アヤクーチョの唱と秩父の山

二つの土地を結ぶ一人の女性の数奇な運命と
ペルー・アンデスの先住民音楽を追った
ホンマタカシ初の音楽ドキュメンタリー

第24回木村伊兵衛写真賞受賞(1998年度)し、現在に至るまで写真表現において第一線で活躍し、国際的に注目されている写真家ホンマタカシ。
写真活動と同じく映像の可能性を模索し続けるホンマの最新映像作品『アヤクーチョの唱と秩父の山』がアップリンク吉祥寺にて上映が決定した。主演のペルー出身の歌手イルマ・オスノによるライブパフォーマンスと、ゲストを招いたトークも予定されている。

©Takashi Homma New Documentary

アヤクーチョとは、ケチュア語で『死者が集まる場所』という意味であるペルー南部・アンデス山脈の山中に位置する町の名前だ。埼玉県・秩父に移り住んだアヤクーチョ出身の歌手イルマ・オスノは7年ぶりに里帰りを決意する。帰郷によって浮かび上がるのは、かつてその地域を暴力で支配した「センデロ・ルミノソ」による傷跡と、社会の現状に対して音楽で抵抗した人々の姿だ。

©Takashi Homma New Documentary
©Takashi Homma New Documentary

本作は写真家・ホンマタカシが、ペルーと秩父というまったく無縁であるはずの二つの土地を結ぶ一人の女性の屈託の無い生き様を鮮やかに映し出し、音楽とともに強く生きるアヤクーチョの人々の姿をありありと描く。

©Takashi Homma New Documentary

2002年より写真活動と平行して制作し続けてきた、写真、映画、インスタレーションと作品形態や発表の場を変化させながら探求を続ける「ニュードキュメンタリー」、シリーズ最新作である本作は、ホンマ自身初めての音楽ドキュメンタリーだ。

©Takashi Homma New Documentary

監督:ホンマタカシ(Takashi HOMMA)
1962年、東京都生れ。写真家。東京造形大学大学院客員教授。1999年『東京郊外』(光琳社出版)で第24回木村伊兵衛写真賞受賞。2011年から2012年にかけて大規模個展「ニュー・ドキュメンタリー」が国内3ヵ所を巡回。『The Narcissistic City』(MACK)、『A Song for Windows』(LIBRARYMAN)ほか写真集多数。著書に『ホンマタカシの換骨奪胎―やってみてわかった!最新映像リテラシー入門―』(新潮社)、『たのしい写真 よい子のための写真教室』、『たのしい写真3 ワークショップ篇』(平凡社)など。

フィルモグラフィー
2004年 『きわめてよいふうけい』。
2016年      ニュードキュメンタリー特集上映内にて、『After 10 Years』『最初にカケスがやってくる』『あなたは、あたしといて幸せですか?』を発表。

©Takashi Homma New Documentary
©Takashi Homma New Documentary

アヤクーチョの唱と秩父の山

7/27(土)、7/28(日)アップリンク吉祥寺にて2日間限定ライブ&トーク付き上映日時:7/27(土)、7/28(日)16:50開場 
17:00トーク  登壇:ホンマタカシ※ゲストは決まり次第お知らせいたします。
17:30上映スタート18:30主演イルマ・オスノによるパフォーマンスLIVE (18:50 終了)場所:アップリンク吉祥寺(武蔵野市吉祥寺本町1丁目5−1パルコ地下2階)
JR中央線、京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩2分料金:一般1900円、学生1500円、UPLINK会員1700円
監督:ホンマタカシ 
出演:イルマ・オスノ、笹久保伸、笹久保クシ、オトニエール・ハヤンチーラ、カルロス・ファルコニー 
制作:between the books 
配給協力・宣伝:メジロフィルムズ (2019/日本/60分/カラー/16:9/日本語・スペイン語・ケチュア語)