フライング・ロータス主宰レーベル 〈BRAINFEEDER〉10周年記念

フライング・ロータス主宰レーベル〈BRAINFEEDER〉の10周年を記念した日本初のポップアップショップ開催決定!
さらにフライング・ロータス初長編監督作品『KUSO』の1週間限定上映も決定!

今年設立10周年を迎えたフライング・ロータス主宰レーベル〈BRAINFEEDER〉。サマーソニックに引けを取らない強力な出演陣が大きな話題となっている今年のソニックマニアでは、フライング・ロータス、サンダーキャット、ジョージ・クリントン&パーラメント・ファンカデリックという最高の布陣に加え、ドリアン・コンセプト、ジェームスズー、ロス・フロム・フレンズら、フライング・ロータスが激推しする逸材も集結させ、ステージの一つを完全にジャック!そんな話題沸騰中の彼らから、新たなニュースが到着!ソニックマニア1週間前となる8月10日〜12日の三日間に渡って、渋谷スペイン坂のギャラリー Xにて、日本初のポップアップショップの開催を発表!ここでしか手に入らない10周年記念グッズやレアな輸入グッズ、入手困難だった人気グッズの復刻、さらにアート作品の展示や〈BEAT RECOREDS〉のガレージセールなども同時開催!初日にはDJイベントも開催される!

BRAINFEEDER X
ANNIVERSARY POP-UP SHOP

開催日程:8/10 (金) – 8/12 (日)
8/10 (金) 18:00-23:00
8/11 (土) 12:00-20:00
8/12 (日) 12:00-18:00

場所: GALLERY X BY PARCO

企画/制作: BEATINK Inc. / PARCO CO.,LTD.

BRAINFEEDER SPECIAL GOODS
10 周年記念グッズや限定輸入グッズなど、BRAINFEEDER グッズの販売

BRAINFEEDER ART EXHIBITION
BRAINFEEDER 関連のアート作品展示

BEAT RECORDS GARAGE SALE
BRAINFEEDER ほか、BEAT RECORDS 関連作品のガレージセールやグッズ販売

『KUSO』PREVIEW BOOTH
フライング・ロータス監督映画作品『KUSO』の一部映像解禁!

DJ EVENT
開催初日の夜にはオープニングパーティーを開催。BRAINFEEDER 好きのDJ がスペシャル・セットを披露

 

さらに、奇才フライング・ロータス初長編監督作品『KUSO』が、2018年8月18日 (土)より渋谷・シネクイントにて1週間限定レイトショー上映決定!“史上最もグロテスクな映画”とも称され、サンダンス映画祭にて退席者続出の問題作、遂に日本公開!

※チケットは 各鑑賞日の2日前より発売予定。詳しくはシネクイント公式 HPへ。
www.cinequinto.com/shibuya

 

BRAINFEEDER NIGHT IN SONICMANIA
08.17 FRI MAKUHARI MESSE
www.sonicmania.jp

featuring
FLYING LOTUS

LAビートシーンの最重要人物にして、サンダーキャットやテイラー・マクファーリン、ティーブスらを輩出した人気レーベル〈Brainfeeder〉を主宰。2010年の『Cosmogramma』、2012年の『Until The Quiet Comes』、そして世界各国で自己最高のセールスを記録し、その年を代表する名盤として高い評価を受けた2014年の『You’re Dead!』などのアルバムを通して、その評価を絶対的なものとする。2017年には、自ら手がけた映画『KUSO』の公開や、短編アニメーション『ブレードランナー ブラックアウト 2022』の音楽を手がけるなど、その活躍の場をさらに広げている。

THUNDERCAT

フライング・ロータス諸作を始め、ケンドリック・ラマー、カマシ・ワシントンらの作品に参加する超絶技巧のベーシストとしてシーンに登場し、ここ数年のブラックミュージックの盛り上がりにおいて、誰もが認める立役者の一人にまで成長したサンダーキャット。ケンドリック・ラマー、ファレル・ウィリアムス、フライング・ロータス、マイケル・マクドナルド、ケニー・ロギンス、ウィズ・カリファ、カマシ・ワシントンら超豪華アーティストが勢揃いしたことでも話題となった最新作『Drunk』は、2017年の音楽シーンを象徴する傑作として高く評価されている。

GEORGE CLINTON

パーラメントやファンカデリックを率いるなど、Pファンクの創始者として知られ、60年代から、その独創的なアイディアで音楽シーンに革新を起こした生ける伝説として、今もなおその絶大な影響力は衰えることがない。2015年にフライング・ロータス、サンダーキャット、シャバズ・パラセズのコラボ曲に参加したのをきっかけに〈Brainfeeder〉との親交を深め、2016年にはLAで行われたレーベル・イベントにも出演。また現在制作中というアルバムも〈Brainfeeder〉からのリリースが予定されている。

DORIAN CONCEPT

ウィーン生まれの天才演奏家/プロデューサー、オリヴァー・トーマス・ジョンソンによる音楽プロジェクト。YouTubeで公開したmicroKORGの即興演奏動画をきっかけに注目を集め、素晴らしいプロダクション・スキルと即興プレイを駆使した先鋭的な作品によって、ソロ・アーティストとして世界的な成功を収めると同時に、フライング・ロータスやザ・シネマティック・オーケストラのライヴ・メンバーにも名を連ねる。即興性に富んだフリー・ジャズ要素満載の超絶技巧と、耳にこびりついて離れない、遊び心いっぱいのメロディ・センスに要注目。

ROSS FROM FRIENDS

ヒップホップのサンプリングカルチャーから80年代ユーロビート、ハイエナジー、イタロディスコに至る様々な影響を受け、アンダーグラウンドの雄〈Lobster Thermin〉や〈R&S〉傘下の〈Magic Wire〉からリリースしたメランコリックなメロディーとロウなビートを併せ持つ絶妙なダンストラックで、フライング・ロータスのハートを射止め、〈Brainfeeder〉ファミリーの仲間入りを果たした24歳のイギリス人トラックメイカー。近年盛行を見せるローファイハウスの域に止まらず、先鋭的な音楽を発信し続けているレーベルを象徴するような刺激的なサウンドを生み出す期待の新鋭。

JAMESZOO

フライング・ロータスが『You’re Dead!』でジャズ色を前面に押し出し、カマシ・ワシントン、サンダーキャット、テイラー・マクファーリンなどといった“新世代ジャズ”のニュー・ヒーローを多く輩出した流れの中で登場したジェームスズー。フライング・ロータス同様、ジャズをこよなく愛するプロデューサーであり、アヴァンギャルド・ジャズから、プログレ、クラウト・ロック、実験的エレクトロニック・ミュージックに至るまで幅広いバックグラウンドを持つ異能。大御所ジャズ・ピアニスト、スティーヴ・キューン、ギタリスト/作曲家/編曲家と多才なブラジル音楽界の大物アルトゥール・ヴェロカイらも参加したデビュー・アルバム『Fool』は、多方面から絶大な指示を集めた。