上田義彦写真集 FOREST ー 印象と記憶 1989-2017

生命の大元と対峙する、上田義彦の眼差し
30年の時間が紡いだ“森”作品の軌跡

1989年、ネイティブアメリカンの聖なる森・クウィノルトと運命的に出会い、“森”に魅了された上田義彦。

2017年、再びクウィノルトを訪れ、続けて屋久島(世界自然遺産)、 そして春日大社の原生林(春日大社の特別な許可を得て撮影)と、3つの太古の森の姿をカメラに収める。


長い時間のなかで森を撮りつづけることは、生命の大元と対峙することでもあった。
上田の眼差しを通して映しだされた地球上の生命の根源に、30年の時を経て再見する。

著者について
1957年、兵庫県生まれ。広告写真やコマーシャルフィルムなどを数多く手がけ、
ADC賞最高賞、ニューヨークADC賞、日本写真協会賞など、受賞多数。
代表作(写真集)は、アメリカインディア ンの聖なる森を捉えた『QUINAULT』をはじめ、
舞踏家・天児牛大を撮影した『AMAGATSU』、自身の家族を写した『at Home』、
ミャンマーの僧院を撮影した「YUME」など。

上田義彦写真集 FOREST ー 印象と記憶 1989-2017
https://amzn.to/2DZdjJ9

上田義彦写真集 FOREST ー 印象と記憶 1989-2017

大型本: 288ページ
出版社: 青幻舎 (2018/1/31)
言語: 日本語
ISBN-10: 4861526612
ISBN-13: 978-4861526619
発売日: 2018/1/31
梱包サイズ: 31.4 x 25.2 x 2.8 cm