTIVAL「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-」

7月30日(日)さいたまスーパーアリーナで開催されたRIZIN FIGHTING FEDERATION「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-」。

17,730人の観客を集めた夏の陣の模様を、HIROKOさん (A-bonD Japan)のリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!

© All Photo by Xesanat Text by Hiroko (A-bonD Japan)

今回、ワタシにとって2度目のライジン。駅周辺のコンビニで飲み物買おうと思ったら、レジは長蛇の列。アリーナに入ったら、早くも満席状態。大会が始まる前から皆の期待がいっぱいでワタシもワクワクするー♪

■第1試合 RIZIN MMAルール 93.0kg契約 1R10分/2R5分
〇カール・アルブレックソン(スウェーデン)
●テオドラス・オークストリス(リトアニア)
一本 1R 8分01秒 (肩固め)

■第2試合 RIZIN女子MMAルール 57.0kg 5分3R ヒジ有り
〇真珠・野沢オークライヤー(アメリカ)
●シーナ・スター(アメリカ)
一本 1R 1分50秒(腕十字固め)
ワタシ、昔から野沢直子さんのファンだったんです。「夢で逢えたら」見てたー。そして、今はシンジュー♪
MMA2戦目でプロデビューの選手とは思えないほどの、落ち着いた雰囲気と試合運びで、ベテラン選手に快勝!!マウントからワタシの大好きなヒジを出し、ゴゴプラッタから腕十字!!
予告どおり、本当エキサイティングな戦い。娘が勝った時の直子さんの姿にもグッときた。(涙)
ワタシも母親だから分かる。親子の絆ってやつだわ。RIZINに新しいスター誕生。今後も目が離せない!!

■第3試合 RIZINバンタム級トーナメント一回戦 61.0kg契約 5分3R
〇カリッド・タハ(ドイツ)
●石橋佳大(Duroジム/修斗環太平洋フェザー級王者)
TKO 1R 4分52秒
この結果により、カリッド・タハがRIZINバンタム級トーナメント2回戦進出を決めた。

■第4試合 RIZINバンタム級トーナメント一回戦 61.0kg契約 5分3R
〇大塚隆史(T-grip Tokyo/DEEPバンタム級王者)
●アンソニー・バーチャック(アメリカ)
判定2-1
この結果により、大塚隆史がRIZINバンタム級トーナメント2回戦進出を決めた。

■第5試合 RIZIN女子MMAルール 49.0kg契約 5分3R
〇山本美憂(KRAZY BEE)
●キャシー・ロブ(アメリカ)
判定3-0
デビューから白星のない山本美憂選手。相手は16歳年下のキャッシー・ロブ。序盤からサブミションをガンガン仕掛けられ、ワタシは心の中で「ヤメテー!!!」の叫び。本当、ヒヤヒヤした。
何度も危機を回避し、まっすぐに自分の戦いをおしすすめる美憂選手に感動!!勝利コールの瞬間、彼女の顔はとてもキラキラしてて素敵だった。
今の年齢でも一歩一歩進化しているのを見ると、年齢って関係ないのかなってヤル気を貰った。美憂さん、ありがとう。ワタシもがんばる!!笑

■第6試合 RIZIN MMAルール 70.0kg契約 1R10分/2R5分
〇矢地祐介(KRAZY BEE/元修斗環太平洋ライト級王者/元PXCフェザー級王者)
●北岡 悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜/DEEPライト級王者)
TKO 2R 4分48秒
矢地と北岡。ファイトスタイルもキャラも対照的な2人。明るく、ファンを引っ張る雰囲気で入場するやっちくん(笑)に対し、初めてみた人は「トラウマ(煽りVでそういってます。ワタシじゃないです。笑)」になりかねないキタオカの入場。どちらも会場を沸かせる。入場だけで金が取れる二人だわ。
“全てを出し尽くす”戦いの北岡に対し、“戦術を練った”戦いをみせる矢地。ヒリヒリする戦いを制したのは矢地。勝利マイクで、満面の笑みを見せながら、クローン・グレーシーとの対戦を熱望。こんなところが、やっちくんの良いところだわー。なんかミラクルを期待しちゃう。一方の北岡も今後が期待。「トラウマ(笑)」になるような復活劇を見てみたい!!

休憩中、次回の福岡大会でダン・ヘンダーソンと桜庭和志のグラップリングでのカードが発表。入場曲が流れただけで会場が大盛り上がりの様子に、MMAビギナーのワタシはビックリ。これから初めて見るワタシも期待せずにいられない!!

■第7試合 RIZIN MIXルール 57.0kg契約 1R5分キックボクシングルール/2R5分MMAルール
〇那須川天心(TARGET/ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者、RISEバンタム級王者)
●才賀紀左衛門(才賀紀左衛門道場/Me ,We)
KO 1R 1分36秒 (左ストレート)
ワタシ的メインな試合!天心入場、見る度に格好良さでてる(≧∇≦)後ろ姿のガウン、やばいー!!貫禄もあって漢って感じ(笑)みんな天心を収めようと観客席は、携帯の光がいっぱい!!
ライジン特別ルールで1Rはキックルール。序盤からお互いKO必至の距離。紀左衛門、漢だわー。あんな距離で打ち合うなんて。天心のKO勝利で、会場は大爆発!!本当、これからも、ずっと楽しみな選手!!
今回負けてしまったけど、真っ向勝負で漢を魅せた紀左衛門は、ワタシの中では、あびる優の旦那のキャッチフレーズは卒業だわー。

■第8試合 RIZIN女子MMAルール 88.0kg契約 5分3R ヒジ有り
〇KINGレイナ(フリー)
●レイディー・タパ(アメリカ)
判定3-0

■第9試合 RIZIN女子MMAルール 120.0kg契約 5分3Rヒジ有り
ギャビ・ガルシア(ブラジル)
オクサナ・ガグロエヴァ(ロシア)
ノーコンテスト 1R 14秒

■セミファイナル・第10試合 RIZIN MMAルール 120.0kg契約 1R10分/2R5分ヒジ有り
〇アミール・アリアックバリ(イラン)
●タイラー・キング(アメリカ)
TKO 1R 1分39秒 (右ストレート)

■メインイベント・第11試合 RIZINバンタム級トーナメント一回戦 61.0kg契約 5分3R
〇堀口恭司(アメリカン・トップチーム/元第9代修斗世界フェザー級王者)
●所 英男(リバーサルジム武蔵小杉所プラス)
TKO 1R 1分49秒
流石という言葉しか思いつかない。メインの堀口。前回の元谷戦をみて堀口の凄さを体感したワタシ。分かってたハズなのに、あの所を一方的に仕留める結果は予想できなかった。堀口、本当凄すぎ。彼を止める選手はいるのかな。ワタシは、10月にトーナメントに参戦する石渡に期待だなー♩

RIZIN Official Site