Lomo’Instant Wide Camera and Lenses William Klein Edition

Lomo’Instant Wide Camera and Lenses William Klein Edition (ロモ インスタントワイド カメラ アンド レンズ ウィリアムクライン エディデョン )の予約販売が2020年12月14日(月)より開始された。

WILLIAM KLEIN へのオマージュ 
Polka Factoryとのパートナーシップを通し、コラボレーションが実現した今回のWilliam Klein エディション。従来の写真の常識を壊し、大胆に表現したWilliamは、世界的に称賛されてきた。そのスタイルは現在のフォトグラファーたちにも多大な影響を与えている。ワイドサイズのインスタント写真を採用し、William Kleinを彷彿させるロモグラフィーだけの限定デザイン。ロモグラフィーのオンラインショップ、直営店Lomography+にて先行予約販売。

WILLIAM KLEINのキャプチャ 
Williamの作品の中で、ペイントされたコンタクトシートは最も有名な作品の1つ。1980年代後半、大胆な色でペイントされたコンタクトシートは、大きく引き延ばされ自由に表現されていた。ルールに縛られず、しかし写真の本質を決して忘れないWilliam。日常を特別な日に変える Lomo’Instant Wide William Klein Editionで写真の可能性を広げられるだろう。

どんな瞬間も逃さない 
完全自動露出カメラであるLomo’Instant Wideは、露出補正コントロールにより、スピーディーなストリートスナップが気軽に撮影できる。搭載されている90mmレンズのほか、付属するワイドアングル、クローズアップアタッチメントレンズにより、焦点距離を素早く切り替えることが可能。どんな瞬間も逃しません。Lomo’Instant に続き、Lomo’Instant Wideは多重露光回数が無制限のため、クリエイティブな撮影が楽しめる。また、21 mm相当のワイドアングル レンズアタッチメントを使って、セルフィーやポートレイト、グループショット、そして建物の撮影に。Instax Wide フィルムは、Instax Mini フィルム(チェキフィルム)の約2倍のサイズ。撮影の楽しみも2倍になることだろう。

Lomo’Instant Wide Camera and Lenses William Klein Edition

使用フィルム: Fujifilm Instax Wide 
シャッタースピード: バルブ (長時間露光モード)、8s-1/250 (オート撮影モード)、1/30 (シャッタースピード固定モード) 
絞り: f/8、f/22 
レンズ焦点距離: 90mm (35mm 換算) 
ゾーンフォーカス設定: 0.6m / 1-2m / 無限 
レンズアタッチメント: クローズアップ、ワイドアングル、スプリッツァー 
PC Sync ソケット: あり 
フレームカウンター: オート 
ビューファインダー: ダイレクトファインダー 
フラッシュ: 内蔵フラッシュ 
リモートシャッター: シャッターリモコン機能付きレンズキャップ 
三脚: 使用可能 
露出計: あり 
使用電池: 単三アルカリ乾電池 x 4個(別売)

価格 17,880 円(税込) 
※プレオーダー(予約)受付分の発送は2021年2月を予定。

Web Site: https://www.lomography.jp/ 
Instagram: https://www.instagram.com/lomographyjapan/ 
Facebook: https://www.facebook.com/lomojapan/ 
Twitter: https://twitter.com/lomographyjapan