ニューヨークがニューヨークであるために、なくてはならない町の今。「ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ」

1967年の第1作から50年以上のキャリアを持ち、アメリカを代表するドキュメンタリー監督として、世界中から尊敬されている巨匠フレデリック・ワイズマン。

その記念すべき第40作目で、第28回東京国際映画祭で上映されて好評を博した本作が『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』の邦題で、10月中旬よりイメージフォーラムを皮切りに全国順次公開が決定した!

167もの言語が話され、マイノリティが集まり、エスニックな味と多様な音楽があふれる町、ジャクソンハイツの魅力を、町のあちこちから聴こえるラテン音楽とともに垣間見ることができる。

ストリートで演奏しているのはラテン・グラミーを受賞したこともある女性マリアッチ・バンドのフロール・デ・トロアチェ、クラブで熱唱しているのはNYで人気のあるコロンビア人女性シンガーのルシア・プリードetc…

しかし、本作では町のカラフルな部分だけでなく、その裏で起こりつつある様々な問題ーーー再開発により古くからの住民が立ち退きを迫られている事案や、IDを持つことができずに貧困にあえぐ住民たちーーーも描かれ、歴史的に自由と多様性を認めて発展してきたニューヨークの象徴的な町が、アイデンティティの危機にあることも知らされる。

さらに、本作の公開に先駆けて、渋谷シアター・イメージフォーラムでは、フレデリック・ワイズマン監督特集が9月1日〜14日まで開催される。

1930年生まれで現在88歳となり、アメリカを様々な角度から見つめ続けてきたワイズマン監督。特集上映では、その真骨頂とも言える40作目の『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』の公開前に鑑賞するのにふさわしく、アメリカを描いた作品が多数上映される。ニューヨークのセントラル・パークに集う人々を写した『セントラル・パーク』、シカゴ郊外の公共住宅に住む貧しい黒人たちの日常を記録した『パブリック・ハウジング』など、全12作品が上映。

『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ」を見る前にみておきたい12本、一挙上映!
フレデリック・ワイズマン特集上映 〜“アメリカ”へのまなざし
9月1日(土)〜9月14日(金) シアター・イメージフォーラム
《2週間限定上映!》

主催:ダゲレオ出版/一般社団法人コミュニティシネマセンター 特別協力:ジポラフィルム
協力:特定非営利活動法人山形国際ドキュメンタリー映画祭/アテネ・フランセ文化センター/特定非営利活動法人映画美学校

フレデリック・ワイズマン
1930年1月1日、ボストン生まれ。現在88歳。「現存の最も偉大なドキュメンタリー作家」と称される。イェール大学ロースクール卒業後、陸軍法務部に配属され、除隊後、パリ・ソルボンヌ大学法学部に入学。帰国後、ボストン大学ロースクールで教職を得て、シャーリー・クラーク監督作品『クール・ワールド』(1964)をプロデュースしたことから映画に関わるようになり、67年、自らの初監督作となるドキュメンタリー『チチカット・フォーリーズ』を発表。その後、本作までに40作のドキュメンタリーを監督。これまでの作品には『高校』、『福祉』、『メイン州ベルファスト』、『パリ・オペラ座のすべて』、『クレイジーホース』、『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』などがあり、『セラフィータの日記』と『最後の手紙』の劇映画2本を除けば、ほぼ年に1作のペースでドキュメンタリーを発表し続けている。本作の後に完成させた『エクス・リブリス‐ニューヨーク公共図書館』(仮題/2017年)も2019年日本公開予定。 最新作は本年度ヴェネチア国際映画祭特別招待作『Monrovia, Indiana』(2018)。2014年にはヴェネチア国際映画祭で金獅子賞(特別功労賞)を、2016年にはアカデミー賞名誉賞を受賞している。

ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ

第81回ニューヨーク映画批評家協会賞 最優秀ノンフィクション映画賞受賞、第72回ヴェネチア国際映画祭正式上映作
監督・録音・編集・製作:フレデリック・ワイズマン
原題:IN JACKSON HEIGHTS
2015年/189分/カラー/ドルビー・デジタル/ヴィスタサイズ/アメリカ・フランス合作 配給:チャイルド・フィルム/ムヴィオラ
©2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved
2018年10月シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー

「ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ」Official Site